つれづれなるままに
Other

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年06月26日

■マイケル逝く

マイケル・ジャクソン死去 ロイター報道
 ロイター通信は25日、米人気歌手マイケル・ジャクソンさん(50)が死去したと報じた。米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)はロサンゼルスの病院に救急搬送されたと報道。詳しい容体は不明だが、救急隊が自宅に到着した際、呼吸をしていない状態だったという。

 ジャクソンさんは兄弟5人で結成した「ジャクソン・ファイブ」のボーカルとしてデビュー。その後、ソロ活動を始め「スリラー」など1980年代以降に大ヒットを連発し世界的スターとなった。


ありえない・・・・・。
なんでだ・・・。

2009年06月20日

■世界難民の日 記念シンポジウム
青山の国連大学ビルに行ってきました。
若い学生、年配の方々、外国人の方々、いろんな人たちが大事ななにかを胸に抱いて、そこにいました。

シンポジウムを通して、心に残ったコトバを書き留めておきます(敬称略)。

・make a difference(ヨハン・セルス/UNHCR駐日代表)
・それぞれの人の自己実現に支援を(志野光子/外務省人権人道課長)
・「知る」と「感じる」の大きな違い(岡本幸江/NHKプロデューサー)
・日本人は難民・ガイジンを受け入れるべき→政府も受け入れるようになる(スグレ・アブカル・ハッサン/農学博士)
・「難民」というコトバへの距離
・強きは弱きを助け、多く持つ者は足りない者に分ける、ただそれだけ(渋谷ザニー/デザイナー)
・難民支援は役割分担
 →自分ができることは何?

wrd2009_1_200.jpg
http://www.japanforunhcr.org/wrd2009/

2009年06月18日

■Krystian Zimerman
今日は横浜のみなとみらいホールにツィマーマンを聴きに行ってきました。
プログラムは以下。

2009年6月18日(木) 19時開演 横浜みなとみらいホール
J.S.バッハ:パルティータ 第2番 ハ短調 BWV826
J.S.Bach:Partita No.2 in C minor BWV826

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第32番 ハ短調 作品111
Beethoven:Piano Sonata No.32 in C minor Op.111

ブラームス:4つの小品 作品119
Brahms: 4 Piano Pieces, Op.119

シマノフスキ:ポーランド民謡の主題による変奏曲 作品10
Szymanowski:Variations on a Polish folk theme in B minor Op.10



このところの多忙がたたって、前半は眠気とバトル。
でもベトはすごい良かったですよ。もっとちゃんと起きてたかった!

ブラームスも良かったなぁ。沁み入ってくるような音色だった。

素敵だなぁ、ツィマーマン。
アンコールはなかったけど、すごく楽しめた。
11月初めのラプソディー・イン・ブルーは行かないけど、次のリサイタルはまた行きたいですね。

2009年05月23日

■キングジェームス
すごいね、キングジェームス。

残り1秒で2点差ひっくり返すなんて。
ターコルーのショットで完全に決まったと思った。2-0でオーランドに戻るんだと思った。

いやいや恐れ入りました。
キャブスとしては本当に大きいね。ここを取るのと落とすのではすごい差だ。

Where amazing happensです。

2009年04月27日

■エフゲニー・キーシン
日曜日にキーシンを聴きにサントリーホールに行ってました。
いつも日本のオケぐらいしか聴きに行かないからか、開場を待つホール前の人々が若干ハイソなお金持ち風に見えました笑

前半のプロコフィエフは後半のソナタを聴いたことがなかったので、イマイチよく分からなかったです。「ロミオとジュリエット」は耳馴染みがあったので楽しめましたけど。
やっぱりある程度予習していくことは大事ですね。後半のショパンは最高に素晴らしかったですもん。
なんだか夢でも見てるんじゃないかと、まさに夢見心地でした。
今まで海外の大物ソリストって一度も聴いたことがなかったので、やっぱりキーシンって本当にスゴイんだ!と感じましたね。だってスゴイすよ、本当に!
しかもスゴイのは、アンコールですよ。
アンコールだけで、1時間、なんと10曲。
キーシンすごいぞぉ!!!!

