つれづれなるままに

2010年11月20日

■レイレイの言葉
「もし自分がもっと背が高かったら、もっといいプレーヤーだったと思うか?」

「もし自分がもっと背が高かったら、それに甘えて、(ここに辿り着くほどの)努力はしなかったかもしれない」

確かに。
ないものねだりをしたい気持ちはあるけど、結局今あるリソースで最大限努力して、自分を伸ばしていくしか方法はないんだよね。

レイ・アレンのインタビューを聞いて、改めて気付かされました。

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< フラ語1 | Blog TOP | 新人の背番号 >>

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索