つれづれなるままに
2005年05月

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年05月31日

■vsソフバン 4回戦
手も足も出ず・・・

今日は完敗ですね・・・杉内にリベンジ果たせず、またもや返り討ち。
2安打じゃどうしようもないですし、まあ負けるべくして負けたかと。
それにしても火曜日は勝てませんねぇ。6連敗中ですか・・・


杉内はやはり球の切れがとんでもなくスゴイんでしょうね。スピードは140㌔前後しか出てないのに、出てくるバッターみんな振り遅れてました。
コントロールはかなりいいと思うんですがね、なんかちょっと見た目にはスゴイピッチャーには見えないですよねぇ・・・ブルペンでひとりで投げてたら、平凡なピッチャーに見えるかも。逆にそういうルックスがプラスに働くのかもしれません。ちょっとこういうピッチャーはセリーグにいませんね。


ウチの先発の杉山はもう合格点ですよ、完全に。ソフバン相手に8回5安打2失点なら文句の付けようがありません。
課題である立ち上がりもすんなり3者凡退で乗り切ったし、今日は特に低めのスライダーの制球が素晴らしかった。
矢野のリードも途中ちょっと弱気な面も見えましたが、強弱がうまいこと付いていて最近の試合じゃ一番良かったように思えました。


というわけで今日は2安打しか打てなかった打線。
もうちょっと打撃コーチに工夫が欲しかった気がしてます。


明日の先発は今シーズン好調の斉藤っぽいので、2番藤本・6番桧山かな?
明日こそ打線に奮起してもらいたいですね。


3季ぶりリーグ制覇

テーブルスコアをまだ見てないので詳しいことは分かりませんが、上本がダメ押しタイムリーかなんか打ったとのこと。
1年春からレギュラー獲るなんて大したもんですよね。高2の頃はプロ入りほぼ確定みたいなカンジだったのに、結局指名されず早稲田に進学しましたが・・・・セカンドでどこまで伸びるのか見ていきたいですね。
スポンサーサイト

2005年05月30日

■vs楽天イーグルス 6回戦
中継ぎ陣の使い方

今日は試合自体がやや淡々としていたカンジがして、イマイチ見てて気持ちが乗ってこなかったんですが、なにはともあれ勝ててよかったです。
これで楽天戦は5勝1敗ですか。上出来ですかね。っていうか最低限かな?


さて今日は、球児の使い方について一言申し上げようかと。いやもう何度も触れてますがね・・・改めて。

正直、毎試合「ピッチャー藤川」のコールを聞くと軽く鬱な気分になるんですよね。抑えてくれるというのは間違いないんですが、ちょっと終わりへのカウントダウンを聞いているような気がして・・・
というのは球児という貴重なパーツがチームから欠けたら、今シーズンもう終わりかと。だからなるべく球児に負担をかけずに、他のピッチャーで用足りるなら、他のピッチャーを使って欲しいんですよ。
7回藤川-8回ジェフ-9回久保田ってやりたいのは分かります。これが一番固いハズですから。
だけどね、柔軟性っていうものも持って欲しいんですよ。今日なんて楽天はほとんど無抵抗でしょ。先制されて全然元気なかったし。
そもそもシモさんは77球しか投げてなかったわけだし(6勝0敗の好成績なのに規定回数未到達!)、7回に藤川を出すことのメリットを理解した上で言っても、わざわざ球児が出張る必要なかったと思うんですよねぇ。牧野も能見もベンチ入りしてたんだから、まずそっちから使って、どうしても抑えきれないっていう所から球児出したらいいように思えるんですけどね・・・

まあ私もちょっと心配しすぎかもしれませんが、明日からハシケンも戻ってくるようですし、なるべく柔軟性を持って負担を分散しながら、勝負所で中継ぎ陣が疲弊してないようにしていただきたいと思います。

2005年05月29日

■vs楽天イーグルス 5回戦
ピッチャーのあれこれ

ブラウン→江草まではまずまずのナイスゲームで昨日の負け取り返せたかな、と思ってたんですが、終わってみれば勝った気がしませんね・・・


調整登板とはいえ、能見が試合を壊してしまいました。
中継ぎに慣れてないとかは言い訳になりません。去年まで7年間も社会人でやってるわけですから、当然中継ぎ登板も経験してるわけです。

甘いところに投げたら、能見の場合球威がありませんから、楽天相手とはいえ簡単にオーバーフェンスされる。
山崎なんてあそこ以外のボールはホームランにできないですし、ホームランバッターとはいえない鷹野に低めの非常に難しいボールをあそこまで運ばれる。
今日の登板は能見の球質がいかに軽いかを証明したと思います。


