つれづれなるままに
2005年07月

2005年07月31日

■vsヤクルトスワローズ 14回戦
カード負け越し…

相変わらずの貧打貧打。先発投手をまたも見殺しです。

打たなきゃ勝てないですよね。3安打だもん。
っていうかここんとこずっとこんなですよね。
好調なバッターがシーツ先生しかいない。その先生も調子のアップダウンが激しいから、日によって調子が全然違う。

後ろを振り返れば、11連勝中の俺竜が3ゲーム差まで迫ってきました。
ただ今慌てるのは逆効果じゃないかなと思います。
ここはあえて打線にテコ入れするのではなく、今のままで。
セカンドは藤本か関本しかいないわけで、相手投手の左右によって下のようにはっきり打率に出てるので、併用で問題ないと思います。

関本 vs右投手 .198 vs左投手 .297
藤本 vs右投手 .276 vs左投手 .190


あえていえばライトですかね。
ただ今併用されてる桧山とスペンサーも上の藤本と関本のように、数字がある程度併用の正しさを証明しています。

スペ vs右投手 .217 vs左投手 .292
桧山 vs右投手 .244 vs左投手 .208


ですが、桧山のvs右の打率は十分ではないですよね。
他の候補を見てみると、全員右バッターですがvs右の打率が高い。

中豊 vs右投手 .444 vs左投手 .500
浅井 vs右投手 .385 vs左投手 .235
濱中 vs右投手 .305 vs左投手 .211


濱ちゃんを初めから使うのはまだ早いと思いますが、vs右ピッチャーの時に桧山ではなく中村豊や浅井をスタメンで使うのもありかと思います。

2005年07月30日

■vsヤクルトスワローズ 13回戦
大敗・・・

まあこういう日もあるんでしょうが、それにしてもちょっと情けなかったですね・・・
新潟県中越地震で被災した少年野球2チームが招待されてたそうですし、夏休みの週末とあってたくさんの少年・少女ファンが来ていたはずなので、ああいうゲームはね・・・
22安打は言うまでもなく打たれすぎだし、選手会長・今岡のやる気の見えない2つのエラーもいただけなかったですね。


そんな中、第6の先発争いが混沌としてきました。
今までどうにかこうにかその座をキープしていたブラウンが3回1/3・5失点でKO。
前回も背信投球していますし、登板間隔など同情的な要素はありますがそこはプロ、おそらくもう次はないでしょう。それぐらい信用を失ったと思います。

次の候補として挙げられていた能見篤史が6回から満を持して登板。
ここで好投すれば間違いなく第6の先発の座が転がり込んでくるという場面で、プロ入り後最速の146㌔のキレのあるストレートを披露しました。
正直かなり新鮮なカンジがしましたねぇ。なんていうか、能見って今までストレート142㌔くらいしか出てなかったじゃないですか。
だからドラフトかかる前のMAX147㌔左腕っていう触れ込みは、所詮どこかの試合で1回だけ誤計測で出た数字だろうみたいに思ってたんですよ。そういうのって往々にしてあることですし。
ですから今日のあのキレのあるストレートは社会人時代のいい時の能見を初めて見たような感覚がして、新鮮なカンジがしました。
あのピッチングを7イニングくらい続けられれば確実に先発ローテに入ってこれると思うんですけどね・・・・・2イニング目がいただけなかった。
味方のエラーでランナーを出してセットになった途端、球威が半減。
ほとんど滅多打ちにされましたね。あれじゃあ、ちょっとローテ争いは厳しい。


と言ったところで、これといった先発ピッチャーは・・・
あえて挙げれば、筒井和也太陽でしょうか。
筒井は最近ファームで結果を残しているようですが、自分的にはあまりオススメじゃないです。
あのコントロールのなさとリズムの悪さは、見ていてあんまり面白くないんですよ僕的には。4月に一度先発した時の悪いイメージがアタマからなかなか離れない。
自分的には太陽に期待したいですよ。太陽が1軍でがんばる姿を見せれれば、みんなもきっと奮起するはずですし。
岡田監督がどういう決断を下すか注目しています。

