つれづれなるままに
2009年03月

2009年03月30日

■堂上隼人、支配下登録勝ち取る
ソフトバンクに育成枠で指名された堂上隼人が支配下登録されたらしい。
良かったね。ある意味、これでやっとプロになれた。おめでとうです。
次は1軍で試合に出れるようがんばって欲しいです。

2009年03月28日

■岩田故障
岩田が左肩肩峰下滑液胞炎で離脱したとか。これって安藤がなったやつと一緒だっけ?
とにかく、復帰は早くても5月末だとか。やっちまったなぁ。安藤はほぼ1年棒に振ってたなぁ。
WBCの代償第1号がタイガースから出るとはね。実は村田は2号だったという。

これは本当に痛いね。ただでさえ先発陣が弱いっていうのにさ。
左腕も少ないし、これで能見のローテ入りは確定ですな。

いやはや実に困った。

2009年03月26日

■WBC総括 #1
投手編

松坂大輔
 さすがですね。精神的に落ち着いて、いい意味でアバウトになった。普段からデカイ外国人バッターと対していることとアメリカ球に慣れていることがが大きなアドバンテージになった。MVPも妥当だと思います。

涌井秀章
 グループ1位決定戦で先発の機会を与えられるかなと思ったけど、なかなか出番がなかった。ストレートが140㌔出ないなどコンディション的にピークに持って来れなかった感がある。次のWBC時に25歳と働きざかりなので、この経験を生かして欲しい。

小松聖
 日本での壮行試合でボコボコにされたのと、アメリカに入ってからのメジャーとの練習試合で結果を残せなかったことで、本番でも出番がないかなと思ったけれど、少ない出番で比較的大きなインパクトを残せた。韓国戦で見せたピッチングから、小松の気持ちの強さがハッキリと読み取れた。

ダルビッシュ有
 先発として彼が持っている力は出し切れなかった感がある。思いがけず精神的な弱さを見せてしまった格好。またボールへの対応が最後までできず、球種がストレートとスライダーだけと大変苦しんだ。本来七色の変化球を操る器用なダルビッシュだけに、この点は意外だった。先発としては期待通りの活躍ができなかったが、リリーフとして汚名返上の機会が与えられ、ダルビッシュらしいものすごいストレートを連発してくれた。次のWBCでもエース候補で間違いない。さらなる高みを目指して欲しい。

渡辺俊介
 中継ぎの飛び道具として招集も、出番があまり回ってこなかった。かなりの覚悟を胸にして代表入りしただけに、やや気の毒だった。

田中将大
 最年少で代表入り。大事なところで何度も登板機会があり、気合い十分のストレートを見せてくれた。スライダーのキレも抜群で、最高のコンディションであったことをうかがわせた。勝負度胸も満点。素晴らしい将来性を改めて実証したと言えるのではないか。シャンパンファイトで先輩たちにからかわれていた愛されるキャラも良かった。次回大会は佑ちゃんと一緒のユニフォームを着ているかもしれませんね。

岩隈久志
 今大会のベストピッチャー。プレッシャーが最大のところで、素晴らしいピッチングを見せてくれた。ストレートも変化球も決して浮かせることなく、淡々とアウトを取っていった。持っている力を最大に発揮した選手は岩隈なのではないか。今年もケガさえなければ、また20勝するのは間違いなさそう。とにかく素晴らしかった。彼が本当のMVP。

馬原孝浩
 クローザーの前のポジションを期待されたが、コンディションが上がらず苦しんだ印象。ストレートとフォークが持ち味のピッチャーはこのような国際試合だと、ただでさえストレートに強いバッターだらけなので、ストレートがキレてないと抑えられない。その点、厳しかったように思うがよくがんばった。

杉内俊哉
 左のロングリリーフとして抜群の働きをした。小柄な杉内が大柄なバッターを圧倒していくのは見てて痛快だった。140㌔そこそこのストレートでも、抜群のキレで相手バッターは明らかに振り遅れていた。また勝負所でさらにギアを上げられる勝負根性はアッパレ。日本の左のエースであることを見事に証明した。

内海哲也
 抜擢されたグループ1位決定戦の序盤は明らかに緊張していたが、なんとか試合を作った。投げたのは結局この試合の2回と1/3だけ。しかしそれ以上の貢献をしたように感じられる。この経験は今後の選手生活の大きなプラスになるだろう。

