つれづれなるままに

2007年06月19日

■プロとアマの狭間
ロッテが四国アイランドリーグの1チームを買収する意向とか。

個人的には面白いと思う。
現状、プロの2軍でも試合出場のチャンスはかなり限られてるし、試合数自体も決して十分ではない。
練習も大事だけど、実戦機会をもっと増やす意味で3軍を増設することは意義があるし、またそれと同時にもっと多くのプレーヤーにプロになるチャンスを与えるのは大きなことだと思う。
チャンスをもらえず、野球を諦めざるを得ないアマチュア選手は毎年相当数いるし、引退を余儀なくされるプロも多くいる。
プロになれるって言っても、もちろん底辺の方だし、そこから這い上がってこれるかは自分次第。
プレーヤーに対して間口を広げるのは、プロ野球の発展のためになると思います。


問題として、確かにプロが育成選手を大量に獲得すると、その分アマチュア界への供給が減るのは間違いない。
しかし社会人野球を含めアマチュア野球のチーム数は減り続けてるわけで、その分の受け皿として考えてもいいのではないでしょうか。

もともと日本にしか存在しない社会人野球という、形。
企業の士気を上げるとか、プロという高いリスクを背負いたくない選手の受け皿としてとか、色々な存在意義があるとは思いますが、企業スポーツの限界から考えると、ある一定の役割は終えたのかもしれませんね。
これからはマイナーリーグのような構想があってしかるべきだと感じています。

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 勝ちを拾う | Blog TOP | 祭りのあとに >>

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索