つれづれなるままに
2009年09月

2009年09月26日

■ファンと選手とマネージメント
阪神はしょーもない負け方したから、とりあえずいいです。

今日はロッテの話。
いろいろモメてますよね。まぁ正直、どこに原因があるのか知りませんけど、西岡の「ファンなら横断幕下げて」っていうのよく分からないなぁ。
もちろん「死刑」とかね、そういう低レベルなものを掲げるのは問題ですよ。少年の夢を壊すとかね。
だけど、みんな、「チーム」のファンだから、そのチームが正しい方向に行ってるか監視するのもファンの仕事でしょう。
「どんな状況でも純粋に選手を応援してほしい」って言うけど、それだけがファンの仕事じゃないと思うな。「ファンは選手をただ応援しててくれればいい」って選手がファンに言うチームは、良いチームになり得ないと個人的には思いますよ。
だってファンがやらなかったら、一体誰がチームのフロントを監視するのか。
西岡は「勇気を出して」ファンに物申したそうだけれども、選手は経営サイドに責任問題を問える立場にあるのか。

Jリーグなんかは逆にいきすぎとかって思うけど。試合後、球団社長を呼び出してファンに謝罪させるとか、選手が乗るバスを取り囲むとかね。
だから、そのやり方や程度・品位っていうのはすごく大事。
それらに気をくばりつつ、ファンがしっかりと経営サイドを監視し、よりよいチームを作っていく。
「10番目の選手」にはそういう重要な役割も課されているんだと思います。

というわけで、阪神ファンはもう少しフロントに物を言った方がいいと思いますよ。
そうしないとフロントが殿様になっちゃうし。

2009年09月25日

■吉見攻略&浅井抹消
今日、やっと吉見を攻略したね。すでに15勝ってるピッチャーだし、CS(に行けるとして)前に叩けたのは非常に大きい。
今日の試合は3、4番に当たりがなかったけど、巡り合わせが良かったのかな。
能見の2タイムリーとかね。なんだかずいぶんうまいこと行った感じがする。

能見は投げる方はそんなにいいとは思わなかったけど、7回5安打2失点か。
中日打線に元気がないよね。いつものいやらしさというか。チームが疲れてる気がする。

ま、そんなことはこちらとしてはお構いなしですよ。なんてったって3位争いのまっただ中だし、1戦1戦勝って行くしかない。
しかし、浅井の離脱はかなり痛いね。1番バッターとして思いの外、機能してたからなぁ・・・。
すぐに戻ってこれそうな箇所でもないので、CSも無理そう。
庄田とともに抹消されて、バルディリスと柴田が上がって来るとのこと。
柴田、楽しみだねぇ。打順が気になるな。

2009年09月19日

■六大学野球、開幕してます
東京六大学野球の秋季リーグが先週から開幕。
今日、我らが早大vs東大の一戦がありました。

が、どうも今季も早稲田は苦しそう。佑ちゃんもよくなかったみたいで、東大相手にやっとこさ勝った。
東大は先週、法政相手にも善戦したけど、それにしても早稲田は打線が弱いよね・・・。最近はあんまりいい選手を獲れてない気がする。

それに、登録選手のチェックをしてたら、あの大前佑輔がファースト登録になってたよ。
どうしたんだろう・・・肩痛めたのかな?
ドラ1候補だったのに大学入ってからなかなか成長できず、4年生秋になって野手登録か・・。
ちょっとショックでした。

2009年09月17日

■負け戦ばかり...
負けたなぁ。
今年は球場に行くたびに負けてる気がする・・・。うーん、残念。

初回に鳥谷のフェン直があって、今日も昨日の流れで行けるかと思ったけど、結局オビスポをとらえられなかった。
角度的に横からだったんだけど、それでもなんとなく打ちづらそうな感じに見えた。

やっぱりもう少し早くオビスポを降ろさないとダメだったね。せめてあと1回早く降ろして、山口の前に誰かひとり投げさせないと。
それが出来れば、きっと綻びを見つけられた。残念です。

良かった点は、9回代打野原祐の内野安打くらい。
あの泥臭さ堪らないね。ナイスなヘッスラでした。
今は左バッター陣(桧山、葛城、林)の調子がずいぶん良くないし、もっとルーキーのハッスル姿を見せて欲しいと思います。
野原は二人いるから応援が「かっとばせぇ~祐也ぁ~!!」でした。

2009年09月17日

■2009年に読んだ本 #47
村上春樹にご用心村上春樹にご用心
(2007/09/29)
内田 樹

商品詳細を見る

2009年09月16日

■2009年に読んだ本 #46
時が滲む朝時が滲む朝
(2008/07)
楊 逸

商品詳細を見る

2009年09月16日

■恐るべし鳥谷!
すごいね、鳥谷。あの凄みはなに?
5回のスリーランも凄かったけど、その次の7回の一発はさらに凄かった。
厳しいところにバンバンくる野間口のストレートを軽くいなしてファールにして、低めの球はものの見事にライトスタンドへ持って行った。
ちょっと凄すぎですよ。見下ろしてる感じ。
あの絶不調を抜け出してからの鳥谷は、守備も含めて野球選手としての格がひとつ上がった感じがする。
まあ見事なもんです。これでホームラン数も金本に並びました。

