FC2ブログ
つれづれなるままに

2005年04月26日

■首位攻防 初戦
vs中日ドラゴンズ 4回戦 阪神甲子園球場

うーん、あんまり認めたくないですけど、中日は今年も強いです。やっぱりディフェンスがしっかりしているチームは間違いなく強いですよね。和田コーチが絶句したのは別の理由でしょうが・・・

阪神と比べると、まず外野の守備力に大きな差がある。
うちの赤星の守備範囲はズバ抜けているけれど、いかんせん肩が強くないですし、レフト・ライトは守備は二の次の人たちが守っている現状。
一方の中日は立浪が急成長の森野にサードを追われる形でレフトを守っていますが、バックアップ要員に英智がいるし、他の2人は福留にアレックス。まさに鉄壁の外野陣と言っても過言ではないでしょう。

内野の守備力もやや中日が上と見るべきでしょうか・・・
サードの守備力はそんなに変わらないとして、ファーストはウッズが相当酷いことになっているので、圧倒的にシーツ先生が上。
ですが二遊間は藤本・鳥谷がかなり成長していると言っても、やはり荒木・井端の方がまだずいぶん上です。
内野の中に占める二遊間の重要度を鑑みると、やや中日が上と言えるかもしれませんね。


球団別年俸

01巨人 38億7274万円(6246万円  ▼148万円)
02横浜 28億4875万円(4748万円  △127万円)
03中日 28億8490万円(4579万円  △215万円)
04福岡 27億2124万円(4319万円  △128万円)
05阪神 25億4550万円(3977万円  ▼365万円)
06西武 22億5335万円(3694万円  △385万円)
07日公 21億6430万円(3491万円  △ 60万円)
08神宮 20億8210万円(3358万円  △ 86万円)
09千葉 19億3492万円(3071万円  △ 55万円)
10楽天 16億6140万円(2724万円  △-万円)
11広島 15億3210万円(2471万円  ▼247万円)
12神戸 16億4540万円(2385万円  ▼526万円)

やはりトップは読売ですが、清原や桑田の減俸もあって平均年俸は若干のダウン。
我らが阪神は第5位、平均年俸のダウン幅はオリックスに続いて2番目に大きいです。これは伊良部や藪の退団が要因と考えられます。
その他で気になったのは楽天と横浜。
楽天はあんなに落ちるメンバーばかり揃えてて、平均年俸は結構高いんですね。岩隈に引っ張られた部分はあるでしょうが、実質戦力外通告を食ったようなベテラン勢にちょっと払いすぎな気がします。
横浜は酷いですね。去年も最下位なのに、平均年俸アップ。これは鈴木尚典、斎藤隆や佐々木主浩の複数年契約組が働いていないのに現状維持で、活躍した多村なんかが上がった結果でしょうね。大きなお世話でしょうが、ホントつくづく横浜は契約が下手だと思います。まぁ阪神も大して変わらな(ry

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 首位攻防 2戦目 | Blog TOP | 古田敦也おめでとう2000本安打! >>

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索