ちなみに2階最前列に假屋崎省吾が来てました。
6月はツィマーマンです。

エフゲニー・キーシン ピアノ・リサイタル
2009年4月26日(日) サントリーホール

プロコフィエフ:バレエ「ロミオとジュリエット」からの10の小品 Op.75より
         少女ジュリエット、マキューシオ、モンタギュー家とキャピレット家
プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第8番「戦争ソナタ」 Op.84
ショパン:幻想ポロネーズ Op.61
ショパン:マズルカ Op.30-4, 41-4, 59-1
ショパン:12の練習曲
      Op.10より 第1番、第2番、第3番「別れの曲」、第4番、第12番「革命」
      Op.25より 第5番、第6番、第11番「木枯らし」

アンコール
ショパン:ワルツ 第7番 嬰ハ短調 op.64-2
プロコフィエフ:オペラ『3つのオレンジへの恋』より「行進曲」
ショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 op.66
プロコフィエフ:“4つの小品”op.4 より「悪魔的暗示」
ショパン:マズルカ 第40番 ヘ短調 op.63-2
ショパン:ワルツ 第6番 変ニ長調 op.64-1 「子犬」
ショパン:マズルカ 第41番 嬰ハ短調 op.63
ショパン:ワルツ 第14番 ホ短調
モーツァルト:ピアノ・ソナタ イ長調 K331 第3楽章「トルコ行進曲」
ブラームス:ワルツ集より イ長調 op.39-15


2009年02月12日

■ロンドンのレストラン
昨日ロンドンから帰国。
着いた日は小雪がパラついてたけど、思ったほどは寒くなかった。

予想に反したという意味では、「マズイマズイ」と言われるイギリスの食事もまずくなかったよ。
どうしてももう1度食べたい!というようなものはなかったけど、概しておいしかった。量は多かったけど。
いくつか食事したレストランを紹介しておきます。


L'Autre Pied
5-7 Blandford St. London W1U 3DB
Pied à Terreのセカンドラインでミシュラン1つ星フレンチ。Winter menuのディナーコースでおひとり£39.7~。
モダンで落ち着いた店内は居心地○。サービスも大変よい。スマートカジュアルで。要予約。


The Butlers Wharf Chop House
The Butlers Wharf Bldg, 36e Shad Thames SE1 2YE
コンラン卿プロデュースのモダンブリティッシュ。窓際からはライトアップされたタワーブリッジの眺め。
予約時に窓際の席をリクエストすると良いかも。ビジネスマン多し。やや大人の雰囲気。
スマートカジュアル可。ローストビーフがおすすめ。ふたりで£80前後。
london

2009年01月03日

■新年明けました!
サラっと年が明けました。ことよろです。

初詣は鎌倉に行ってきました。大した人出でしたね。
去年も鎌倉に行ったのですが、同じくらい混んでました。

というわけで、参道で引き返して(一応本堂に向かって合掌)江の電で江ノ島へ移動。江の電も混んでたぁ~。
江の島神社に行ってきました。こっちはそれほど混んでなかったよ。
キレイな初日の入りも展望台から見れたし、満足満足。
今年もいい年になりますように。。。

2008年12月06日

■競技人口と競技レベル
どうでもいいことだけど、最近NBAが面白い。

やっぱり、あの世界は絶対に行けない世界じゃないですか。技術もそうだろうけど、やっぱりサイズ的に入門が許可されないような世界。
だからなんていうかサーカスを見てるような、自分とは全く隔てられている非現実世界のスポーツというか。完全に外からの視座を確保できるみたいな。


田臥勇太がフェニックスで4試合ほど出たのを頂点に、これから日本人のNBAプレーヤーは出ないと思うんだ。あれが頂点だった。
今後、突然彗星のように超天才が現れる可能性はゼロじゃないと思うけど、一番は競技人口がどれくらいいるかで、その競技のレベルが決まると思う。その意味では田臥を挟んで上下5年くらいが、最もバスケ人口が多かった時代でしょう。そう、スラムダンクの世代。
「スラムダンク」が競技人口を飛躍的に増やしたのは間違いないし、ちょうどあの頃私も中学生だったけど、みんなバスケ部に入ったもんだ。エア・ジョーダンも異常人気を博した頃で、みんなバッシュみたいな時代だった。
自分が小学生低学年の頃は「キャプ翼」が大流行して、サッカー人口が増えて、その読者層が成人したころに競技レベルが急激に上がったように、競技人口を増やすのはすごく大事。テニスも「テニスの王子様」が出て、人口が増えて、錦織みたいなのが出てきたり。