それと今日良かったのは江草と筒井の二人。
岩田が踏ん張りきれなくて早めにマウンドを降りたあと、球児とアッチソンだけでは補えないパートをこの二人が危なげなく埋めてくれた。
球児とアッチは昨日2イニング投げてたし、江草・筒井ふたりの働きは本当に大きかった。
今日の勝利の立役者です。

さあこれで讀賣相手に5カード連続の勝ち越しが決定。これはCSでぶつかる時に間違いなく有利に働くはずです。
その日のためにも明日も勝っておきたいですね。
明日は現地で観戦予定です。鳥谷ユニフォーム着ていきますよー!

2009年09月15日

■矢野!矢野!矢野!
いやー快心のゲームでした!

両チームとも勝ちパターンの継投をして、締まった試合でしたね。
9連戦の頭ということで、今日は本当はアッチソンにも藤川にも長いイニング投げて欲しくなかったけど、ああいう試合を落とすわけにいかないですから。
江草も加えて、本当によく投げてくれました。さすがに虎の防御率1点台トリオです。

打つ方は、矢野ちゃんがやったね!!
まさか入るとは思わなかったけど、そこはさすがの東京ドーム。クルーンの151㌔をスタンドインですよ。
いやーすごかった。ちなみにその前の前にクルーンのストレートを一発でバント決めた大和もナイスでした。

鳥谷が引き続き好調で猛打賞、金本・新井・関本もマルチヒットと今日はバットがよく振れてた。
クリーンアップの前にランナーが出ていたらもっと楽だったと思うので、今日ノーヒットだった1、2番に明日以降はがんばってもらいたいですね。

さあ明日も必勝です!

2009年09月14日

■2009年に読んだ本 #45
ポトスライムの舟ポトスライムの舟
(2009/02/05)
津村 記久子

商品詳細を見る

2009年09月13日

■単独3位浮上!
1週間ほど海外に出てました。

帰ってきたら、詰めたねぇ。
今日勝って、ヤクルト&広島が負けたから、単独3位でしょ。
いやー、分からんなぁ。だって思い返せば、オールスター明けに若手中心の起用に切り替えるみたいなこと言ってたもんね。
それがこれだもん。勝負事はなにが起こるか分からんわぁ。

ずいぶんケガ人が出てる中、待望の若手が出てきた。それもガツガツした奴が。
最高だね、野原祐也。
いいよ、あの泥臭い感じ。チャンスを掴んでやるっていう闘志丸出しだもん。最高。こういう奴を待っていた。

若手にはどんどん刺激受けて、ガツガツ来て欲しいね。
これでこそチームの活性化だ。
若手よ、大志を抱け!

2009年09月09日

■2009年に読んだ本 #44
夜間飛行 (新潮文庫)夜間飛行 (新潮文庫)
(1956/02)
サン=テグジュペリ

商品詳細を見る

2009年09月02日

■一流と二流のあいだ
強いなぁ。これで6カード連続勝ち越し?!急にチームとして機能しだした感じやね。
ツバメの背中もグッと迫ってきました。

今日も鳥谷弾が飛び出して、これで本拠19連勝ですか。
なかなかどうしてすごいジングスじゃないですか。
鳥谷が一発打てば必ず勝つ。

今日なんかも3試合連続弾でしょ。打った後、余裕が見えたもんね。
以前だったら大きな当たりでも全力で走り出して1塁を回ったあたりで減速してたのに、今日なんか打った瞬間。
「コレ、いったでしょ」みたいな。

いやー、鳥ちゃん、3番バッターらしくなってきたよ。いよいよ本格化かな。
ま、と言ってももう28だしね。待ちに待った感じ?
いずれにしても現在の鳥谷は守備は素晴らしいし、打撃は勝負強いし、見てて最高に楽しい選手ですね。

岩田は6回の失点がもったいなかったなぁ。せめて2失点で抑えていれば。
宮本にセンター前に運ばれたのがね・・・捕球できそうだったし。
いいピッチングしてただけに、あの失点は余計だった。次はもっとエースらしいピッチングを期待します。

さて、残念なニュースは桜井の登録抹消。
昨日の守備でのプレーで痛めたらしい。
せっかく好調で、相手が右ピッチャーでもスタメンで出させてもらえるようになったのに・・・。
こんなチャンス、なかなかないですよ。広大はいいところまでいくんだけど、どこかで自滅する傾向がある。ホントにもったいない。せっかく一流に成し上がれるチャンスなのに。。。
どれくらいの重症度なんでしょうね?軽ければいいけど、抹消だからな・・・。また何年か前みたいに、一度活躍したのに全てリセットみたいにならないことを祈るばかりです。

2009年09月01日

■プロ野球VS大学代表
もうひとつ気になるニュースがコチラ↓

プロ野球VS大学代表戦を11・22に

 日本野球機構(NPB)と全日本大学野球連盟は8月31日、セ・パ誕生60周年記念試合として「U-26NPB選抜対大学日本代表」を11月22日に東京ドームで行うと発表した。それぞれの監督は、NPB選抜がヤクルト高田繁監督(64)、大学代表が近大の榎本保監督(54)に決まった。

