つれづれなるままに
2009年11月

2009年11月28日

■2009年に読んだ本 #63
竜馬がゆく〈6〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈6〉 (文春文庫)
(1998/10)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

4度目

2009年11月25日

■ひとりごちる
ちょっと不思議に思った野球界のニュースを二つ。

まずひとつ目は、横浜と日ハムの3vs3トレードのニュース。

横浜       日本ハム
加藤武治     稲田直人
松家卓弘  ⇔  坂元弥太郎
関口雄大     松山傑


戦力的に不均衡とかいうんじゃないんですよ。
ただね、松家が出されるのはなぜなんだろうかという一点のみ。
松家はご存知の通り、東大卒ですね。一応、「戦力」ということで入団してきた投手だけど、将来的には球団幹部確実なんて言われてたのは記憶に新しいところです。
むしろだからこそ、今年まで野球をやれてたんだろうと思っていたのですが、ここにきてトレード。
幹部の線は消えたのか、それともヨソも見てこいということなんでしょうか。
ま、どうでもいいですね(^^;)

ふたつ目は、ヤクルトの館山が最多勝取ったのに1000万円しか加増されなかった件。
これはなぜ?タイトル料だけでも1000万くらい払ってる球団あるのに。
と、ここまで書いてから気がつきました。館山、複数年契約なんですね。
もう3年分の給料、決まってるんだ。なるほど。

2009年11月24日

■2009年に読んだ本 #62
在日 (集英社文庫 か 48-1)在日 (集英社文庫 か 48-1)
(2008/01/18)
姜 尚中

商品詳細を見る

2009年11月23日

■2009年に読んだ本 #61
竜馬がゆく〈5〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈5〉 (文春文庫)
(1998/10)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

4度目

2009年11月22日

■大学日本代表vsU26 NPB代表
いやー、面白かった。

予想通り、プロはアマの錚々たる好投手を打てなかったけど、アマ側はよく1失点で抑えたと思う。
3失点くらいはするかなと思ってたので、1失点は立派立派。
アマの打者はさすがに何枚も落ちるね。こちらはノーチャンスだった。
ひとりひとり目に付いた選手の寸評してみます。

①斎藤佑樹(早稲田大)
相当リキんでましたねw 先頭バッターが坂本だったから仕方ないかもしれないけど、ツーナッシングからもったいなかった。
でも正直、この中に入るとそこまで目立てないね。ストレートにしても変化球にしても、ボール自体はそれほど光らない。
だけど彼の良さは、ピッチングの総合力+類い稀な精神力だと思うので、持ち前の制球力を取り戻した上で、ストレートのキレをもっと磨いてくれればいいと思う。
来年の目玉がどこまで伸びてこられるか。今以上のレベルにならないと獲る方も獲りにくいと思うな。

②東浜巨(亜細亜大)
1年生のベビーフェイスもなかなか強気だったね。低く伸びてくるストレートは十分キレがあった。
彼も投球術が持ち味のピッチャーだと思うけど、生命線のストレートにあれだけ力があると面白いね。
これからが楽しみです。

③大石達也(早稲田大)
リーグ戦から間が空いたこともあって本調子ではなさそうだったけど、あのドッシリ感はいいよねー。
ストレートは145㌔前後も、あの力強い軌道がいい。三振も2個奪ったし、できれば中田との対決見てみたかったな。
このまま行けば、間違いなくドラ1位で複数球団競合です。打撃もいいし、素晴らしい。

④野村祐輔(明治大)
こちらは大学選手権が終わったばかりでややお疲れ気味。ストレートは140㌔ほどだったけど、スライダーの出し入れは相変わらず秀逸。
チェンジアップもかなり有効に見えたし、さすが明治のエースですね。
中田との対決はなかなか面白かった。

⑤菅野智之(東海大)
タツノリの甥っ子。大学に入って初めて見たけど、高校の時より体に芯が入った感じがしました。
高校の時はケガしてたんだっけ?なんか万全じゃないような状態で投げてた記憶がある。。。
今となっては、精神的にも強そうだし、高速スライダーは素晴らしいし、ストレートは速いし、プロに来る逸材ですな。
とにかく怪我をしないでもらいたい。

⑥萩原圭悟(関西学院大)
1年生ながらなんだか雰囲気のあるバッター。バットコントロールはうまいし、ピッチャーとしたら投げにくそう。
守備がどうなんだか分からないけど、プロに来て欲しい選手だな。これからの更なる成長を期待します。

アマ側ばっかりになっちゃったけど、まあいいやね。
チケット完売したらしいし、こういうイベントは継続的にやっていってもらいたいです。

2009年11月22日

■来季の打順
昨日ファン感が終わり、イベントはこれで終了かな。

さてシーズンオフならではの来季打順予測(完全なる希望!)をやってみます。
レクリエーションの一環ですw

1 8 赤星(平野)
2 4 関本
3 7 金本
4 2 城島
5 6 鳥谷
6 5 新井
7 3 ブラゼル
8 9 桜井


1番の赤星はもちろん状態次第です。しっかり1年間通して野球をできる体になっているかどうかで決まります。
もしダメそうな場合の代替一番手は左の平野。平野は2番セカンドにも回れるので、その場合1番センター浅井もあり得ます。

