つれづれなるままに
2007年11月

2007年11月26日

■濱中治、オリックスへ
はっきり言ってショックです。
時間が経つにつれてショックの度合いが大きくなってきました。
しかも濱ちゃんのブログ読んでたら、なんだかしんみりしちゃって・・・・・力抜けた。

このトレードがどう、とかはもう言いません。
自分と同い年でずっと応援してた濱ちゃんがタイガースを去るのは本当に寂しいし、残念です。
虎の4番・・・・・・なれなかったなぁ。場外ホームランも打てなかった・・・。

濱ちゃん、悔しいだろうけど、オリでがんばってくれ!阪神を見返してやれ!濱ちゃんのユニフォーム着て、きっと大阪ドームまで遠征する!俺はあんたが現役でいる限り、応援し続ける!!


53年組は今シーズン始まる前に金澤(54年の早生まれ)が抜けて、ヤスがハムに行って、三東と相木が解雇されちゃったので、残りはセキと林ちゃん(54年の早生まれ)だけに・・・・。
一挙に減っちゃったけど、まだまだ終わってないぞ!がんばれ、同い年!俺もがんばる!

2007年11月22日

■阪神・新井が誕生
カープの新井がタイガースの新井へ。

まずザックリ戦力的なこと考えたら、この補強はデカイことこの上なし。
だって全日本の4番ですから。12球団でも最強クラスの右バッターですから当然。
どこも右の長距離砲はなかなかいないですからね。新井みたいな選手が加わるのはものすごくデカイ。去年多村が加わったソフバンよりデカイでしょう。
これで不振の今岡の尻に火が付いて、また復調してきてくれればありたがたいし、桜井なんかへの刺激にもなるでしょう。


ただカープファンのことを考えると、ちょっと忍びない。
6位で入った選手がね、チームの4番を立派に務めるまでに育ってのFAだから・・・・。
どうしても人気もあってお金もある球団にFA選手が流れて行ってる。これはある意味、資本主義の観点から言って仕方のないことだけど、日本のプロ野球みたいなクローズド組織ではどこかが突出して、戦力を上げてしまうのはいかにもまずい。
野球界全体での底上げが求められるので、そのためのシステムを作らないくちゃいけない。つまり経営的に負けている球団をいかに持ち上げていくかということ。人気に差が出て、観客動員数の差から来る儲けに格差が出てくるのはやむをえないでしょう。人気を操作するのは大変なことですから・・・。もちろん各球団精一杯の営業努力をした上での話だけど。
ならば戦力を均衡させるシステムを作ることで、どこも横一線、毎年優勝チームが変わってエキサイティングみたいな環境を観客ならびに視聴者に提供する。
そのためにはまず入り口を整えてあげること。つまりドラフトにおけるウェーバー制の導入が必要だと考えます。
これはもう必須でしょう。個人的にはくじ引きのスリル感が大好きなんだけどね・・。

とりあえず今回はこれだけ。またFAについてとか書いていきたいと思います。

2007年11月19日

■大社ドラフト2007
今日は大学・社会人ドラフトがありました。
個人的には高校生ドラフトほどテンションは上がらず、また今年は忙しさにかまけて情報不足!選手がよく分かってないのですが、とにかく注目であることは間違いありません。

さて、我らが阪神タイガースは以下の4選手を指名しました。

1巡目 投 手 白仁田寛和 福岡大
3巡目 投 手 石川 俊介 上武大
4巡目 投 手 黒田 祐輔 シャンソン化粧品
育成 内野手 田中慎太朗 立正大



大場外したのは普通に痛かったですね。
外れ1位の白仁田は故障持ちとか・・・。というか実際に見たことがないので、いいのか悪いのか判断できません。
3巡目の石川はこないだの神宮大会で高い評価を受けていたようですね。
毎年ここらへんの順位の選手は結構即戦力でやってくれてるので、石川には特に期待してみたいです。

それと今回指名した選手はみんなサイズがありますね。サイズがある=良い、とはすぐには結びつかないんだけど、これだけスケールが大きいとなんだか妙な安心感がありますw
伸びしろが大きいんじゃないかとか、ね。


他のチームの指名でいえば、日ハムが目立ちますね。なんせあの多田野を指名ですから、それは際立ちます。
宮西を3巡で獲得したのも大きいと思います。2回クジで外した割にはいいドラフトだったんじゃないでしょうか。

あとはなんと言っても、楽天・島田球団社長の化物級の引きの強さでしょう。
この人ホントに凄すぎる!新井もいいが、うちはこの人をFAで取るべきだ!