山口鉄也
 韓国戦に3度登板し、その都度ゼロに抑えた。左の抑え専門として、非常に大きな働きをしたと言えるだろう。まだ25歳。この経験でもう一回りも二回りも大きく成長するのではないか。

岩田稔
 初登板だったコールド勝ちした韓国戦は良いピッチングを見せた。大きなカーブを武器に初見のバッターには打たれないのではないかという印象を残したが、そのあとは尻すぼみ。アメリカに渡ってから疲れがたまってしまったようで、ブルペンでもあまり見られなかった。彼もまだ若いので、この経験をプラスにして欲しい。

藤川球児
 日本の守護神としてチーム入りしたが、結局最後までコンディションが上がってくることがなかった。もともとスロースターターだけに懸念していたことだが、悪い予感が的中してしまった。球児らしい「火の玉ストレート」を見せることなく、ダルビッシュに守護神の座まで奪われた。本人としては大変に悔しいはずだが、これで代表を引退するなどと言わず、次回にリベンジを果たして欲しい。

2009年03月25日

■侍JAPAN V2達成!!
日本のWBC優勝、V2シビれましたね!

仕事があったのでなかなかLIVEで見ることができなかったけど、素晴らしい戦いぶりでした。



特に今回強く思ったのは、原監督の采配ですね。

短期決戦ということで、名前のあるなしに関わらず調子のいい選手を使っていく姿勢が徹底していたように思います。

それがとりわけ見えたのが、クローザーとしてのダルビッシュの起用。
絶対的な守護神として期待されていたはずの藤川の調子が上がらないとみるや、スパっと切り替えてきた投手起用にはかなり驚かされました。
あの性格の球児をクローザーとして使わないということの重大さが、阪神ファンとして痛いほど感じられるので、それはもうビックリしましたね。
情に動かされやすい星野さんにはできない采配だと思いました。仙さんならまず間違いなく球児と心中したでしょう。
「あいつを使ってやらんでどうするんや!」と(ちなみに試合後、球児は「納得はしていない。でも起用法はベンチが決めることだし、決して誰かを憎んではいない。“クソッ”と思う気持ちは胸にしまっておきます」「ダルビシュや新しい世代が出てきた。だから僕の出る幕はもうないでしょう。もし仮に選ばれたとしても、“イエス”とは言えないかもしれない」」という旨の発言をしたそうです。終わったばかりなのでまた気持ちが変わるかもしれませんが、まだまだ若いので続けてやってもらいたいです)。

野手の方も、実績のあるメジャーリーガーの福留を外して勢いのある内川を使ったり(左右があるにせよ)、調子の上がらない選手に固執して使い続けることをしませんでした。
これは当然の戦い方のように思えますが、エゴの強いスター選手たちばかりのチームではなかなかできないこと。それだけチームの雰囲気が良かったとも言えるかもしれません。「勝つということ」に向かってチームが一丸になっていたのでしょう。そういうチームを作った原監督以下の首脳陣には心から賞賛の言葉を送りたいと思います。


各選手についてのコメントはまた改めて。
とにかくV2おめでとうですね!素晴らしかった!おめでとう!

2009年03月20日

■第2R1組を1位通過!
今日は勝っても負けても大丈夫という逆に難しい試合。
だけど同じ相手に3連敗していいのかというのもあり、余力を残しながらも勝つことが要求された試合でした。

今日は仕事があったので、映像見られたのは昼の時間のみ。あとはケータイでちょこちょこ経過をチェックw
というわけで試合内容については詳しく分かりません。今日の夜にCSで見る予定です。

でもまあ勝って良かった。次の相手がどうとかよりね。
まだ使ってなかった選手を使えたのも良かったと思います。小松とか自信喪失中で使い物にならないだろうと思ってたのに、フタを開けてみたら2回2/3を無安打5奪三振だから。
次があるかどうか分からないけど、この選手は思ってたよりずっと精神的にタフなんだということが分かった。
マーくんも一発打たれちゃったけど、これはいい経験になるでしょう。ストレートがいくら走ってても、世界には真っすぐに滅法強い打者がゴロゴロいる。
マーくんはこれからの代表を背負っていくピッチャーだからね。近いうちに先発三本柱とかに入ってこなくちゃいけない存在。これを糧にして、ますます大きくなっていってもらいたいと思います。
ちなみに次回大会はハンカチ王子もJAPAN入りしてくる可能性あるよね。