で、クリーンアップ。
4番を誰にするのかは難しいですけどね、私の場合はジョーで行きたい。
そして自称3番タイプの金本を5番ではなくて3番に持っていく。打点を稼げる鳥谷を5番で使う。
これには金本と新井を分断させる狙いもあります。どうも新井は兄貴とくっ付いてると萎縮するのかなんだか知らないけど、成績が悪いw
それで下位に気の抜けない大砲ブラゼルと桜井を持ってくる布陣。左右も考えてやってみました。

結構現実的じゃないかと。本当はもっと若手(上本とか柴田とかW野原とか)を使いたいけど、それは理想枠としてw

2009年11月19日

■2009年に読んだ本 #59
竜馬がゆく〈4〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈4〉 (文春文庫)
(1998/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

4度目

2009年11月17日

■高橋勇丞、育成枠へ
サラっとスポニチかなにかに書かれていたように、高橋勇丞が育成登録になるそう。
まあ確かにそろそろ危ないと思っていたけど、まずは育成枠に収まるそうな。
プロではもう2段階くらい成長してくれないと、なかなか戦力としては認められないのは致し方ないところ。
辻本やヤスのようにならず、もう一度支配下登録されるようにがんばって欲しいです。

高校時代の勇姿を貼っておきますね↓

2009年11月17日

■2009年に読んだ本 #58
竜馬がゆく〈3〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈3〉 (文春文庫)
(1998/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

4度目

2009年11月16日

■Australian PM Rudd says: We are sorry

養護施設の虐待問題で謝罪=30~70年代に子供50万人被害-豪首相

 【シドニー時事】オーストラリアのラッド首相は16日、1930~70年代に国内の孤児院など養護施設で、国内や英国から連れて来られた子供たちに対して精神的、肉体的、性的な虐待が行われていた事実を認め、「忘れられたオーストラリア人」とされる当時入所していた50万人もの国民に正式に謝罪した。
 首相は、被害者らを前にした議会演説で「幼少時代を失った悲劇に対し、申し訳なく思う」と陳謝。また、英国の施設から移民として豪州に渡った子供たちが、実際には強制労働に従事させられていたと述べた。
 議会の調査報告などによると、離婚や貧困などが原因で預けられたり、英国から送られたりした子供たちに対し、施設では虐待が頻繁に行われ、食事や教育も十分に与えられなかった。子供の多くは成人後も不遇を強いられたという。(2009/11/16-10:58)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009111600177



子供を豪州に棄民=英首相が謝罪へ

 英スカイ・テレビ(電子版)は15日、白人移民の増加を望んでいたかつてのオーストラリアに対し1940~50年代、英政府が児童施設の子供を選抜しては国策として送り込んでいたとして、ブラウン首相が近く公式に謝罪すると伝えた。
 当時の英政府は、児童施設の予算確保に苦しんでおり、豪州の要望は「渡りに船」だった。総勢1万人近い子供がだまされて送り込まれたとみられている。(2009/11/16-07:10)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009111600027

2009年11月16日

■無礼千万

中田「バスタオルだっけ?」早大・斎藤討ち宣言!

 日本野球機構は11日、26歳以下の選手が主体のプロ選抜と、大学日本代表が対戦するセ・パ60周年記念「U―26NPB選抜対大学日本代表」(22日、東京ドーム)の出場メンバー各24選手を発表した。プロ選抜でメンバー入りした日本ハム・中田翔内野手(20)は、高校時代に甲子園で対戦した早大・斎藤佑樹投手(21)擁する大学日本代表からの本塁打を宣言した。

 学生諸君にはプロの力を見せつける。千葉・鎌ケ谷の室内練習場でフリー打撃を行った中田は「出たら出たでホームランしか狙いにいかんよ。きれいなライト前なんかじゃしようがない」と言い放った。注目は大学日本代表のエース斎藤との対決だが、1学年先輩の右腕とは大阪桐蔭時代、06年夏の甲子園で対戦して4打数無安打3三振と完ぺきに抑えられている。

 「ハンカチだっけ?バスタオルだっけ?」と中田節全開で先輩に軽いジャブを放つと「甲子園では悔しかったけどな。向こうはアマチュアのトップだけど、今はこっちはプロや」とぴしゃり。今季イースタン新記録の30本塁打を放った長距離砲は、プロのプライドをのぞかせた。対戦が実現すれば4年越しのリベンジのチャンス。中田は結果で成長を証明する。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2009/11/12/23.html


日ハムは、利かん坊のダルを人間としてうまく育てたと思う。あの暴れ馬相手にずいぶん辛抱したと思う。
中田もかなりのやんちゃだけど、天狗にならないようにとここまでじっくり下で育ててきた。
力は十分あるけど勘違いしないようにと、上でなかなか使わなかったりとかね。
なんでそうしてきたかと言ったら、もちろんそれだけ期待が大きかったからでしょう。これだけの逸材を預かった以上、選手としても人間としてもしっかり育てる義務があると球団がきっちり認識していたからでしょう。
なのに2年終わってまだこんなこと言ってる。呆れるというより、ガッカリだね。馬鹿に付ける薬はないのかね。バスタオルとはなにごとだ、と思うよ。

2009年11月15日

■2009年に読んだ本 #57
竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈2〉 (文春文庫)
(1998/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

4度目

2009年11月15日

■2009年に読んだ本 #56
竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
(1998/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


4度目

 | Blog TOP | 

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索