つれづれなるままに

2009年11月22日

■大学日本代表vsU26 NPB代表
いやー、面白かった。

予想通り、プロはアマの錚々たる好投手を打てなかったけど、アマ側はよく1失点で抑えたと思う。
3失点くらいはするかなと思ってたので、1失点は立派立派。
アマの打者はさすがに何枚も落ちるね。こちらはノーチャンスだった。
ひとりひとり目に付いた選手の寸評してみます。

①斎藤佑樹(早稲田大)
相当リキんでましたねw 先頭バッターが坂本だったから仕方ないかもしれないけど、ツーナッシングからもったいなかった。
でも正直、この中に入るとそこまで目立てないね。ストレートにしても変化球にしても、ボール自体はそれほど光らない。
だけど彼の良さは、ピッチングの総合力+類い稀な精神力だと思うので、持ち前の制球力を取り戻した上で、ストレートのキレをもっと磨いてくれればいいと思う。
来年の目玉がどこまで伸びてこられるか。今以上のレベルにならないと獲る方も獲りにくいと思うな。

②東浜巨(亜細亜大)
1年生のベビーフェイスもなかなか強気だったね。低く伸びてくるストレートは十分キレがあった。
彼も投球術が持ち味のピッチャーだと思うけど、生命線のストレートにあれだけ力があると面白いね。
これからが楽しみです。

③大石達也(早稲田大)
リーグ戦から間が空いたこともあって本調子ではなさそうだったけど、あのドッシリ感はいいよねー。
ストレートは145㌔前後も、あの力強い軌道がいい。三振も2個奪ったし、できれば中田との対決見てみたかったな。
このまま行けば、間違いなくドラ1位で複数球団競合です。打撃もいいし、素晴らしい。

④野村祐輔(明治大)
こちらは大学選手権が終わったばかりでややお疲れ気味。ストレートは140㌔ほどだったけど、スライダーの出し入れは相変わらず秀逸。
チェンジアップもかなり有効に見えたし、さすが明治のエースですね。
中田との対決はなかなか面白かった。

⑤菅野智之(東海大)
タツノリの甥っ子。大学に入って初めて見たけど、高校の時より体に芯が入った感じがしました。
高校の時はケガしてたんだっけ?なんか万全じゃないような状態で投げてた記憶がある。。。
今となっては、精神的にも強そうだし、高速スライダーは素晴らしいし、ストレートは速いし、プロに来る逸材ですな。
とにかく怪我をしないでもらいたい。

⑥萩原圭悟(関西学院大)
1年生ながらなんだか雰囲気のあるバッター。バットコントロールはうまいし、ピッチャーとしたら投げにくそう。
守備がどうなんだか分からないけど、プロに来て欲しい選手だな。これからの更なる成長を期待します。

アマ側ばっかりになっちゃったけど、まあいいやね。
チケット完売したらしいし、こういうイベントは継続的にやっていってもらいたいです。

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 2009年に読んだ本 #61 | Blog TOP | 来季の打順 >>

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索