さてバッターの方は、打ちも打ったり15安打。
イチローはまだ本調子じゃないようだけど、青木は絶好調だし、岩村・稲葉にも当たりが戻って来た。
あとは福留かな。今日出なかったし。
それに大変なのは村田の離脱。調子も悪くなさそうだったし、貴重な右の大砲が抜けたのはいかにもまずい。
栗原が代わりに呼ばれるらしいけど、いきなりチームにフィットするのは難しいでしょう。うーむ、だけど原監督は栗原先発で使うかな?どうなんだろ?
オープン戦では今のところ、.320で2本塁打か。ふむふむ。

1 9 イチロー
2 6 中島
3 8 青木
4 2 城島
5 7 稲葉
6 3 内川
7 5 岩村
8 D 栗原
9 4 片岡

こんな感じでしょうか。稲葉DHで、内川レフト、栗原ファーストも可。もしくは栗原の状態が良ければ、もっと上位で(城島とスワップ)使ってもいいかも。片岡のサードは怖いので、二遊間は若獅子コンビにしてもらって、経験のある岩村をサードで使って欲しい。
ピッチャーは松坂でしょうね。で、決勝はダルに任せると。それでいいです。 

2009年03月16日

■キューバとの実力差
vsキューバ戦見ました。

結果から言えば、先発がチャップマンで良かったね。あそこまで脆いとは思ってなかった。
というかキューバはあの投手を先発させなくてはならないほど台所事情が厳しいと言えるかもしれない。
それほど日本とは投手力に決定的な差があったように見えました。

バッティングはさすがにものすごいスイングするし、守備力も身体能力と比例して高い。
だけどキューバの投手力がもし本当にこの程度だったとしたら、準決勝以上に行くのは無理ではないでしょうか。
短期決戦で打ちまくって勝つなんていうのは、なかなか望めないからね。やはり短期決戦は投手力。
その点、ジャパンは強いです。きっとどこよりも。

松坂は盤石でした。全くあぶなげない。安心して見てられましたね。
メジャーに行く前より、ストレートの威力なんかは落ちたように思えますが、あの貫禄は後から付いたもののような気がします。
国際大会でも一切物怖じしない。いつも通りのピッチングができるのは、素晴らしい強みです。
ダルビッシュもこういう精神状態で臨めればいいのにね・・・。がんばって欲しいです。

打線も序盤からつながった。中島不在でも問題なかったですね。
不調だった岩村のバットから快音が聞かれたし、ムネリンも代打でヒットを打ったし、二遊間スタメン争いが激しくなってきました。
あとはイチローと福留ですね。イチローを外せないのは当然ですが、福留の所は稲葉もいます。

次の相手はどちらでしょう?力的にはメキシコの方が上かもしれません。
どちらにしてもお昼からなので、LIVEで見るのは難しそうです。残念。

2009年03月16日

■2009年に読んだ本 #13
菊と刀 (光文社古典新訳文庫)菊と刀 (光文社古典新訳文庫)
(2008/10/09)
ルース ベネディクト

商品詳細を見る

2009年03月11日

■カーネル発見と玉置の怪我
さてさて今日は2つのニュースがあった。
じゃ、まずは明るい方から。


カーネルさん、見つかったって!!
いやー、まさか出てくるとはね。ホントに驚き。夢みたいな話だよ。
もう流されちゃったと思ってたけどなぁ。出てくるもんだなぁ。
甲子園にディスプレイするとかはよく分からないけど、まぁなんていうか喉に引っかかってた小骨がふいに外れた感じがします。
とりあえず良かった。これで今年はイケるかな!


