つれづれなるままに
2007年10月

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年10月28日

■早慶戦 #1
早慶戦見に行ってました。
春ほどではないんだろうけど、さすがにすごい人。
でもなんとか1塁側のいいところに座れました。


試合はまず佑ちゃんですよ、佑ちゃん。初ハンカチーフ。
人気あるねぇ。すごい別格ですよw
だけど調子の方はというと、イマイチ来てなかった。疲れてんのかな・・・。ストレートがほとんど130キロ台だったし、変化球でもストライク取るのに苦労してた。
空振りを取れる球が全然なかったのも苦しんだ原因だけど、途中からは慶應打線の早打ちに助けられたと思う。もっと見られてた方がイヤだったんじゃないかな。

その後継投した大石は思ってた以上にまとまっているというか、オーソドックスでいいピッチャーだと思った。
ストレートも148キロくらい出てたしテンポもいい。松下とか須田よりずっと安定感があった。

須田は情けなかったなぁ・・・。明日の先発だろうと思ってから今日の登板はないかと思ってたけど。
彼は若干暗黒背負ってるね。負け運に恵まれてる。軽い死神系。
能力があるのは認めるけど、大事な試合を任せるのは怖いと思う。

それに引き替え、慶應の加藤幹はさすがのピッチング。ドラフトの目玉クラスの力を見せましたね。
12回を被安打6、無失点だから全くもって文句のつけようがない。
スピードはあまり出てなかったけど、力がワンランク上だった。さすがです。

野手の方で言えば、今日は本田にとって酷い日だった。
打つ方では加藤に全くタイミングがあってないわ、エラーはするわで・・・。
最後の内野安打をアウトにするのはかなり難しいけど、うまいショートだったらなんとかなったかもしれない。捕球後、足を滑らせてたから・・・。
俺が應武監督だったら、早々に本田を替えてたと思う。今日はまったくダメそうな空気を出してた。


さ、第2戦は誰が先発するんでしょう。
慶應は中林でしょうね。
早稲田はずいぶん投手使ったからなぁ・・・・。誰だろ、楠田かな?最後、肩作ってたし。
ま、楽しみですね。
スポンサーサイト

2007年10月26日

■ドラフト改革案
根来案、よく分からないですねぇ・・・。
なんか考えすぎて深みに嵌ったみたいな案だなぁ。
行きたい球団を事前にいくつか挙げるなんていうのは論外です。

正直、12球団全部の希望を叶えるなんて土台無理な話じゃないでしょうか。
コミッショナー裁決でバチっと決めてもらっていいと思いますが、まぁそこは色々難しい事情がおありなのでしょう・・・。

個人的には完全ウェーバーにして、戦力均衡を図るべきだと思ってます(これがドラフトの元々の目的ですが・・・)。
だけど抽選の魅力もたまらないものがありますからね、できれば1巡目だけ重複したら抽選にしてもらえたら嬉しいです。

2007年10月23日

■田沢純一、残留

社会人No・1右腕の田沢が残留表明(スポニチ)


まだ若い(今年解禁)だからいいけど、残留は驚きましたね!
当然1巡候補として競合しそうな感じだったから・・・。
高い評価で入れるときに入った方がいいと思うし、力のある選手だから1年でも長くプロでやって欲しいというのもあるなぁ。
まぁ、しかし驚きました。

2007年10月20日

■讀賣と中日
セ・リーグもクライマックスシリーズの勝者が決まりました。

でも不思議ですね。
あれだけ嫌いな讀賣をちょっと応援してましたよ。
中日の方が嫌いになったのかなぁ・・・。
あんまり意識してなかったんだけど、脇谷のポール際の当たりには「行け!入れ!!!」とテレビの前で叫んでました。

やっぱり讀賣は最近弱かったからね・・・。
中日っていやらしいし・・・。
多分そんなとこだと思います。

2007年10月16日

■日ハムとロッテにみる阪神とのチーム力の差
日ハムvsロッテの第4戦見ましたけど、いい試合でしたね~。
今シーズン、ずっとタイガースを見続けてきたからこそ思えるのですが、この2チームは今季のタイガースよりチーム力が上です。
突出したスーパースターみたいな選手はいないんだけど(ダル以外)、全員がチームの歯車として機能していて、監督含め首脳陣がしっかりと制御している印象。
うちはそれがなかった、残念だけど。首脳陣の力にも差があるように思えます。

