つれづれなるままに
2014年10月

2014年10月19日

■市民大会 QF
市民大会のQF。

相手は左利きのビッグサーバー。
数年前に優勝したこともある。


しかし端から見てて、あんまり上手くはないんじゃないかなと思っていたので、勝機はあると感じてた。


試合が始まってみると、やはりサーブが速い。
そしてセカンドサーブも思った以上に跳ねる。
得意のフォアハンドリターンもほとんど繰り出せず、ウィナーはゼロ。
なんとかコートに返すので精一杯だった。
しかもだいたいが浅く返ってしまうので、そのあとのボールを叩かれる。
相手もミスをしてくれたけど、この状態ではリターンゲームが取れない。

そうなるとサーブの調子がとても良くないこのごろ、試合運びが非常に難しくなる。
自分のサーブを落とすと、そこで試合が終わってしまうから。

案の定、4−6でやられてしまったわけだけども、以下に今後の注意点を書いておく。


・ビッグサーバーと当たった時は、もっとリターンに集中すること。しっかりと返せれば、あとはストロークでなんとかなるはず。
・バックのパッシングショットの強化。もっと精度を上げる必要がある。
・サービスの強化。今の状況はセカンドサーブを2本打ってるようなもの。あれでは攻撃にならない。

2014年10月12日

■市民大会
2年ぶりの市民大会。
去年は隣の市のに出ていたので。


初戦はBYEのため、2回戦から。
ボロいハードコートの方に回されたのでちょっとイヤでしたが、相手は大学生風。

相手のサーブでいきなりデュースを8回くらいやり、取られる展開。
なかなか上手だし、サーブ&ボレーとかしてくるので、ちょっと危ないかなと思ったけど、そこは経験の差。
徐々にリズムを掴んで、そのあとは6−1で勝利。


次が第1シードとの対戦ということで、ここに全力をそそぐ予定でした。
この相手は同門ということで、もちろん知ってます。
2年半くらい前に、クラブ内の大会で一度負けてる(3−6)ので、今回はリベンジしたかった。
また他のクラブメンバーからも注目を集めてるし、ここは絶対に勝ちたいなと。

というわけで相手のサーブからスタート。
やっぱりなかなかしぶとい。ポイントを取るまでに時間も労力もかかる感じ。

とりあえずバックはスライスでしのいで、甘いボールはフォアで回り込んで打ち込む。
浅いボールはとにかく叩いて攻撃した。

正直、相手があまりボレーに出てこなかったのは助かったかな。
結構ステイバックしてくれたので、自分としてはやりやすい面があった。

というわけで、序盤のリードを保ちながら、最後は6-3でフィニッシュ。
なんとか勝つことができました。


次の予選決勝の相手も大学生風。
フォアをスピンで振り回してくる感じで、気合いもなかなか。

こちらはレシーブゲームの1ゲーム目に右足を痙攣し、若い相手に心配される。。。
こむら返りだったので、チェンジコートの時に靴を脱ぎ、伸ばしてなんとか騙し騙しやる感じ。
次のゲームはほとんど脚が動かなかったけど、なんとかキープ。
そのうち、少しづつ動けるようになり、また逆に余計な力が抜けたので、フォアが強烈に入りまくった。

序盤打ちまくり、リードを広げるも、最後は体力が尽きかけ、追い上げをくらう。
それでも6-4でフィニッシュして、勝利。

これでベスト8。
次は2週後かな?

 | Blog TOP | 

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索