子どもの人口には限りがある。その中でどれだけの子どもを惹き付けられるか。それで、その競技の未来が決まると言っていい。ただでさえ子どもの人口は減っていくわけだから、スポーツへのアクセスをより良いものにして、国や地域ぐるみで努力していかないと地盤沈下は避けられないように思う。野球はプロの世界の前に、甲子園という巨大なものがあるから今はなんとかなってるけど、今後はそこよりもメジャーに直接目を向ける子も出てくるだろうし、国内レベルをどれだけ魅力的なものにしていくかが重要になってくるでしょう。

2008年06月28日

■アジア最終予選
野球と関係なくて恐縮ですが、サッカーのアジア最終予選の組分けが決まりましたね。
日本はオーストラリア・バーレーン・ウズベキスタン・カタールと同組になったそう。
もうひとつの組より楽そうというのは、日本メディアの共通の見方のようです。

オーストラリアのメディアも同じように見てて、最終予選突破を楽観視してますね。
THE AGEは、日本を最大の敵と見ていますが、B組にイランとサウジが行ったことを喜んでいます。

9月6日からということで、五輪後の楽しみのひとつになりそうです。その頃、我が軍もペナント優勝を決めてるかもしれませんしね。

2008年06月19日

■元・ワラビーズ
野球と関係なくて恐縮ですが、最近ラグビー界が面白いですね。
オージーのスーパースタークラスが日本に来始めてる。
2部のリコーにはスティーブン・ラーカム。今回サントリーにジョージ・グレーガンが来た。
もうベテランだけど、ネームバリューは十分。ちょっと見てみたいな。

2008年06月05日

■ニュースサイトのリニューアル
大したことじゃないんですけど、何日か前にSANSPOのウェブ版がリニューアルしたじゃないですか。SANSPOは結構阪神ニュースが充実してるし、毎日見てたんだけど、今回のリニューアルはどうも・・・。
どういうニュースがあるのか一覧が出しにくいのが難点。一回一回戻るのはすごく面倒。
それと記事を折りたたみすぎだね。いっぺんに出してくれよ。全部読みますから!

同じようなリニューアルをしたニッカンよりは多少マシ。ニッカンは重くなって最悪。
だけど両方とも阪神情報が減ったね。サンスポは「関西」から行けるので、言ってみればスポニチみたいになったけど、ニッカンはザックリ削っちゃった。

リニューアルして悪くなったといえば、毎日.jpも同じ。あれはなんだろうね。ニュースを読んでもらう気がないとしか思えない。ひどい改変だ。

読者の使い勝手をよくするためにリニューアルするんだろうけど、本当に良くなったのってそんなにないのかもしれませんね。もちろん「慣れ」っていうのもある。だけど全体的にリニューアル後は情報量が少なくなってる気がします。

2007年06月11日

■お前が打たなきゃ明日は雨
楽をしてもクロウ、クロウ~
苦労してもクロウ、クロウ~
お前が打たなきゃ~明日は雨~クロマティ~!



讀賣憎しと子供心に思ってても、未だに耳に残るクロマティのヒッティングマーチ。
ハッスルでタイガー・ジェット・シンとやるそうです。
っていうかクロマティはヒールじゃないのか?w

2007年02月22日

■立川隆史(31)
既報通り、元ロッテ・阪神の立川隆史氏が「K―1ジャパン戦士育成プロジェクト」の第1回トライアウトに挑戦するとか。

やりようのない寂しさ・・・。
なんとかしないとね。

TACHIKAWA.bmp

>>人気ブログランキング

2007年01月18日

■無期限出場停止処分
大晦日のDynamiteで失格処分になった秋山成勲に無期限出場停止の追加処分が科されたとのこと。

無期限てどれくらいなのかね?最低1年くらいは出てこない方がいいと思うんだけど。

だって乾燥肌クリームを「認識不足」で試合前に塗るとか、ちょっと考えられないよ。
塗ったクリームが汗をかいたらどうなるのか、秋山自身が認識してなかったなんて到底信じられる話ではないし。
今まで塗った状態で練習したことなかったんかと。もしなかったのなら、本番前になって塗ったのは逆におかしな話だと思う。以前の試合でも同じことをしてたのではないかと疑われても仕方がない。


