つれづれなるままに

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年04月21日

■vs読売 東京の陣 6回戦
赤星エクスプレス53

いよいよ赤星憲広の「レッドスターベースボールクラブ」が始動するということで、赤星選手自身も興奮を隠せない様子。
最近ちょっと調子が下降気味なので、赤い彗星エンジンの再起動に激しく期待ですね。
赤星選手に個人的な願望を言えば、調子が悪い時こそ力強く引っ張って欲しいですね。なんとなく調子が悪いとボールをよく見ようとして、自然に流しにかかってしまうことが多いような気がします。それで振り遅れの三振がすごく多いような気がしてならないんですが・・・
それに昨日のキャプラーの守備位置もなんだかバカにされてるような気がして腹立たしく・・・左中間というよりセンターがレフト守って、レフトがさらにライン際を守ってましたからね。ガツン引っ張ってやればいいのにと臍をかむ思いでした。


vs読売巨人軍 6回戦 東京ドーム

-井川慶
6回2/3を7安打2失点で今季初勝利。
がしかし、ちょっと物足りないですねぇ。投手からすら三振も取れないストレートは井川のストレートじゃないですよ。三振取った球はカーブやスライダーばかりでしたし・・・・・確かに今日は勝ちにこだわったリードを矢野がしていましたけど、変化球投手みたいでちょっと寂しかったですね。
7回裏2アウト満塁バッター清原の場面では、球数がいってたとはいえ、屈辱の交代。これは今の井川の信頼度を表していると見て間違いないでしょう。
井川のストレートやチェンジアップに02~03年の頃のキレが短期間で戻ってくるとは思えませんし、なんか寂しいですね・・・

-中村豊

昨日に続いて今日も結果を出したユタカ。単発勝負オンリーで7打数4安打は立派の一言です。
また走塁や守備でもしっかり貢献していますし、ベンチでは誰よりも元気w 
本来の外野の控え第一候補・的場寛一がまだ実戦復帰できてない中、ファームではルーキーの赤松真人が.478で目下ウエスタン首位打者(4/18現在)。ユタカにとって、まだまだ気の抜けない時期が続きますが、この調子でどんどんチームに貢献していって欲しいですね。

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< そうだ、ハマスタへ行こう | Blog TOP | vs読売 東京の陣 5回戦 >>

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。