打つ方はというと、プチスランプに陥ってたトリーが16打席ぶりの安打。
しかも同級生の岩隈からで、vs岩隈4打数2安打とトリーに軍配です。


がしかし、岩隈がこれだけ良くないと野球ファンとしてすごく寂しいですね。
原因はいろいろあるんでしょうが・・・・・非常に歯痒い。
というのは、岩隈は楽天のエースということで全国的にものすごく注目されてるわけじゃないですか。去年の移籍のゴタゴタもあったし。
実質今年まで一般のライトな野球ファンは岩隈のピッチングなんて見る機会ほとんどなかったはずですよ、野球ニュースのダイジェスト除いて。
もちろんみんな名前はよく知っていたでしょうが、ライトなファンは野球見るのにスカパーなんて入ってませんし、わざわざ大阪ドームに出向いたりもしない。

ですから実質 初 め て 全国的に注目して見られてるわけですよ、今年。
それでこんなピッチングでしょ。しかも体調不良だったオリンピックの悪い印象もある。

でもね、岩隈ってホントはもっともっとすごいピッチャーなんですよ!!!って叫びたい。
あの惚れ惚れするようなキレのあるストレート。カミソリのような鋭さで変化するスライダー。

チーム事情が苦しいのはよく分かりますが、一度抹消してミニキャンプを張って欲しいです。あんな岩隈、これ以上見たくないですよ。


対照的に西武の高卒ルーキー涌井秀章は抹消→再登録後の今日、6回2/3を被安打1、無失点の素晴らしいピッチング。
同時間帯に阪神戦やってたので全部見たわけではありませんが、オープン戦の頃のキレを取り戻したようです。
今日は後続が打たれて勝ちが付きませんでしたけど、この調子なら遅かれ早かれ勝てると思います。次回登板が楽しみですね。


最後に個人的にちょっとよかったニュース。

鵜久森雪辱ならず/昨夏甲子園決勝で敗れた鈴木と対戦(北海道ニッカン)
http://www.kita-nikkan.co.jp/fighters/nh05052904.htm


この2人の対戦をプロで、しかも1軍の舞台で見てみたいなぁ。

2005年05月28日

■vs楽天イーグルス 4回戦
チグハグな初戦

今日は天気に恵まれ大観衆が見守る中スタートしましたが、いきなり先発・安藤が大乱調。
なんだったんですか、あの1、2回は。
全然球威がないし、コントロールも悪い。ストライクが入らないから、甘いところに投げて痛打される。
ものすごいリズムの悪さでしたよね。序盤の2イニングスでナント62球も費やしました。
昨日雨が降ったおかげで9連戦になってしまい、中継ぎへの負担をなるべく減らさなくちゃいけないのに、いきなり9連戦の初戦、しかも初回からあんなピッチングじゃあね・・・安藤は何を考えてるのかと。

がしかし、ここが楽天クオリティというか、あれだけ悪い安藤を序盤で捕まえきれず、尻上がりに復調を許します。
結果、3回以降はたった1安打。初めの2回で62球も投げたのに、完投。
阪神とすれば負けはしましたが、中継ぎの浪費を避けられたのはプラスでした。


打つ方はなんなんスかね・・・・
たった4安打でしょ。金田と当たるのが初めてとしても、ちょっと3連戦の初戦はいつも打撃陣に元気がないですよね。
明日は打ち勝つくらいの気概を持って欲しいですね。

2005年05月26日

■vsオリックスバッファローズ 3回戦
4月2日以来の2勝目

ずいぶん長いことかかりましたが、右のエース福原忍がやっと2勝目。
6連敗してた時とボールのキレや球威は変わりなかったんですが、低めに投げることを強く意識していたのが功を奏した格好です。
打線もようやく福原を援護できましたね。これをきっかけに福原には一気に勝敗を5分まで戻して貰いたいですね。
右のエースが1勝6敗でも首位にいれたわけですから、福原にエンジンがかかればチームは一気に加速できます。


バッターの方を見ると、今日は4番金本・5番今岡でなんと9打点
セリーグでもダントツトップですよこの2人。すごいハイレベルな争いがチーム内に・・・・これは間違いなくプラスの効果ですよね。この2人に回せば点が入るということなので、「つなぎの意識」が他のバッターに芽生えますし。
ちなみにこのペースでいくとシーズン終了時には、今岡149打点・金本140打点ですよ。4番5番がこの数字なら、チームの順位はおのずから・・・(ry


さて、明日から移動日なしの楽天3連戦 in 仙台です。
楽天は敵地で中日を3タテしての凱旋ですから調子に乗ってるかもしれませんが、まず先制点を取って機先を制することです。今日のような赤星&藤本の速攻に期待したいですね。

2005年05月25日

■vsオリックスバッファローズ 2回戦
セリーグ全敗!