2005年07月28日

■vs読売ジャイアンツ 12回戦
濱ちゃん復活

2回の猛攻すごかったですねー。
四球挟んで7連打ですか・・・矢野さんに兄貴、締めは打点王・今岡の一発!
いやあ、正直今日ドームに行ってればよかったと思いましたよw
今日はユタパパさんや赤米さんが行かれてるんですよね。あぁ~、すっごいうらやましいw

安藤もプロ初完投勝利を飾って、結果オーライは結果オーライなんですが、やっぱりちょっと打線がね・・・・
結局今日は3回以降2安打しか打ってないし、合計で15三振はいただけませんよ。
オールスター挟んで、打線上向きになってきたのかなぁーと思ってたんですけど、正直まだあまり変わってきてないカンジがしますね。
和田さんも正田さんも肩身狭い思いしてるでしょうが、なんとかガンバッテほしいです。

さらに今日は濱ちゃんが超久しぶりに守備についた記念日になりました!
濱ちゃんが出てきた時の歓声もすごかったけど、それよりも自分はやっぱり怖さ先行・・・
変な姿勢で捕球するとか、慌てて返球するとか・・・・あの時のトラウマがネガティブな方へネガティブな方へと。
もうしばらくこのトラウマは取れないと思いますけど、とにかく濱ちゃんには無理せず徐々に慣らしていって欲しいですね。

2005年07月27日

■vs読売ジャイアンツ 11回戦
今日も行ってきました東京ドーム。

ヤフオクで間違えて落札したライト指定で敗戦を見守るという最悪の結果に・・・

帰宅後ライトスタンド観戦の感想など追記しますね。
続きを読む >>

2005年07月26日

■vs読売ジャイアンツ 10回戦
後半戦開幕

行ってきました東京ドーム。
結構久しぶりだなぁと思って、前回いつ行ったか調べてみたら4/20のvs読売5回戦以来。
3ヶ月も東京ドームに行ってないなんて初めて(?)に近いので、なんとなく違和感ありました。
やっぱり交流戦があると、ちょっとそのへんも変わってきますよね。
っていうか私、今年まだ神宮1度も行ってないですし・・・・・っていうか神宮自体まだ1カードしかやってないのかな・・・

まあそのへんはさておき、今日の試合はシーツ先生がホームラン3本というまさに東京ドームでのジョージが乗り移ったかのような活躍ぶりで快勝。
投げてはエース井川がまずまずのピッチングで4年連続の二桁、10勝目をゲット。
そして読売さんの自力優勝消滅させちゃいました!w


明日も東京ドームで観戦予定です。
ドラゴンズがしつこく追いかけてきてるので、ウチもひとつひとつ目の前の試合を勝っていきましょう。

2005年07月25日

■敗れし金の卵たち


高校野球の都道府県予選もいよいよ大詰め。
ポツポツ代表校が決まり出しましたね。

そんな中、昨日今日とドラフト候補に名前が挙げられてる選手が次々と姿を消しました。

柳ヶ浦の151㌔右腕・山口俊は間違いなく1位で消える素材だったのに大分県予選準決勝で敗れ、同じく今春のセンバツで豪速球を披露した育英の若竹竜士も天敵・神戸国際大付の前に屈し、デイリーが盛んに「虎の恋人」として押しまくっている報徳学園の片山博視も17三振を奪いながら5回戦で姿を消しました。
また松岡純平佐藤卓真擁する秋田経法大付も波乱の敗北を喫し、昨春甲子園を湧かせた大前佑輔宮田良祐の社もまた大舞台に進出することなく夏を終えました。
さらに「ナニワ四天王」の履正社・岡田貴弘と大阪桐蔭の平田良介に復活の一発が飛び出し快勝した今日、高校生No.1右腕の呼び声高い近大付の鶴直人が名門・PL学園に粉砕され敗退しました。


残念ながら今夏の甲子園で彼らを見ることはもうできませんが、彼らにはまだまだ先があります。
今年の10月に指名を受ける者、大学や社会人を経由する者・・・・・彼らがプロで活躍する日を今か今かと楽しみに待っています(^_^)

