つれづれなるままに

2016年07月19日

■カラオケと宿泊施設の日本式課金システムについての苦情申立。
日本のカラオケやホテル・旅館の課金システムに納得がいかない。

海外では通常1部屋につきいくらになってるけど、日本だと1名につきいくら。
これって合理性ないと思うんだけど。


カラオケで考えると、例えば2人で1時間歌いに来たとする。
2人で歌えるのは10曲程度。1人5曲だ。
1時間400円の料金設定なら、それぞれ400円を払って、合計800円。

じゃあ4人で来たとしよう。
4人で歌えるのも同じく10曲。1人2~3曲しか歌えない。
だけど、料金は1人1時間400円だから、半分の曲数しか歌えなくても同料金。


ホテルだとどうなるか。
海外なら2人で宿泊しても3人で宿泊しても、1部屋1晩いくら。
だから1泊6万円の高級ホテルに3人で泊まっても、1人2万円で済む。

だけど日本だと、1人いくらで課金されるから、高級旅館に3人で泊まろうと思ったら、多少のお値引きがあったとしても、X3の料金を取られることがほとんどだ。
カラオケと同様に、例えば旅館の部屋で占められる面積は2人より3人の方が狭くなるし、室内に露天風呂が付いていても、1人あたり入れる時間は3人の方が短くなるのに、高い料金が取られる。

確かに日本の旅館は食事代が料金に含まれていることが多い。1泊2食のように。
これだと、1部屋で課金するのは旅館側からしたら確かに具合が悪い。

ならば、多少の手間はあるにせよ、宿泊客の立場からしたら、宿泊代と食事代を分けて計算してもらうのが合理的だと思う。


カラオケは分からないけど、旅館やホテルに関しては、これだけインバウンドが増えているので、変わる可能性があるかもしれない。
希望的観測だけど、変わってほしいなぁ。

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 立川談春 新春独演会「居残り佐平次」 | Blog TOP | インデペンデンス・デイ リサージェンス  >>

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索