パのCSも大詰め。
最終戦はダルビッシュvs成瀬ということで目が離せませんね。

2007年10月15日

■来季のコーチ人事
終戦から一夜明けました。

今日のスポニチ大阪版に来季のコーチ人事についての記事が出てますね。
記事によると、真弓さんを打撃コーチのヘッド格として招聘して、正田コーチは今季の打撃陣の不振の責任を取って退団とのこと。
正直、正田コーチは仕方ないんじゃないでしょうか。数字的に見ても今シーズンは酷かったし、広澤コーチの出る幕がないくらいずっと前面に出てたからね。
あの打撃成績で人事異動がなく来シーズンを迎えるのはちょっと考えづらいので、これは妥当だと思います。
それにしても真弓さんがタイガースに復帰するのは楽しみです。あんまり明るい人ではないし、普通に怖いコーチだと思うので、ベンチが暗くならないか心配だけど、真弓明信が再びタイガースのユニフォームに袖を通すことは純粋に大歓迎です。

一方の投手コーチの方はなんか動きあるんでしょうか。
投手コーチは役割分担がはっきりしているから責任の所在もはっきりするよね。
今年で言えば、中継ぎ投手陣がフル回転で獅子奮迅の働きをしたのに対し、先発投手陣はボロボロ。
中西コーチが株を上げて、久保コーチが下げたような格好です。
まぁでも福原とか安藤は自分で故障したので久保コーチを責めるのはちょっと可哀想かな。このへんは微妙なところがあると思います。
が、若手がイマイチ育ってないのは問題。というか若手にもっと1軍での実戦機会を与えてないのが問題。
上園だけ後半から登板機会をもらってたけど、玉置とか若竹とかを上で使ってあげないと。日ハムみたいにさ、成長させるために、ある程度弱点に目をつぶって使い続けるみたいな起用法をして欲しい。
そういう「思い切り」を期待します。

2007年10月14日

■終戦です
負けたね。シーズン終わったよ・・・。


今日も先発が試合を作れず、連敗してた時と同じ流れ。
今日は相手をスミ1に封じたけど、いかんせん初回の5失点は虎の貧打線を考えるとあまりに重かった。

打てないのも当然あれだけど、なんだか元気ないよね。あれなに?
食らいついていく気合いとか、ヘッスラも辞さない闘志とかそういうのないわけ?
精神論とかはあまり好きじゃないけど、でも勝負は技の部分だけじゃないでしょう。
もっと「絶対に勝つんだ」っていう気持ちを見せて欲しかった。
コーチにも選手からそういう熱い部分を引っ張り出すような情熱みたいなものを見せて欲しかった。今シーズンはずっとそう思ってた。


ま、なにはともあれ終わってしまったものは終わってしまったので・・・。
反省するところは反省して、次の秋季キャンプに備えてください。
あと大学・社会人ドラフトで大場を是非!先発コマが足りなすぎです。

タイガースのみなさん、そしてファン&虎ブロガーのみなさん、今年1年お疲れ様でした!

2007年10月13日

■何度も見た光景
なに、この見慣れた光景・・・・・。

先発が早々と崩れ、打線は沈黙。
中継ぎが我慢しきれず、ダメを押される。
最後の最後で打線が抵抗を見せるも、ハイ、そこで終戦。


今シーズン、この光景を何度見てきたことか・・・。

それにしてもシモさんは酷いやね。今年はもうずっとこんな感じな気がするよ。
これは果たして不調なのか、衰えなのか?
今オフにFAでしょ?どうすんのかね。
昇給とかはムリだと思うんですけど・・・。正直、複数年も微妙かもしれないよ。


あ~、もう気分悪っ。しょこたん並に気分悪いわ。
明日はなんとかしてくれよ先発と打線!

2007年10月03日

■高校生ドラフト
一回書いたのに消えちゃったよ・・・・。

えと。。。


中田はやっぱり外しましたねぇ。どん様が引けるとは思ってなかったけど、外してみると痛いもんです。
あれだけの右バッターはなかなかいないですし、育てるのも難しいですから。

だけど今年のどん様はここからが違った!
外れ1位でソフバンと競合した高濱卓也を引き当てる快挙。
左の内野手(リードオフマンタイプ)は補強ポイントから外れてるけど、いい素材を取っておこうという判断だったのでしょう。
というわけで今年の指名は以下のようになりました。

