つれづれなるままに

2008年08月25日

■5敗
正直ここまで負けるとは思ってなかった。
国際大会の難しさはあるけど・・・・。まずはやはり初戦を落としたのが痛かったでしょう。あそこで勢いに乗れなかった。
さらに言うと、あの初戦にエース・ダルビッシュを立てて負けたことも痛かった。首脳陣はダルビッシュの状態も分かっていたはずだし、「エースだから」という理由じゃなくて「一番勝てる可能性の高い投手」という理由で先発投手を選んで欲しかった。そういう意味では、以前にも書いたけれども、星野監督の一番弱い部分が出たんだと思う。星野監督が短期決戦でなかなか勝てない理由。情が勝ってしまう。03年の日本シリーズもこれで負けた。
ペナントだったらいいんです。長丁場の闘いだし、一度不振でもなんとか立ち直らせないといけない。そのために別の選手を使うのではなく、失敗した直後に何度もチャンスをやる。だけど短期決戦ではこれはなかなか難しい。調子が良くない選手は、そのまま上がってこない場合の方が多いので、何度でもミスをしてしまう。だから短期決戦では、情としてはコイツにがんばってもらいたいというのを捨てて、一番調子のよい選手を使わなくてはいけない。それを基準にパーツを組み合わせていく作業が必要なのです。

星野監督はいい監督です。彼の持つ求心力は球界でも随一です。
だけど残念ながら、非情に徹することができない。どうしても、「コイツと心中」となってしまう。それでは短期決戦は戦えないのです。

今回は日本での壮行試合が雨で中止になったり、練習も屋内でするはめになったり不運だった部分も多かった。だけど日程に関しては、本気の本気で頂点を目指すなら、もっと工夫ができたのではないかと今さらながら思う。中止になった巨人2軍との試合を含めても、練習試合が3試合というのは果たして十分だっただろうか。メンバー決定から北京に出発するまでの時間は十分だっただろうか。

力が互角とみられてたチーム相手に全敗したことを考えれば、次回に向けて考えなくてはならないことがいっぱいある。もちろんWBCの監督人事もよく考えなくてはならない。
宮本がチームを去ることを表明し、あれだけ乗せられたのにも関わらず2試合しか登板機会が与えられなかった上原、一番大事なところを任せられると思っていたのに敗戦処理の仕事をさせられたダルビッシュ・・・・選手と星野監督との信頼関係は磐石でしょうか。
一部報道では、受諾に前向きと出ていたが、私は反対です。

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 08年に読んだ本 #23 | Blog TOP | 敗戦 >>

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索