FC2ブログ
つれづれなるままに

2005年05月10日

■トラキチvsマリサポ 初戦!
vs千葉ロッテマリーンズ 1回戦 千葉マリンスタジアム

福原忍が8回を155球完投。早くも5敗目を喫しましたが、今日の福原はそれほど悪かったでしょうか。
コントロールこそ時折アバウトになって逆球もありましたが、ボールの球威とキレは今シーズンでもトップクラスだったように思えます。3失点も失策絡みでしたし、次回登板こそは勝ち星を期待できるでしょう。

それよりも情けないのは野手陣ですね。
守れないのは今に始まったことではありませんが、打つ方がかなり酷い状況。
4、5番が猛打賞の活躍をしながら、零封負けとはどういうことでしょう。
1番赤星が徹底マークにあって出塁できなかったのも大きいですが、それよりも金本・今岡の前後の外国人2人の不調が大きいように思えます。
シーツ先生は不調の波が長いですねぇ・・・かれこれ3週間くらいパッとしないんじゃないですか。低めのボール球に手出しちゃうし、高めのボール球は打ち上げる。スペンサーもちょっと最近ボールが見えてないカンジで、ストライク・ボールの見極めができていない。
やっぱり03年の時みたいに、オマリーを特命コーチなりなんなりにして外国人選手のサポート役に回ってもらった方がいいんじゃないですかね。あれはあれで成功してましたし。

もうひとつ気になってるのが、町田公二郎の代打成功率ですね。
活躍のインパクトの強さもあってか、「代打・町田」コールがあるとスタンドが湧きますが、その成功率は決して誉められたものではありません。今日の試合のも含めて、代打だと17打数3安打 打点1 本塁打0 打率.176
今まで町田が築いてきた輝かしい代打成績をないがしろにするつもりは全くありませんが、打率.176では去年の立川や葛城と変わりません。最後に打ったヒットが4月27日とかですし、そろそろ岡田監督も代打の順番を考え直す時期かもしれません。


挑発ポスター第2弾

昨日に引き続きマリーンズ営業部の悪ノリ暴走を・・・w
まずはこちら、



挑発ポスター第2弾ですね。


Web Hochiによると、海浜幕張駅などに6種類、計60枚貼ってあるそうです。楽天に向けられた第1弾に比べるとややインパクトに欠けますが、チーム状況を反映するかのごとく明らかに調子に乗っています
それもそのはず、マリスタはどこから湧いたか連日たくさんのファンが詰め掛けていて大盛況だし、ナント2軍まで大人気で将来的には2軍球場を浦和から千葉に移転させて、千葉に一大ボールパークを作る計画まであるそうです。
さらにさらに暴走した地元商店街関係者は早くも優勝パレードの準備に奔走

チームのあまりの勢いに春の珍事として脳内処理できない弱小チームファンの悲哀、分かるぞぉ・・・・・(つД`)
阪神と対戦する時はご遠慮願いたいもんですが、ロッテにはこのまま走って欲しいですね。長年弱いチームを応援してきた熱いファンという共通項がありますので・・・


04年ドラフト組~金の卵たちが続々

辻本、26日にも1イニング限定で実戦デビュー(スポニチ大阪)
ダル 6・14に1軍デビューへ(スポニチ)
L涌井、15日雪辱先発も(hochi)


話題性の高い辻本賢人とダルビッシュ有がいよいよベールを脱ぎそうです。
辻本の場合はまだまだ時間がかかると思いますが、ダルビッシュの方は交流戦での1軍登板へステップアップの意味合いを持ってきそうです。下で佐藤義則コーチに鍛えられてるようですし、どれくらいのピッチングを見せてくれるのか今からワクワクします。

また、すでに2戦先発し、プロの壁に跳ね返された格好の涌井秀章にもリベンジの場が早めに与えられそうです。涌井の場合は、キャンプ時の好調が開幕後に維持できなかったカンジですし、イースタンで好投しているようなのでかなり楽しみですね。

一方、こちらは03年ドラフトになりますが、日本ハムの糸井嘉男投手に野手転向へ含みを持たせた打撃テストが課されたようです。もし本気ならまだ2年目なのに、ずいぶん見切りが早いですねぇ。それに糸井は自由枠でしょ。2年目で打者転向なんてことになったら、スカウトや編成の責任問題になりかねないんじゃないですか。

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< トラキチvsマリサポ 2回戦! | Blog TOP | マリーンズ営業部 >>

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索