2005年07月23日

■夏の神奈川県予選
今日11時からハマスタに高校野球の神奈川県予選を見に行ってたんですよ。
毎年ブラっと見に行ったりするんですけど、今年はなかなか時間が取れず今日が初観戦。
11時から桐光学園×横浜商大があったので、山室公志郎を見ておこうと思って。

SN320090.JPG
ヘタレ携帯カメラ・・・

初めて見たんですが、なかなか柔らかさというかしなやかさがあっていいピッチャーだと思いますね。
だけど、まあ正直言うと、毎年いるいいピッチャーの1人ってカンジに見えちゃいました・・・。将来性とかはよく分からないですけど。
っていうかせっかく見に行ったのに、2回1/3・1失点で降板させられちゃったんですよorz
きっと調子良くなかったからなんでしょうね。

試合自体は引き締まったすごく面白い試合で、桐光が2-1の逆転勝ち。
次の相模原総合×横浜隼人(阪神・小宮山慎二捕手の母校!)も見てきましたが、こちらも息もつかせぬ接戦で面白い試合でしたよ。


今日はやっぱり野球っていいものですね、的な夏の1日でした(´∀`)

2005年07月19日

■vs横浜ベイスターズ 11回戦
ドラフト変革

クルーンの161km/hにはぶったまげましたけど、タイムリー出ないですねぇ~。
ちょっとここのところ貧打が目立ってますよね・・・

最近10試合のヒット数
7-7-7-12-6-17-8-5-6-7 (平均8.2本)


17安打打った試合はボーナスステージみたいなもんでしたから、それを除いたらかなりの貧打ぶりですよね。
誰も調子がいい選手いませんし・・・・・なかなか難しいんでしょうけど、打撃コーチにはなにか動きが欲しいところです。


さて話変わりますが、ようやく今年のドラフト制度が決まりましたね。
高校生分離ドラフトということで、開催は10月3日ですかね・・・まだちょっと確報が得られてないですが、まだシーズン終わってない時期ですよね、これだと。それってどうなのっていうのもありますが、大学・社会人ドラフトは通常通り11月の中旬に行われる予定らしいです。

まあ言われてるように、これは妥協の産物でしょう。
ただぶっちゃけ、くじ引きというドラフトの醍醐味が味わえるのはちょっと楽しみなんですよ。
完全ウェーバーだとくじ引きという概念が消えてしまうので、それはちょっと寂しい気もする・・・

というわけでくじ引きが少なくとも2年間残るということで、今年の上位で指名されそうな有望高校生をザッと。


辻内 平田 岡田 鶴 陽 山口 片山 大前 川端 鈴木

木下 若竹 林 松橋 柳田 炭谷 松井 山室 荒川・・・・



だいたいこんなカンジですが、競合しそうなのは辻内・岡田・陽・山口あたりでしょうか。
ウチはどのへん行くんでしょうね・・・・まだ微妙ですよねぇ。
ただ問題はくじ引きを外した場合ですよね。正直1位炭谷とかじゃヘコミますもん・・・さすがにないと思うけど。
誰かくじ運強い人に、なんとか大阪四天王の1人を引き当てて欲しいと今から願っておる今日この頃・・・・果たしてどうなることやら。

2005年07月17日

■vs広島東洋カープ 11回戦
好投安藤を援護できず・・・

状況が少し落ち着いてきたので、見切り発車のリスタートです。
毎日更新とはいかないと思いますが、できるだけやっていきたいと思います。


さて試合の方ですけど、今日はちょっと残念でしたね・・・・
あれだけ安藤が素晴らしいピッチングしてたのに、広島の新外国人のレイボーンを攻略できず、7月2回目の零封負け。
7月はここまで10勝4敗と好調ですが、打線はやや湿りがちですよね。
特に誰か好調な選手がいるわけでもありませんし、みんななんかイマイチ・・・
ようやく先発ピッチャーがしっかりしてきたというのに、野球はホントに難しいものですね(^_^;)

まあでも今日の安藤の10回4安打1失点の完投は素晴らしかったし、安藤にはこのペースでいってもらいたいですね!
安藤持ち前の球威にあのリズムの投球が出来れば、二桁もそう難しくはないハズ!