1巡 高濱卓也 内野手 右左 横浜高校
3巡 森田一成 内野手 右左 関西高校
4巡 清原大貴 投手   右右 常総学院




横高からの指名となると高井以来でしょうか。そうすると20年ぶりかな?
なんかタイガースと横高ってイマイチ結びつかないイメージがありますね。
まあとりあえず高濱は、ファームでバンバン使ってあげてください。
使わないと伸びないからね。日ハムを見習って、どんどんチャンスをあげて欲しい。

3巡以下は勉強不足です、あまり知りません。
春のキャンプリポート高知編でチェックしたいです。


他の球団の指名は後日時間があるときに触れてみたいと思います。

2007年10月02日

■惜別球人1
途中出掛けてしまったので、試合はほとんど見てないです。
もう調整モードでいいです。ムリして使うことない。どうせ使ったって打てないんだから。
しっかり休ませるしか、状態を上向ける方法はない気がします。
なので今日は野口が頑張ってくれたけど、明日はキャッチャー・小宮山で結構。
初めから最後までマスクかぶらせてあげて欲しい。


さて話題変わって、惜別球人。もうそんな季節ですね。
今年から2段階に分けて戦力外を通告するシステムになったそうで、今日からがその1発目。実績のない選手(引き取り手が少なそうな選手)を各チーム、数名に解雇を言い渡しています。


阪神ー三東洋(28)、田村領平(23)、水落暢明(22)、大橋雅法(21)

中日ー未発表

讀賣ー酒井順也(26)、吉川元浩(28)、十川孝富(26)、下山学(23)、作田啓一(23)、芦沢明(23)

横浜ー堤内健(27)、稲嶺茂夫(29)、佐久本昌広(33)、後藤伸也(25)、飯田龍一郎(22)、ミツル(田中充)(28)

広島ー木村一喜(30)、梅原伸亮(24)、田中敬人(28)、仁部智(27)、岡上和典(28)、飯田宏行(27)

ヤクルトー石堂克利(27)、田中充(32)、宇野雅美(29)、山田裕司(22)、丸山泰嗣(28)

日ハムー鎌倉健(22)、中村渉(28)

ロッテー黒木知宏(33)、山崎健(34)、龍太郎(土居龍太郎)(26)、藤井宏海(21)

ソフバンー田之上慶三郎(36)、倉野信次(33)、川口容資(20)、斉藤秀光(32)

西武ー河原純一(34)、宮越徹(29)、松川誉弘(22)、黒田哲史(32)、内田和也(23)

楽天ー河本育之(39)、谷中真二(34)、徳元敏(31)、富岡久貴(34)、藤崎紘範(27)、長坂健冶(29)、竜太郎(31)、金森久朋(27)

オリックスー吉田修司(40)、妹尾軒作(26)、松村豊司(26)、町豪将(25)、長田勝(23)、柴田誠也(22)


まだ出そろってませんが、この中で言えばまず佐久本
以前バースディで解雇劇を取り上げられてましたが、今回は厳しそう。

ロッテの藤井は可哀想だね。
チームの都合で投手にされたり野手にされたりして・・・・。
高校時代から知っている選手なので解雇は残念です。

西武の黒田(というか新山千春の旦那)はどうすんのかね。
戦力としては微妙だし、どこも取るところないでしょう。千春の稼ぎで喰っていけるんだろうか。

最後に、何かと球界を盛り上げてくださった泡様
パリーグに行かれてからはさほど目立つことができませんでしたが、球史(お笑い部門)に確かな足跡を残されました。お疲れ様です。

2007年10月01日

■CS進出決定!
帰宅したのが9回表。
なんだか9回の攻防だけで1試合分の点数入ってたね。

と言うわけであんまり見てないんだけど、とりあえずダーウィンはCSで登板機会もらえないかも。
ワンアウトも取れなかったことで球児の休養機会を奪ってしまった。ま、怪我の功名で球児にセーブが付いたけど、タイトルよりしっかり休むことの方が重要な気がする。

あと気になったのは、下さんがマウンド上でぶちギレてた件。
悔しいのは分かるし秀太もしっかりやらなくちゃいけないんだけど、ああいう態度は子供も見てるんだし慎んで欲しい。
テニスなんかじゃ、完全にコードバイオレーションです。


最後に嬉しい点を書いておくと、やっぱり今岡の復活ですよね!
まだ完全復活とはいかないでしょうけど、「らしい」勝負強いバッティングはタイガースに必要不可欠なピースです。
このままCSに向けて調子を上げていって欲しいです。

 | Blog TOP | 

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。