正直、K-1系のイベントは、ショー的要素が多すぎてあまり好きではありませんでした。主催者側がどっちに勝ってもらいたいのか露骨に分かるカードの組み方とか、それを踏まえた判定結果だとか、ゴチャゴチャしてて。
今回の秋山に下された処分は「無期限」ということですが、これで秋山が半年とかで出てきたら、「やっぱりそんなものか」とがっかりしますね。

>>人気ブログランキング

2007年01月01日

■謹賀新年
新年明けましておめでとうございます。

2007年がみなさまにとって良い年になりますように。

>>人気ブログランキング

2006年12月31日

■大晦日
残念ながら今年のタイガースはあと1歩及びませんでしたが、力のあるところは確かに見せてくれました。
またこのブログも虎ブロガーのみなさまのおかげをもちまして、今年も楽しくやることができました。
また来年も、変わらず虎を追っかけていくつもりでおりますので、皆々さま、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、よいお年を!

>>人気ブログランキング

2006年12月20日

■お悔やみ
カンニングの中島さんが亡くなられたとか。
デイリーで来春にも復帰なんて記事を読んだばかりだったから、まさに絶句・・・。

それに17日に岸田今日子さん、今日20日に青島幸男さんが立て続けにお亡くなりになったばかりで・・・。
心からご冥福をお祈りいたします。

2006年12月09日

■SHIWASU
いや~、もうすっかり師走ですね。
今日なんか、車が混んじゃって混んじゃって・・・。
普通なら40分くらいで済むところを、今日は2時間半もかかっちゃいましたよ。
風邪も流行ってるようですし、大事にしないとダメですね。

あー、師走ってなんかもの悲しいな。

>>人気ブログランキング

2006年12月03日

■内村さまぁ~ず
かつてテレ朝の月曜23時にやってた「内村プロデュース」。
惜しまれながらテレビ放送は終了してしまいましたが、さりげなくネット配信で復活してました。

ミランカっていうGyaoの有料版みたいなので、番組タイトルが「内村さまぁ~ず」。
月に2回(1日、15日)更新されていて、ここまで3回配信。
1回目の栄えあるゲストがつぶやきシローという微妙さながら、2回目のバナナマン・日村、3回目のキャイ~ン・天野と回を重ねるごとに面白くなってきてます。

かつての「内P」ファンは見て損ないですよ。特に今回のは面白いよw

>>人気ブログランキング

2006年11月20日

■Firefox2.0に変えて数日
Firefox2.0を使いはじめて数日。

基本的にはかなり満足度高いかも。
動作も軽くなって速くなった気がするし、ツールバーのアイコンとかもよりクールになった。

ひとつだけ不満を言えば、タブの右横についてる赤い×。
kore2.bmp
これに触りたくないのに触っちゃって、タブ閉じちゃうんだよね・・・。
タブの切り替えをする時に、クリックする場所とかそこまで意識してなかったから。
っていうか正直、この×印を出すか出さないかのオプションが欲しいかな。前は右クリックでタブ閉じてたから、そっちに慣れてるし。
悩みは今のとこ、それくらいです。

>>人気ブログランキング

2006年10月26日

■履修単位不足問題
全国の高校で頻発している履修単位不足問題。
あなたの高校はどんなカンジでした?

自分のを振り返ってみると、ちょうど10年前、東京の私立高校を卒業したのですが、やはり選択制でした。
さっそく文部科学省の高等学校学習指導要領と照らし合わせてみると、今問題になっている世界史AおよびBは、高2までに履修したので問題なさそう。
ただ自分が行っていた高校は男子校だったので、『家庭のうち「家庭基礎」,「家庭総合」及び「生活技術」のうちから1科目』っていうのやってないと思うなぁ。
あと、『情報のうち「情報A」,「情報B」及び「情報C」のうちから1科目』っていうのも記憶にない。やったのかなぁ、こんなの。