2005年07月11日

■破壊王逝く
さよなら橋本真也

仕事中にヤフー開いたら、飛び込んできた超衝撃的ニュース。
ホントに思わず絶句です・・・・

40歳なんて早すぎますよ。
橋本にはまだやり残したことがあったはずなのに・・・


前ね、一度ゼロワン見に行ったことがあるんですよ。
神奈川の、ちょっと田舎の方の会場で。
プロレスを実際に見に行ったのって10何年ぶりだったんですけど、すごく楽しかったんですよね。
それでメインに橋本真也が出てきてリングに上がるやいなや、会場が小さかったせいもあって「もっと前来て見ていいよ!椅子動かしちゃいなよ!」って観客のみんなに言って、みんな嬉しそうに前に移動したんですよ。
その時の橋本の笑顔、いい笑顔だったなぁ。


破壊王、安らかに眠ってください。

2005年07月07日

■お知らせ
虎ブロガーの方々へ

いつも大変お世話になっております。
本日夜中に家族が緊急入院したため、しばらくの間更新はお休みさせていただきます。
落ち着いてき次第、再開いたしますので今後ともご愛顧よろしくお願いします。

2005年07月05日

■vsヤクルトスワローズ 7回戦
アリアオアース

・エース井川が完全復調
・ポイントゲッター今岡が久しぶりの大噴火
6月月間MVP球児が圧巻のホールド

と来りゃ、我が阪神タイガースの圧勝!
試合前までセリーグ防御率1位だったヤクルト藤井をKOしての圧勝!


それにしても今日の井川は素晴らしかったですねぇ。
今季最高のピッチングじゃないかったでしょうか。
やっぱりちょっとひねりを入れるようにフォーム改造したのが良かったんですかね?
あれだけストレート・変化球ともキレキレじゃ、まず打てませんよ。打ててソフバン打線くらい。
それにイガーは雨が好きなのか、すごいピッチングのテンポが良かったですよね。
毎回ああいうピッチングを見せてくれれば、毎週火曜日は絶対球場に足を運ぶんですが・・・w
っていうかよく考えてみたら、次の火曜日のvsヤクルト@千葉マリンに参戦予定なんですよ。
よしよし、もう勝った気でいますw


打の方は、赤星・矢野が猛打賞で、鳥谷・今岡がマルチヒット。
兄貴と藤本の師弟コンビにヒットが出ませんでしたが、今日は見てて楽しかったですね!
特に沈黙を続けてきた今岡のバットが火を噴いたのは最高でした。
狙ったかのような豪快かつ芸術的な3ランホームラン。
ホントに今日ほど、今岡の天才性を感じた日はありませんよ。
やっぱり今岡さんはスゴイです。
それに9回のフジモンキーのスーパープレーも痺れましたねぇ・・・
あれ抜けてたら、もしかしたら・・・でしたし、ホントにビッグプレーでした。


さあてこれで3連勝。
イガーも8勝目ゲットでハーラートップに並びました。
明日は雨予報ですが、この勢いで突っ走りたいですね!

2005年07月03日

■vs横浜ベイスターズ 9回戦
フォーム改造功奏す?

先発の安藤がいつものごとく序盤に制球の不安を露呈。
2点を取って貰った直後に村田にホームラン打たれたり、やっぱりフォーム改造しても今年の安藤は良くないなぁと思ってたんですが、今日の安藤は違いました。

尻上がりに調子を上げ、完投は逃しましたが8回1/3を5安打3失点の好投。
2段モーションを止めたのがよかったのか分かりませんが、投球間隔が短くポンポンとテンポよいピッチングをしてましたね。
いつも多いフルハウスカウントも少なく、横浜打線の淡泊さにも助けられた部分がありました。
でもやっぱり最後の古木の2ランは余計でしたね。
っていうかあれが入るのか?っていう当たりでしたけど・・・

今日の勝利が5月13日以来の3勝目ということですが、安藤が後半戦に向けて調子を上げてくるとチーム力がまた一段と上がりますよね。
今日のピッチングのリズムを体に覚え込ませて、次こそは今日果たせなかった完投をしてもらいたいです。


