つれづれなるままに

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年05月22日

■オリックスフロントに物申す
昨日コリンズ監督のことを書いたけど、今日はオリックスのフロントに物言いたい。

結論から言うと、オリックスには身売りをしてもらいたい。プロ野球から手を引いてもらいたい。

こんなに短い期間で監督を取っ替え引っ替えしてもうまくいかないのは明白。
また補強にしたって全くビジョンが感じられない。一体、フロントはどんなチームを作りたいのか。どんなチームを目指しているのか。
ローズにカブレラ、ラロッカ、濱中、古木、木元・・・。これで本当に強くなると思ってるのか。
ドラフト戦略にしても他球団の後追いが多く、有名選手を狙うだけ。チームに足りないパーツを獲得して育てるという意識はまるで感じられない。
チームの核は誰なのか?なにがしたいのか、さっぱり分からない。なんでも欲しい東のチームより、さらに酷いかもしれない。向こうはさすがに金を掛けるので、もっとランクの高い選手が入ってくる分、マシな気がする。

他のパリーグの球団が、相当必死に努力してお客さんを引きつけるために魅力的な組織を作ろうとしているので、余計に落差が激しく感じられる。
こういう状況を見ていると、オリックスは知名度を得るためのみに球団を保有しているのではないかと勘繰りたくなる。
プロ野球を保有している球団はきちんとした球場を作り、お客から金を取り、選手に給料を払い、決められた試合数をこなしていけばいいというわけではない。
プロ野球は日本の文化である。12球団はその文化の担い手なのだ。
日本プロ野球の危機が叫ばれてる中、12球団が一体となり、その未来について真剣に考え始めている今日、この球団は別の方向を向いている。そう思えて仕方がない。

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

■トラックバック

■【コリンズ】についてサーチエンジンで検索してみると

コリンズ に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…

<< 08年に読んだ本 #11 | Blog TOP | コリンズ監督辞任 >>

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。