今回のこの問題に対する報道を見ていると、どうも末端である学校に責任がある的な論調が目立つような気がします。
しかし週5日制になり授業時間数が減る中で、先生方は精一杯やってるんじゃないかと思いますね。
むしろ問題は、現行の教育課程の内容と受験の現状が大きくかけ離れてるところから来てるんじゃないでしょうか。
つまり、受験の現状は大変厳しく、程度の差こそあれ高校が「進学塾」化せざるを得ない。そのためには効率を優先させた「カリキュラム」を組まなければならないが、その「カリキュラム」は文部科学省が定める高等学校学習指導要領とは食い違いがある。
その食い違いが表面化したのが、今回の問題だと思います。

しかしこうなると、もう学校の側がいくら頑張ってみても限界があり、行政が動いてシステムを再構築する必要があると考えます。
つまり大学を「入るのは難しいが、入ってしまえばもう勉強しなくていい」という現状から、「入るのは難しくないが、卒業するためには相当量の勉強を要する」といういわゆる欧米的な発想に行政側が転換した方がいいのではないでしょうか。
私はオーストラリアの大学で勉強していたこともあり思うのですが、やはり本来大学とは専門的な勉強をする場であるはずです。
向こうの学生はそれを当然のこととして知っているので、大学にヴィトンのバッグを持ってハイヒールで来ることはありません。みな勉強をするために通学するわけですから、華美な服装は不要というわけです。
それに大学に入学してくる学生は「とりあえず」感覚ではまず入学してこない。なぜなら、向こうの大学はかなりの勉強をしないと授業に付いていけないので、それなりの覚悟を持ってやってきているし、逆に言えばそういう覚悟がない学生は早い段階でドロップアウトします。
確かに日本の大学のように、「社会勉強」を実際に社会に出る前にできることは利点であり、美徳とさえ言えるかもしれません。
しかしそのために、大学で4年間専門的な勉強ができることや、受験戦争さえなければもっと多岐にいろいろな学習ができる高校の3年間を犠牲にするのはリーズナブルと言えるでしょうか。
私には大いに疑問に思えます。

>>人気ブログランキング

2006年10月02日

■ロンシャンに散る
ディープインパクト残念でしたね。
自分も夜中、テレビにかじりついて応援していたんですが・・・。

直線半ばで先頭に立った時はそのまま押し切れそうな勢いあったのにね・・・・シロッコもハリケーンランも競り落としてたし。
やっぱり言われているとおり、斤量の差が大きかったんでしょうか?はたまた宝塚記念以来という間隔が響いたのか?

いずれにしても同斤量の世界最強クラスの馬に先着しているのは事実。
ただこのまま終わっては寝つきが悪いので、またどこかで世界一へ挑戦してもらいたいですね。

>>人気ブログランキング

2006年09月14日

■ミラーマン、退場へ。
植草客員教授:今度は女子高生の体触り現行犯逮捕(MSN毎日インタラクティブ)

この人はギャグでこんなことやってんのかね・・・。
「天地神明に誓って無実」とか言ってなかったっけ?
せっかく社会復帰の機会を与えてもらってたのに、今度は手鏡じゃなくて社会的地位や名誉を永久的にボッシュートされそう。
自分で手突っ込んでおいて、また「冤罪」を主張したら笑えないね。

>>人気ブログランキング

2006年09月01日

■豪徳寺、梅ヶ丘、土曜の次はサンデーズ!
今日は野球とは全然関係のないお話。

ドラマって見てます?
今クールのドラマは結構不作みたいな話らしいけど、なにか見てる人います?

ちなみにここまでの平均視聴率ランキングは、

1位 17.7% マイ☆ボス マイ☆ヒーロー
2位 16.0% 結婚できない男
3位 14.4% サプリ


というカンジで、確かに数字的にはあまり芳しくないですね。


そんな中、私がオススメするのはテレ朝の「下北サンデーズ」。
sundays.bmp
もう来週最終回なんでオススメもなにもあったもんじゃないんだけど、このドラマ面白いよー。
原作・石田衣良で演出・堤幸彦だったら普通に面白いでしょ、と思って見始めたんですけど、初回からドハマリ!
それまで笑ってばかりいたのに、エンディング近くで藤井フミヤの「下北以上原宿未満」が流れる頃には、なんとなく泣けてきて包容感につつまれる。
あの独特なテンポで進む、ユニークなストーリーはたまらなく魅力的です。