しかしフタを開けてみれば、ベイの新人良くないですねぇ・・・
去年のドラフト直後は、自由枠で那須野・染田を獲得して「勝ち組ドラフト」なんて騒がれていましたが、実際は・・・
那須野はボコボコにされてファームに落とされたし、今日初登板した染田も散々な出来。

みなさんご存じでしょうが、念のため確認。


染田は阪神の敵ですから。


去年阪神が染田にフラれたのは記憶に新しいところですが、あれは確信犯。
気のあるコメント出しといて、ドラフトが差し迫った時にふる。

それでこの記事。

染田が“虎狩り”宣言
http://www.daily.co.jp/baseball/2005/01/15/157801.shtml



さらに今年3月の報知で

(略)・・・横浜と最後まで争奪戦を繰り広げた相手に「逃して痛かった、と言ってもらえるように頑張ります」と静かに挑戦状をたたきつけた。


と阪神と阪神ファンを挑発。

染田は確信犯ですよ。

2005年07月02日

■vs横浜ベイスターズ 8回戦
白熱のハマスタ

ただいまハマスタより帰宅しました。
いやー、個人的にここ2試合、内野での観戦が続いていたので、野球を見るならやっぱり外野!と改めて実感しましたね。外野最高!!!


外野でひとつ気付いたこと・・・



SN320070i.JPG

タネタネダンス、エスカレートしすぎw

これって去年の後半あたりからやり始めたはずですが、最近はエスカレートの一途w
バット18個も重ねてた猛者もいましたw 
っていうか倒れてきそうで恐くて試合に集中できませんw


試合の方は、追いつき追い越され逆転するという白熱した好ゲーム。序盤暑くて死ぬかと思ったけど・・・
先発の杉山は立ち上がりが最悪でしたが、なんとか試合を壊さず6回投げきり、その後を受けた球児ージェフー久保田のリレーも完璧とは言えないまでも、0点に抑えました。
結果、三浦から4点をもぎ取り、天敵を6回1/3でKO!
とにかく苦手三浦をなるべく早く下ろすことができたのが今日の勝因だと思います。


それにしても、横浜のクルーンはホントに速いですね。
外野から見てても、リリースからキャッチャーミットに収まるまでが他のピッチャーより明らかに早い。
それにクルーンの時だけ、投球練習中もバックスクリーンに球速が表示されるんですね。
その段階から155㌔とかバンバン出るんですから、ちょっと簡単には打てないですよね。
でも投球練習中に160㌔とか出ちゃったら興ざめですよねw
そのへんはちゃんと調整して表示してるんでしょうか・・・?


次回参戦は12日のヤクルト戦@千葉マリンです。

2005年07月01日

■vs横浜ベイスターズ 7回戦
消化不良

ただいまハマスタより戻りました。

うーん、なんだろ・・・・雨降ってたし、内野B指定だったし、試合もあんなだったし、すごい消化不良なカンジ。
なんかすっきりしないゲームでしたねぇ・・・


先発の確変終わったシモさんが先頭打者ホームラン打たれたり、ここまで踏ん張ってきたハシケンが2失点したり、最後に投げた江草は2イニングスを被安打3、与四球3と無失点だったのが信じられないような内容だったり。


打つ方も、5回に同点にした後、なおも1アウト満塁のチャンスでもう一押ししておかなきゃダメでした。シーツ先生のあのゲッツーは結果的にものすごく痛かったですね。


守る方も、肋骨の骨折が判明した赤星スペンサーが激突するというとんでもないミスが起きたり・・・っていうか赤星はちょっと休ませた方がいいんじゃないですかね。彼のプレースタイルは試合に出場しながら治すっていうのにあまり適してない気がするんですが。実際問題まともにバット振れてなくない?大丈夫?みたいな・・・赤星がチームにとってどうしても必要な選手だというのは分かっているんですが、見てて痛々しすぎますね。



さて明日も天気予報がそんなに良くないんですが・・・・・



明日こそはすっきり勝ってくれ!!!




明日はレフスタ最上段で応援予定です。

 | Blog TOP | 

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索