つれづれなるままに

2017年07月31日

■豪州リートについて
ちょっと前から気になっているのが、豪州リート。
eMAXIS豪州リートインデックスの動きをここ3ヶ月くらい注視してました。

今回ユキマツさんのブログでも1555が取り上げられていましたが、オーストラリアはやっぱり狙い目のところがあると思うんです。
というのも、長期的に人口増が見込まれる先進国であり、資源も豊富。


かくいう私も90年代後半から00年にかけて、オーストラリアに留学をしていました。
当時は、日本と比べて物価が安く、例えばミネラルウォーターの500mlが100円強程度でしたし、不動産にしても3000万円ほど出せば、プールが付くこともあるほどの大きな家が買えた時代でした。

2000年の1人あたりの名目GDPを振り返ると、オーストラリアは24位(US$ 20,861)、日本は2位(US$ 38,534)。
日本からの留学生にとっては、オーストラリアはとにかく物価が安いなぁと感じられる国でした。

ですが2016年では、オーストラリアが11位(US$ 51,850)で、日本22位(US$ 38,917)と逆転。
世界的に経済が成長する中で、立ち止まっていた日本をオーストラリアはごぼう抜きしています。

今、日本からオーストラリアへ行くと、物価の高さを感じずにはいられません。ミネラルウォーターも3倍くらい値上がってますし、不動産も同様に大幅に上がっています。
現地オーストラリア人にしてみたら、給与水準も上がっているので、物価高とは感じていないと言っていました。当然ですね。


春を謳歌してきたオーストラリアですが、GDPも2012年をピークに緩やかに下がってきています。
大手企業のレイオフのニュースなんかも聞こえてきていますし、不動産バブルが囁かれてからも久しいです。

というわけで、豪州リートに魅力を感じつつも、長期的投資先としては怖さの方が先に立ってしまい、遠目から眺めてる状況が続いています。

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< ウエストサイドストーリー | Blog TOP | 書評「ETFはこの7本を買いなさい」朝倉智也(2017), ダイヤモンド社  >>

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索