つれづれなるままに

2009年09月01日

■プロ野球VS大学代表
もうひとつ気になるニュースがコチラ↓

プロ野球VS大学代表戦を11・22に

 日本野球機構(NPB)と全日本大学野球連盟は8月31日、セ・パ誕生60周年記念試合として「U-26NPB選抜対大学日本代表」を11月22日に東京ドームで行うと発表した。それぞれの監督は、NPB選抜がヤクルト高田繁監督(64)、大学代表が近大の榎本保監督(54)に決まった。

 大学代表は今夏の日米大学野球の代表から4年生を除いたメンバー15人を、まず決定。試合までに9人が追加される。榎本監督は早大斎藤佑樹投手(3年)の起用法を「先発でしょう」と早くも予告。初めて現役プロ選手と対戦することになる斎藤は「とても光栄。素晴らしい機会を無駄にすることなく、学生らしいプレーができるようがんばります」とコメントした。

 プロ側は12球団から推薦された26歳以下(12月31日時点)の選手で構成され、各球団から最低1人が選ばれる。この日は63人の候補選手が発表され、11月上旬に24人に絞る。楽天田中将大投手(20)、巨人坂本勇人内野手(20)らも候補入り。高田監督は「ファンが見たいものが一番」と話し「マー君対佑ちゃん」という夢の先発対決が実現する可能性もある。27歳以上のオーバーエージ枠も用意され、阪神新井貴浩内野手(32)、巨人亀井義行外野手(27)らが候補に名前を連ねた。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20090901-538121.html



これはいい企画だなぁ。
プロとアマの交流を進めて、関係をもっと密なものにするのは大賛成。こういう交流はもっとどんどんやったほうがいい。
ちなみに参加候補メンバーを見てると、さらにテンションが上がる。
まずNPBの方から見てみると、


U-26 NPB選抜
投手
平野将光、金子千尋、近藤一樹、宮西尚生、大嶺祐太、唐川侑己、田中将大、永井怜、大隣憲司、久米勇紀、金刃憲人、辻内崇伸、石川俊介、山内壮馬、岩田慎司、佐藤亮太、大竹寛、前田健太、由規、山口俊、小林太志
捕手
銀仁朗、大野奨太、嶋基宏、清水誉、上村和裕、細山田武史
内野手
原拓也、大引啓次、中田翔、陽仲壽、高口隆行、根元俊一、早坂圭介、塩川達也、明石健志、坂本勇人、大田泰示、上本博紀、大和、岩崎恭平、西川明、小窪哲也、川島慶三、石川雄洋
外野手
大崎雄太朗、松坂健太、小瀬浩之、坂口智隆、神戸拓光、長谷川勇也、小斉祐輔、松本哲也、天谷宗一郎、武内晋一、飯原誉士、吉村裕基
オーバーエイジ枠
捕手
川本良平
内野手
鳥谷敬、新井貴浩、田中浩康
外野手
佐藤友亮、亀井義行



大学日本代表
投手
斎藤佑樹、大石達也、乾真大、澤村拓一、菅野智之、野村祐輔、中後悠平、東浜巨
捕手
小池翔大、佐藤貴穂
内野手
林埼遼、萩原圭悟
外野手
田中宗一郎、伊志嶺翔大、土生翔平



大学日本代表はまだ未定ということみたいだけど、このメンツでも相当面白いよね。
特に投手陣はいいなぁ。あと数年後には1巡目で指名されるような選手が何人もいる。
この投手陣とプロ若手との勝負は楽しみやね。

ちなみにダルとか涌井は入ってこないのか。ちょっと格が違うってことかな。
年齢的には大卒1年目だから枠内だもんね。

ま、それにしてもこの企画は楽しみですな。
できれば甲子園か神宮でやってもらいたかったけど、そこは仕方ない。
楽しみに見たいと思います。

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 一流と二流のあいだ | Blog TOP | 4ゲーム差 >>

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索