つれづれなるままに

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年04月11日

■ドラフトのオオイクサ
2004年ドラフトの目玉だった那須野巧。
契約金が上限を大きく超える5億3000万円だったとか。

まぁ目玉だったらこれくらいの価値はあるんだろうなぁ。

っていうか、現役の選手の名前が出てきてしまいました。
もちろん氷山の一角でしょう。
那須野だって、同じ年のドラフトで一場があんなことになってたのに、黙ってるしかなかったんだもんなぁ。
「俺ももらったのに・・・」って思ってる選手が、他にもたくさんいるはず。

このまま芋蔓式に行くかどうか。
同じ年のドラフトで言えば、一場・那須野のほかにも大物いたし、今年そこのチームに入った人も変な経緯で決まった希望枠だった気がする。

それに今回は日大の監督ももらってたという報道だし、いよいよオオイクサが始まったなぁという感想です。

>>人気ブログランキング

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

■トラックバック

■裏金問題、他球団へも波及

サンスポの速報によると横浜ベイスターズが那須野投手に標準額を遥かに越える契約金を渡していたことが今週発売の週刊誌に掲載されるそうです。

■また裏金か(5!)~所沢から横浜へ~

やっぱりライオンズだけではなかったようです。 ベイスターズの那須野投手が入団する時にもらった契約金が上限(1億円+出来高5000万円)を遥かに超える5億3000万円だったことが明らかになった。出身校である日大の監督がベイスターズに高額の謝礼金を要求し、3.

■横浜・那須野の契約金は5億3千万円

プロ野球の横浜ベイスターズは、2005年に入団した那須野巧投手に対して5億3000万円の契約金を支払っていたことを公表した。5億3000万円は那須野の口座に…横浜、規約違反認める

<< 兄貴金本 | Blog TOP | vs中日1勝目! >>

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。