つれづれなるままに

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月28日

■WBC監督人事
WBCの監督人事ですけど、タツノリ監督でほぼ決まったみたいですね。
確かに今回はちょっと難しかった。最強のチームを作る時、監督は誰にするべきかという問い。

これが意外に出てこない。
まぁベストは王さんですよ、やっぱり。采配は最高じゃないかもしれないけど、この人はものすごい人格者。最強の面々を結束させられるのは、王さんをおいて他にいない。

しかしその王さんが体調面で問題を抱えるとなるとね・・・。
積極的姿勢を見せてるノムさんは、采配は素晴らしいが人望がない。自分をいかに高く売るかを考えすぎてる気がする。ノムさんのもとでは、一致団結は難しいでしょう。

星野仙一。
彼はものすごい人望があるが、いかんせん短期決戦に弱い。情が勝ってしまう采配は今後も変わらないはずなので、不適格。

岡田彰布。
残念ながら知名度、ネームバリューが足りない。采配も短期決戦向きではない。

落合博満。
球界でも随一の知将。短期決戦にも滅法強い。問題は結束の方か。

古田敦也。
ネームバリューは十分も、監督として経験不足。

ボビー・バレンタイン。
非日本人も采配には定評あり。ややパフォーマー的人格が団結を妨げるか。

原辰徳。
特に投手の継投において疑問あるも、熱いハートは選手をまとめられる力がある。投手コーチのサポートが必要。


今回の監督人事は主催者に名を連ねる讀賣の意向も大いに関係しているでしょう。
しかし、原監督でもやってやれないことはない。現役の選手も子どもの頃に4番原辰徳を見た世代だし、プラスに働くかもしれない。
あとはコーチ陣をどうするかですよ。注目してみています。

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 08年に読んだ本 #28 | Blog TOP | 08年に読んだ本 #27 >>

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。