最後になりますが、今年も指名漏れした選手が何人もいますね。
池辺啓二はもうプロへの道は閉ざされたっぽいです。あと堂上隼人も指名ありませんでした。
早稲田の三冠王・田中幸長もスルーされました。この選手はちょっと難しいですね。打撃以外いいところないし、その打撃にしたって特に素晴らしい飛距離があるというわけでもない。また三冠王+早稲田主将という勲章ぶら下げてるので、もし結果が出なかったときの扱いが難しい。彼はどこ行くんでしょうね?トヨタとかかな・・・。
それと荒波翔が見送られましたのは意外な気がしました。横浜が獲ると思っていたのですが。
平野貴、筑川、藤江、佐竹、陶山あたりも華麗にスルー。
そんなドラフト総括です。

2007年11月14日

■神宮球場、大改修
神宮球場が26年ぶりに大改修して、両翼が101メートルに拡張されるらしい。
広島にも新球場ができるし、これで「一番ホームランが出やすい球場」の座は東京ドームで安泰ですね。


まぁでもヤクルトはなんとしてもラミレス引き止めないとダメでしょう。今年の打点王だし、あれだけの人気選手。流出なんて愚の骨頂だと思いますよ。

2007年11月13日

■鉄人、逝く
プロ野球西鉄のエースとして通算276勝、シーズン最多の42勝を挙げ「鉄腕」の異名をとった稲尾和久氏が亡くなった。

もちろん現役時代は見ているわけもないが、日本プロ野球界史上ナンバーワンといっても過言ではない伝説のピッチャーだったと。


ご冥福をお祈りいたします。

2007年11月12日

■濱中はオリに行かない!
濱ちゃんがオリックスに放出なんて記事がスポニチに出てるけど、これはないでしょ!
だってなんの得すんの?って思う。
交換相手として川越・後藤・平野恵の名前が挙がってるけど、これもお粗末というかなんというか・・・。

2桁勝利した投手が一人もいないオリックスが、今年は4勝しかできなかったにせよ開幕投手だった川越を出すとは思えない。ましては交換相手が故障持ちで、打撃も復活していない選手。DHはローズと清原で満席状態。このトレードはないと思う。

後藤にしても平野にしても内野手でしょ・・・。FAの新井もいるだろうし、坂とか野原とか大和とかもいるし、わざわざ右の代打1番手候補を放出してまで、内野のレギュラーになれない中途半端な選手を獲得する意味が分からない。おおかたスポニチが年俸とかの釣り合いが取れそうな選手をただ挙げただけじゃないかな。

これはないと思う。
そんな感想です。

2007年11月11日

■アジアシリーズ閉幕
アジアシリーズ、なんとか中日が勝ったけどね・・・・もうちょっとなんとかしてもらいたいよね。

韓国があれだけ本気で勝ちに来てるんだから、日本も余裕コイてないでもっとガチンコでぶつかっていかないとダメだと思う。
実際初戦はのんびり構えてたら完敗したわけだし、台湾にも中国にも簡単に勝てなかった。

もちろん日本のプロ野球が他のアジアの国のものと比べて歴史もあるし、規模も違うし、レベルも高いのはよく分かるけど、国際大会なんだからもっと真剣にやらないと相手に失礼ではないでしょうか。
日本シリーズのあとで選手は疲れてるでしょう。だけど打線の柱である4番バッターは大会に出場せず帰国しちゃうし、投手陣のエースは高みの見物。

見てて大変歯痒いアジアシリーズでした。

2007年11月06日

■ヤス⇔金村のトレード
いきなり発表されたヤス⇔金村のトレード。
ちょっとびっくりでしたねぇ、えっ?1対1?って。

なかなかないでしょ、ここまで年俸の釣り合いが取れてないトレードって。
でもやっぱり日ハムは高年俸(推定1億8000万)の金村を放出したかったんだろうね。優勝査定もしなきゃいけないし、今後を考えると金村の扱いが難しくなっていくというか・・・。
間違いなくファイターズの功労者であるわけだから、あまり邪険なことはできないじゃないですか。ただでさえ佐藤コーチとか淡口コーチの解任劇でファン心理を逆撫でしてるし。
だけど若手が育ってるしね・・・・首脳陣に楯突いて重いペナルティー受けた過去もあるし、FAの問題もある。

この難しい人材をどう処遇するか。
結果、実績はないけれども能力の高い左腕投手とのトレードということになったわけだけれども、それでも金村は納得してないんじゃないでしょうか。
はっきり言うと、1対1では格好がつかない。
せめて濱中クラスとか・・・・そのあたりじゃないと、まとまりが悪い。すっきりしない。

まあしかし決まったものは決まったものとして、どちらにも新天地でがんばって欲しいですね。
特にヤスは、個人的には同い年ですごく応援してた選手だし、なんとか1軍で力を発揮してもらいたい。殻を破ってもらいたい。
北海道に行っても応援し続けるよ!

2007年11月01日

■秋季キャンプ中
今日で日本シリーズが終了したけど、忙しくて試合はほとんど見れておりません。。。
1試合だけ見れた試合が、中日が初回に大量得点したつまらない試合・・・。
なんだか個人的には、今年のプロ野球は尻すぼみの印象でした。


一方、我らがタイガースは安芸で秋季キャンプ中。
こちらもあまり情報が追えてないんですけど、投手にも野手にも怪我人続出みたいですねぇ・・・。
特に期待してた鶴が疲労骨折とかで、ホントにもったいない。
なんぼすごいセンスを持ってても怪我しちゃ元も子もないからね。これで来年沖縄からスタートする可能性はなくなりました。

そんな中、広澤打撃コーチのブログがやや賑やかになってきたというか・・・。
前任者の正田さんが重しになってたんだろうねぇ、やっぱり。
今は羽根を拡げて、自由に指導できてる感じが文章から伝わってきます。
とにかく今年の打撃陣は酷かったし、広澤さんの指導には期待してますよ!

 | Blog TOP | 

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索