で、良くないニュースは、ここでずいぶん推していた玉置が故障したこと。
昨日だったけ、オープン戦で途中まで完璧に抑えていながら急に肘に違和感を感じて降板してた。
それで今日検査を受けた結果、内側側副靱帯(じんたい)損傷だって。
手術するレベルではないそうだけど、これはものすごく残念。ガッカリです。
せっかくのところまで来てたのに・・・・・。本人が一番ガッカリしてると思うけど、まぁもう起こってしまったものは仕方ない。
夏ころに、きっと若手の力が必要な時が来る。その時までにしっかりと治して、牙を磨いでおいて欲しいね。

2009年03月09日

■侍JAPAN破れる
残念ながらジャパンは韓国の前に屈しました。

打てないとね・・・。初めて見るピッチャーだから難しいだろうけど、今日はほとんどのバッターが振り遅れてたように見えた。
特に村田、稲葉、小笠原。このあたりが全くノーカンジだったので、打線が分断されたとも言えるかもしれない。ま、他もそんなに打ったわけじゃないですけどね。
正直なことを言えば、ピッチャーをどんどんつぎ込んだように、バッターの起用も柔軟に行って欲しかった。
クリーンアップに代打は難しいかもしれないけど、石原とか片岡、ムネリンみたいな選手が爆発する可能性があったと思う。岩村のところに代打・片岡とかね。
片岡は日本シリーズで見せたように短期決戦に強そうだし、ああいうガツガツ行く感じの選手を先発で起用してみるのもひとつの策だったと思う。結果、代走で使う場面もなかったし。
よく見られることだけど、短期決戦だと待てど暮らせど調子が上がってこない選手は上がってこない。
それまで積み上げてきた実績や信頼を重く見るのは、危険なケースがままある。こういう短いスパンに結果が求められる戦いでは、実績が少なくても、調子のいい選手を起用した方がうまくいくことが多いように思います。
とりあえずサンディエゴでは、そういう起用法も見せて欲しいなと、そんな感じです。

ピッチャーの方は、1失点ならオーケーでしょう。
先発の岩隈もあのイニングまではまさに完璧でした。
突然制球が乱れたのはなんだろうね・・・。次回登板までに修正してもらいたいと思います。

それとひとつ気になったのは、7回表に杉内が先頭バッターを歩かせた後の投手起用。
あそこは馬原じゃなくて渡辺俊では?と思った。相手の走塁ミスで九死に一生を得たけど、ストレートに強そうなクリーンアップに対して、持ち球が少ない馬原をぶつけるのはどうだったんだろう?
イ・デホはアンダースローに滅法弱いらしいし、あそこは渡辺俊が適任だったように感じた。

ま、しかしもう終わったことですから。
アメリカに行ってがんばってもらうしかないですね。
相手はキューバかオーストラリアか。どちらにしても強い相手です。がんばってもらいましょう!

2009年03月08日

■ギラギラ
さきほどGAORAでvsスワローズ戦@倉敷がやっていたのでしばし観戦。
4回から8回裏まで見ました。

思いついたことから先に書いておくと、ツバメの新外国人投手・李はあんまり怖くなさそう。
まだ調整段階だとしても、う~ん・・・・・並? 全然左投手としての強みというか怖さみたいなのが感じられなかった。
次に投げた佐藤(アキバ)の方がキレも角度もあって、よっぽど良く見えた。というか佐藤はレーシックでもしたのかな?眼鏡がないと誰か分からないよ。

タイガースの投手陣では、残念ながら安藤の登板は見られなかったので、コメントなし。
次に投げた金村暁はまずまず抑えてたね。球威は全然ないんだけど、ストレートとフォークを制球よく操ってた。あれが金村の真骨頂でしょう。
虎は先発枠が、非常に残念なことに、埋まってないので金村暁は十分以上にチャンスがあるんじゃないでしょうか。

現状の先発枠争いを整理してみると、安藤、岩田、下柳までが当確。
そして次のグループに、金村暁・玉置・福原・久保・阿部・上園・石川・白仁田あたりが抜きつ抜かれつの争いをしてる。
個人的には玉置を推したいと前から言ってるんだけど、真弓監督は中継ぎで考えてるのかな?
とりあえず玉置は1軍に常に置いておくレベルまでの評価は得ているでしょう。
玉置の何がいいかってね、あのガツガツ来るところが好きだなぁ。あのどん欲さはいいよ。
同期のダルや涌井ほどセンスに恵まれてるわけじゃないけど、「負けてなるものか!」ってところを表に出してるのがいい。
タイガースにはそういう選手が極めて少ないし、こういうギラギラしてる若手にはチャンスを与えなきゃ。本当に期待してます。

