FC2ブログ
つれづれなるままに

2006年04月24日

■涌井秀章と糸井嘉男
今シーズン始まって、日曜日の阪神戦は14時試合開始なことが多いので、プレイボールまでの1時間は西武戦を見ることにしてます。
サンデー涌井、好調ですよね。
いや、好調という表現は当てはまらないかな?
成長著しいというほうが正しいかもしれない。2年目の今年、確かな成長の後を見せてくれてます。

もともとボールは素晴らしいものがあったから、高卒で1順指名されたんだけれど、1年目の去年はそれが生かされていなかった。
自分の思うところに投げられなくてカウントを悪くして、甘く入ったところを痛打されるパターンが目に付きました。
しかし今年の場合は、ボールが高くなることが時折あっても全体的に安定して制球が良く見えます。
話題の銀ちゃんとのバッテリーも内角を大胆に突くなど、息の合ったところを見せてますし、楽しいですよね、見てて。
ちょっと三振が少ないのが気になることは気になるんですけど、伊東監督からも「ひとり立ちした」とお墨付きをもらいましたし、今オフに松坂がポスティングでメジャーに行っても、最悪チームとしてはなんとかなるかなという所まで来たと思います(松坂ほどのピッチャーが抜けるダメージは計り知れませんが)。
同じ2年目で去年は先行されたダルビッシュが苦しむ中、涌井は順調に育ってますね。これからもストレートでドンドン押すピッチングを見せていってもらいたいと思います。


話変わりますけど、日ハムの大卒3年目の糸井嘉男がついに打者転向を決めたとか。
糸井って去年の今頃もそんな話出てましたね。自由枠で入った2年目のピッチャーが打者転向!?と驚いた記憶があります。

そして糸井と言えば、1年目のフレッシュオールスターでの鳥谷との同学年対決。確か、鳥谷が三振に討ち取られましたね。悔しい思いとともに思い出されます。
150㌔超のストレートを投げれるピッチャーなんてそういないので、ちょっと残念ですが、左打ちのようですし今度は打つほうでがんばってもらいたいですね。

>>人気ブログランキング

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 濱中おさむルール | Blog TOP | 連敗脱出! >>

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索