だけど、なぜかこういうドラマってやってる時はあまり評価されない(平均視聴率7.5%←讀賣戦よりは高いなw)。
クドカンのドラマっぽいですよね。視聴率良くなかったのに翌年になってテレビ部門のギャラクシー大賞を受賞した「タイガー&ドラゴン」とか。
ちなみに「タイガー&ドラゴン」はあんまりにも良かったので、生まれて初めてDVD-BOXで買って持ってます。

あれ?なんか話が脱線した。


そうそう、下北サンデーズ!
sundays2.bmp
来週最終回ということは9回で終わりってことでしょ・・・・なんかこの前の回とかちょっと展開が急ぎすぎてたカンジするし、やっぱりこれって低視聴率により打ち切りってことなのかな・・・。
もったいないね、こんな風に締めるのは。後々の評価に関わってくるかもしれないし。
最後までキチっとやって欲しかったなぁ・・・。

>>人気ブログランキング

2006年08月02日

■亀田興毅vsフアン・ランダエタ
なんか一応書いとけ的なノリで亀田興毅戦。

ありゃーナイでしょ・・・。

あれは普通に判定負けだと思うけど。
それともこれがボクシング的な地の利なんでしょうか?

正直言うと、ちょっと出来レースっぽい臭いを嗅いじゃいましたね・・・。
TBSもえらい金使ってるはずだし、大晦日に亀田祭りやるんだったら今日負けさすわけにはいかない事情もあったはずだし、そのへんどうなの?

オヤジにチャンピオンベルトをプレゼントしたいっていうストーリーは泣けるけど、試合の判定とは別次元の話のはずだから。

ちょっとどうかなぁ、な試合結果でした。

>>人気ブログランキング

2006年06月23日

■サムライブルー散る・・・
日本残念、負けちゃいましたね・・・。

4失点はどうしても2点を取りに行かなくちゃいけない事情の裏返しというか、仕方ないと思います。
が、惜しむらくはやっぱり前半終了間際のイコライザーですね。
あそこをもうちょっと我慢できてれば、後半あそこまでブラジルを勢いに乗せなかったんじゃないかなと思います。まぁ、結果論のタラレバですけどw


最後にもうひとつタラレバを言わせてもらって総括にしたいんですけど、やっぱり全てはいわゆる「得点力不足」にあったと思います。
だって練習見てたって、枠になかなか飛ばないですからね・・・。
野球で言えばフリーバッティングみたいなものでしょ・・・・・そこで打率が3割くらいでは、試合じゃあちょっと難しいよねって話。
逆転負けした初戦だって、追加点さえ取れてれば勝ち点3は取れたんだから。
そうすればクロアチア戦は引き分けでも大丈夫でしたし、ブラジル戦はもっと慎重戦えたはずですし。

はぁ・・・むなしいw


ま、あとまた4年ありますし、4年で足りるか分からないですけど、その間もっと意識を高く持ってシュート練習をすることが大事じゃないでしょうか。
点取りゲームなんだから・・・・・日向小次郎みたいなFW、どこかにいないかな?w

>>人気ブログランキング

2006年06月19日

■いよいよ崖っぷち
サッカー素人の意見ですが正直なところ、昨日は勝てる試合を拾えなかったですよね・・・。
ピンチもあったけど、チャンスもあったし・・・・・ヤナギサワぁぁぁ!!!!


なんで日本の選手ってゴール前で慌てちゃうんでしょうね・・・?
よその国のFWとか見てると、ゴール前でも至極冷静というか、結構淡々とシュート打つのに、日本のFWはパニックに近い状態になっちゃう。
だから心拍数とか計ってみたら面白いかもね、各国FWの。アドリアーノとかシェフチェンコとかと、日本のFWを比べてみて欲しい。
昨日の柳沢とか、あの瞬間グンと心拍数上がっちゃったんだろうなぁ。メンタルトレーニングとかでなんとかならないのかな?