さて、打つ方で目についたのは岡崎かな。
正直言って、岡崎はもう終わったと思ってた。去年暮れにでも解雇になるのかと。試合もあまり出てなかったし、キャッチャーとしての出番も少なかったでしょ。
もともと打力がある選手じゃなかったし、キャッチャーとして出られなきゃもうクビだと思ってた。松下に遠慮して2年くらい猶予をあげてる途中だと思ってた。
ところがどうよ?なかなか大したものじゃない。
このまま行けば、矢野に次ぐ第2捕手の座は取れそうだ。他が元気ないのは寂しい限りだけど。
もっとギラギラしてってちょうだい!

2009年03月06日

■石川炎上
試合は全く見てない(というか放送自体あったか知らない)けど、真弓阪神また負けたみたいねw
なぜだかオープン戦のオリックス戦は負けてばかりな気がする・・・。まぁ別にいいけどさ。

というわけでテーブルスコアだけ見てると、開幕ローテに入ってくると思ってた石川が打ち込まれたみたい。
5回に5連打浴びて3失点。うーん、どうしたのかな?疲れかな?
でもまだ疲れとか言ってられるほどの余裕はないはずだから、また先発枠争いが熱くなりそうですね。
石川はすごいボールないけど、ベテラン風の安定感があって良さそうなのだけど。
個人的にはやはり玉置を推したいと思います。白仁田も出て来て欲しいね。

打線は鳥谷と新井がアベック弾を放ったとか。
新井に力があるのは分かってるから、今年は鳥谷がクリーンアップでどこまで伸びるかが注目。
今年こそは一皮剥けてもらいたいなぁ。同じワセダの上本はここにきて壁にぶつかったようだ。ま、当然か。ここからだぞ、上本クン!


ちなみに浜ちゃんはまた苦しいようです。打てないなぁ・・・。

2009年03月05日

■WBC 1R vs中国
最後まで見られなかったけど、中国戦だいたい見ました。

確かに印象としては消化不良。残塁が多かったです。
打線がなかなかつながらなかったし、頼みのイチローも5タコ。

楽観的すぎかもしれないですけど、大丈夫でしょう。
国際試合は難しいですよ。格下中国相手でも、これくらい手こずることはある。
時期も時期ですしね。バッターの目が慣れてない。そしてこれは相手も同じ条件。

ということで大会が進んでいくにつれて、打線は活気づいてくるのではないかと思っています。
そうなればジャパンはピッチャーがいいですから、自然上の方に行けるのではないでしょうか。
まだ3月初旬ですもん。打てなくても、そんなに心配することないです。騒がなくて大丈夫だと思いますよ。

2009年03月05日

■09年に読んだ本 #12
悩む力 (集英社新書 444C)悩む力 (集英社新書 444C)
(2008/05/16)
姜尚中

商品詳細を見る

2009年03月04日

■さらば、ハシケン!
ハシケンがトレードでロッテへ。
代わりに久保が来るとのこと。

タイガースは先発要員が欲しいということで久保を獲ったらしいけど・・・・うーむ。
ま、正直期待はあまりしませんよ。そこまで力のある投手じゃないし、金村暁よりも難しそうだし。
フロントは三浦が獲れなかったことを痛手に感じてるのかな?
いいじゃない、若手に競らせれば、と思うけどねぇ。
ロッテは先発陣が驚くほど充実してるから、久保がトレード要員になったんだろうね。
それにしても岡崎の株が急に上がって来たこともあって、かつての松下電器バッテリーが見られるかもしれない状況になった。

ハシケンはいなくなるの寂しいね。あのベテラン顔、好きだったw
ロッテは中継ぎが厚くないから、十分出番がありそうだ。近年タイガースではあまり出番に恵まれなかったから、新天地で是非がんばってほしいです。
ハシケン、がんばって行ってこい!!!

2009年03月03日

■09年に読んだ本 #11
ことばと文化 (岩波新書)ことばと文化 (岩波新書)
(1973/01)
鈴木 孝夫

商品詳細を見る
再読

 | Blog TOP | 

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索