つれづれなるままに
2010年04月

2010年04月26日

■2010年に読んだ本 #24
1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る

2010年04月21日

■2010年に読んだ本 #23
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
(2009/07/18)
ジョージ・オーウェル

商品詳細を見る

2010年04月18日

■アニキの決断
寝る前に、今日の試合でアニキがスタメンはずれたことを書いておかないと。

正直さすがにものすごい驚きましたね。驚天動地ですよ。。。
金本が試合に出ていることは、陽は東から昇り西に沈むくらい当たり前のことだったから。

だけど本当によく決断したと思う。
みんな言ってることだけど、金本がタイガースに来て、他の選手の意識が大きく変わったのは間違いない。
赤星や鳥谷なんか、アニキ哲学の体現者と言えると思います。

そんな金本が「チームの勝利」を最優先し、今の自分の状態ではそのゴールに貢献できないと自ら判断した。
これだけ長く続けたものから降りるのは、大変難しい決断だったと思います。

これぞアニキ金本。

アニキらしい潔さではなかったでしょうか。

2010年04月15日

■継投ミス
好ゲームだったのに真弓監督の継投ミスでつまらない試合になってしまいました。
なぜあそこで西村を代えたのかということに尽きると思います。
まだ信頼がない、と言ってしまえばそれまでですが、直前にブラゼルがいいプレーをして、讀賣に流れが行きそうなところを食い止め平衡を保ったところで、ピッチャー交代。
このタイミングでの交代は、それまでの流れを食い止め、別方向に向かわせてしまう可能性があると思います。
案の定、気持ちが強くない筒井和がノースリーにして結局フォアボール。
もうここで完全に流れが讀賣に行き、あとは誰が出てきても食い止められない流れに。
完全にタイガース首脳陣の判断ミスです。
あそこは西村続投だったと私は思います。
フォッサムが好投したし、前回ボコボコにされた讀賣に早めにリベンジするチャンスを逸しました。残念です。

2010年04月11日

■「谷間の世代」
名電にいた齊賀洋平って投手辞めてたんだね。
去年ヤクルトを戦力外になった丸山貴史の一年後輩で、いわゆる辻内世代。
上にダル・涌井、下にハンカチ・マーくん世代に挟まれたこの世代はなかなか芽が出ないね・・・。
ちょっと主要選手を挙げてみると、

投手
辻内 崇伸
松橋 拓也
加登脇 卓真
柳田 将利
村中 恭平
山室 公志朗
林 啓介
斉藤 悠葵
斎賀 洋平
木下 達生
鶴 直人
大前 佑輔
片山 博視
若竹 竜士
大西 正樹
楠田 裕介
景山 一旗
好永 貴雄
福井 優也
松下 建太
古川 秀一
山口 俊

野手
今成 亮太
荒川 雄太
炭谷 銀仁朗
林 裕也
加藤 政義
川端 慎吾
岡田 貴弘
松井 佑介
正木 修平
藤川 俊介
陽 仲寿
鈴木 将光
平田 良介

こうやって並べてみると、今のところ出世頭はベイの山口俊か。
T-岡田とか村中、斉藤悠葵なんかは今年期待できそうです。

2010年04月08日

■がんばれセッキー
今日もわがタイガースは負けたわけだが、最近気になるのがセッキーこと関本賢太郎選手に元気がないこと。
以前は打たなかったりミスしても「あぁー調子悪いんだな」と思ってたんだけど、最近は「打てなかったりミスするのは年齢による衰えではなかろうか」と感じるようになった同学年の私です・・・

2010年04月08日

■2010年に読んだ本 #22
天皇とアメリカ (集英社新書 532C)天皇とアメリカ (集英社新書 532C)
(2010/02/17)
吉見 俊哉テッサ・モーリス・スズキ

商品詳細を見る

2010年04月03日

■グリーンホール
とても久しぶりな落語。
なぜこんなに間隔が開いてしまったのか。
ま、それはさておき。。。

今日聞きに行ったのは


春の若手花の三人会

1. 立川こはる(前座)「真田小僧」
2. 柳家花緑 「二階ぞめき」
仲入り
3. 柳家三三 「花見の仇討ち」
4. 立川談春 「慶安太平記」



どれも面白かった。
また近いうちに行こう。

今まで聞いた談春の演目も備忘録として。
・紺屋高尾
・お化け長屋
・五貫裁き
・野ざらし
・らくだ
・大工調べ
・素人義太夫
・三軒長屋
・子ほめ
・小猿七之助

2010年04月02日

■2010年に読んだ本 #21
パン屋再襲撃 (文春文庫)パン屋再襲撃 (文春文庫)
(1989/04/10)
村上 春樹

商品詳細を見る

 | Blog TOP | 

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索