でも守備陣の中には、世界でも十分通用しそうな選手がいますね。
特に川口とか、一度イングランドとデンマークでうまくいかなかったけど、昨日の試合くらいのパフォーマンスをある程度安定的に出せれば、どこのリーグだって通用するでしょう。
言葉の問題とかもあるけど、他の国のGKと比べてどこかが圧倒的に劣るとは思えないなぁ。

あとは中沢。
日本人にしては大きいし(187cm・78kg)、ハートが強い。
言葉の問題さえクリアできれば、川口以上に欧州での活躍の可能性が高い気がします。


さあ、次はブラジル戦。
もう勝つしかないんだから、どんどん行かないと。ビビってたってしょうがないし。
とりあえず柳沢を先発から外してもらいたいのと、俊輔のコンディションが気になります。
思い切ってぶつかって欲しいですね。

>>人気ブログランキング

2006年06月13日

■まだ始まったばかり
オーストラリアに1-3の逆転負け。。。


川口のエラーは絶対にやっちゃいけないことだったけど、ディフェンスはそれまで100点満点の出来でがんばってたからね。


まぁなんというか阪神の貧打とかぶるんですけどw、やっぱ攻撃陣のフォワードよね。
野球で言えば、9回まで先発と中継ぎ陣がなんとか踏ん張って0点で抑えてきた。
だけど攻撃陣が3回に敵失で1点を上げた後、何度も何度も得点圏にランナー進めてるのに凡打を繰り返しちゃったカンジ。

あぁー、あそこであと1本が出てれば・・・・・タラ・レバ。。。


まぁ正直個人名とか挙げちゃうと、柳沢とかどうなのってカンジしますね。お前打てや!って。
カントナまで「打て!」言うてんのに、お前はなにシドロモドロなっとんねん!って。
ワールドカップで点取ることって、FWにとって子供の頃から見続けた夢じゃないのかなぁって。


あとジーコも、遅くとも同点に追いつかれた直後に大黒入れて欲しかったなぁ。
どっかに「勝ち点1でもいいや」ってのがあったのかもしれない。
坪井で交代枠使っちゃったのもあって、少し慎重になってしまったのは不運だったけど、もう少し積極的な選手起用ができたんじゃないかと思います。


W杯で未勝利だったオーストラリアに3点も取られて負けたのは癪も癪。だけどもう終わったことは終わったことだから。
次のクロアチア戦まで中5日あるので、なるべく早く気持ちを切り替えるのが大事ですね。


でも大丈夫!きっと行ける!


王JAPANも死地から甦ったじゃないの!
ジーコJAPANだって信じれば絶対やれる。
こんな時だからこそ、みんなの心をひとつに。

奇跡を!

>>人気ブログランキング

2006年06月05日

■PRIDE存亡の危機
野球と全然関係ないんですけど、PRIDEが相当ヤバそうですね。

それにしても「放送を継続することが不適切な事象」ってなんだろう・・・?
DSEは前社長の謎の自殺とかもあったし・・・・・なんか怖いなぁ。


フジテレビでの放送がなくなったっていうことは、フジが筆頭株主のスカパーでのPPVもなるなるわけだし、さらにハッスルの放送もなくなるらしい。あんだけ張り切ってたカイヤがちょっと哀れ・・・。

さすがに興行のチケット代だけであれだけのイベントが成り立つわけないし、PRIDEの存続自体がかなり望み薄っぽいです。

もうヒョードルもノゲイラもヴァンダレイも吉田も見られなくなるのかなぁ・・・。
せっかく面白いイベントだったのに、選手はこれからUFCとかKとかにちりぢりになりそう・・・。


DSEが何やったか知らないけど、これだけの人気イベントを何らかの不祥事でなくしてしまうのは無責任がすぎる気がします。少なくてもファンに説明責任がありますよね。榊原社長には公の場に出てきて経緯を説明してもらいたいです。

フジテレビにしても、そう。
こういう重大な発表を村上逮捕・秋田殺人・亀田次男試合と同じ日に重ねてくる所なんか非常に姑息なカンジがします。


いずれにしても大変残念なニュースでした。

>>人気ブログランキング

2006年04月17日

■散髪
最近したい・やりたいことのナンバーワンに 散髪 があるんですが、
これがなかなか時間が取れなくて行けてない。
ちょっと長いこと切ってないので、もう去年の井川状態なのです・・・('A`)
下手に仕事でミスなんかした日にゃ、髪の毛のせいにされること請け合い。
週末まで切れないかなぁ・・・・。今から予約しとこう。

>>人気ブログランキング

<< Preview | Blog TOP | Next >>

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。