 大学代表は今夏の日米大学野球の代表から4年生を除いたメンバー15人を、まず決定。試合までに9人が追加される。榎本監督は早大斎藤佑樹投手(3年)の起用法を「先発でしょう」と早くも予告。初めて現役プロ選手と対戦することになる斎藤は「とても光栄。素晴らしい機会を無駄にすることなく、学生らしいプレーができるようがんばります」とコメントした。

 プロ側は12球団から推薦された26歳以下(12月31日時点)の選手で構成され、各球団から最低1人が選ばれる。この日は63人の候補選手が発表され、11月上旬に24人に絞る。楽天田中将大投手(20)、巨人坂本勇人内野手(20)らも候補入り。高田監督は「ファンが見たいものが一番」と話し「マー君対佑ちゃん」という夢の先発対決が実現する可能性もある。27歳以上のオーバーエージ枠も用意され、阪神新井貴浩内野手(32)、巨人亀井義行外野手(27)らが候補に名前を連ねた。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20090901-538121.html



これはいい企画だなぁ。
プロとアマの交流を進めて、関係をもっと密なものにするのは大賛成。こういう交流はもっとどんどんやったほうがいい。
ちなみに参加候補メンバーを見てると、さらにテンションが上がる。
まずNPBの方から見てみると、


U-26 NPB選抜
投手
平野将光、金子千尋、近藤一樹、宮西尚生、大嶺祐太、唐川侑己、田中将大、永井怜、大隣憲司、久米勇紀、金刃憲人、辻内崇伸、石川俊介、山内壮馬、岩田慎司、佐藤亮太、大竹寛、前田健太、由規、山口俊、小林太志
捕手
銀仁朗、大野奨太、嶋基宏、清水誉、上村和裕、細山田武史
内野手
原拓也、大引啓次、中田翔、陽仲壽、高口隆行、根元俊一、早坂圭介、塩川達也、明石健志、坂本勇人、大田泰示、上本博紀、大和、岩崎恭平、西川明、小窪哲也、川島慶三、石川雄洋
外野手
大崎雄太朗、松坂健太、小瀬浩之、坂口智隆、神戸拓光、長谷川勇也、小斉祐輔、松本哲也、天谷宗一郎、武内晋一、飯原誉士、吉村裕基
オーバーエイジ枠
捕手
川本良平
内野手
鳥谷敬、新井貴浩、田中浩康
外野手
佐藤友亮、亀井義行



大学日本代表
投手
斎藤佑樹、大石達也、乾真大、澤村拓一、菅野智之、野村祐輔、中後悠平、東浜巨
捕手
小池翔大、佐藤貴穂
内野手
林埼遼、萩原圭悟
外野手
田中宗一郎、伊志嶺翔大、土生翔平



大学日本代表はまだ未定ということみたいだけど、このメンツでも相当面白いよね。
特に投手陣はいいなぁ。あと数年後には1巡目で指名されるような選手が何人もいる。
この投手陣とプロ若手との勝負は楽しみやね。

ちなみにダルとか涌井は入ってこないのか。ちょっと格が違うってことかな。
年齢的には大卒1年目だから枠内だもんね。

ま、それにしてもこの企画は楽しみですな。
できれば甲子園か神宮でやってもらいたかったけど、そこは仕方ない。
楽しみに見たいと思います。

2009年09月01日

■4ゲーム差
今日はクリーンアップがよく機能して快勝。
11安打中8本がクリーンアップのバットから生まれた。
特に新井は4本ですよ。打率も.243と、いよいよ.250が見えてきた。
一時は.210台だったから、3分ほど上げてきたことになる。
鳥谷は好調だし、金本もずいぶん持ち直してるから、ここで新井がグイっとくると相当面白いことになるかもしれない。大いに期待したいですね。

先発の安藤は6イニングを8安打打たれながらも1失点に抑える内容。
まずまず合格点と言える。エースの風格とかではないが、ローテの一角としてきっちり仕事をしてくれた。
しかも今日の相手はすでにここまで14勝してる館山だから、余計にナイスジョブ。次も同じようにがんばってもらいたい。

そんな中、試合をブチ壊しそうになった投手が二人。
特に阿部の方はねえ・・・・。
自分でも情けないと思ってると思うけど、今日のは非常にダメだね。せっかく前回の失敗を挽回できるチャンスを早めにもらえたのに。

そういう温情采配に対する批判はもちろんあると思うけど、これで阿部がもしいいピッチングしてたらチームにとって大きくプラスになった可能性があったのも事実だと思う。
ただでさえ先発のコマが足りてないし、そういう計算は首脳陣にあったんじゃないかな。ま、見事に失敗に終わったけど。

そんなこんなだけれども球児が悪くなった空気をバチっと断ち切ってくれたから、明日に持ち越すことはないでしょう。
さあツバメの背中がはっきりと見えてきた。まずは明日。絶対に勝ちましょう。

 | Blog TOP | 

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索