初回の5失点を挽回したんだから一見ナイスゲームに思えますが、どうでしょう・・・
そんなに面白い試合ではなかったですね、自分的には。
やっぱり先発が初回から捕まるとね・・・・初回に4連続含む6安打も浴びるとか、おいおい何してんだと、ものすごいテンション下がりますよね。
確かに今日の井川はアンラッキーな部分とオリックス打線が好調という部分で苦しみましたけど、やっぱりコントロールが甘いですよね。もう何を今更ってカンジでしょうけど。
それに加えて今日はベースカバーのミスが2度もありました。これは怠慢というしかありませんし、100球超えた頃になってストレートが走り出してるようじゃ、そりゃ調整ミスでしょう。だったら試合前にブルペンでもっと投げとけ、となります。
ですが初回5失点で負けが付かないってことは、福原とは違ってまだ勝ち運があるということですし、そういうのを大事にしてこれからの1戦1戦きっちりとエースの仕事をしていって欲しいと思います。


打つ方はちょっとシーツ先生が不振ですね。ホントになかなか不調から抜け出せない。長いですね~。
ボール球に手出しちゃうのが一番マズいですよ。高めも低めも手出してますから。
選球眼はいい選手ってイメージが広島の頃からあったんですが、そうでもないみたいですね。むしろ選球眼ならスペンサーの方がよっぽどいいですし、先生と打順を入れ替えてみてもいいかもしれません。3番ライトスペンサー・6番ファーストシーツ。
でもこれやると桧山をしばらくスタメンで使わないということになります。3番でひーやんは使えませんし、ひーやんがスタメンの時だけ打順をスイッチバックすることできませんから。
まあでもひーやんは出口の見えない不調っぷりですし、ひとつの有力なオプションだと思いますね。


フレッシュオールスターゲーム

出場候補選手
http://www.npb.or.jp/freshas/2005roster.html


阪神からは桟原・岡崎・林・赤松が出場予定になってますが、なんかパリーグの方に見てみたい選手が片寄りまくってますねw
涌井にダルでしょ、一昨年ロッテ1位の内もいるし、高卒で言えば歴代スピードNo.1の寺原隼人、一場はどうでもいいとして、西武期待の星に一昨年2位の黒瀬、ソフトバンクの2軍ですでに4番を打ってる去年1位の江川に一昨年2位の城所、去年日ハムに指名された甲子園のヒーロー・鵜久森淳志に無名ながら鵜久森より指名順が上だった市川。

っていうかよーく見たら、セリーグは今年入った高卒選手がひとりも候補になってませんね。まだファームでも活躍してる選手少ないですけど、木村正太か高橋勇丞あたりを入れてくれると個人的に嬉しかったんですが。佐藤剛士はケガしちゃってるんでしたっけ?

2005年05月24日

■vsオリックスバッファローズ 1回戦
打てそうで打てないパウエル・・・

今日はとにかくストレスの溜まる試合でしたね・・・
投げる方は杉山直久が2~7回までの6イニングスをたった1安打に抑えながら、初回に取られた3点が響いて敗戦投手に。
7回で10奪三振ですから、ボールは走っていてコントロールもまずまずだったんですが、初回だけ変化球のコントロールが甘くなりました。ホントにもったいないですね・・・・確か試合前に「立ち上がりは特に注意して入る」みたいなこと言ってたはずなんですが・・・

打つ方は結局散発4安打ですか。ノラリクラリ、パウエルにやられた印象です。
1番の赤星が4打席中3回も出塁したんですが、あとのバッターが続かなかったですね。
まあしかし打のハイライトは8回ランナー1・3塁代打・濱中の場面でしょう。あそこで初球の甘いストレートを見逃したのがすごく痛かった。結局、2-2からレフトフライ。濱ちゃんが倒れた時点で今日の試合はほぼ終わってました。


解説してた神様八木も言ってましたけど、今日の試合はパウエルにうまいことやられたと割り切って、明日フレッシュな気持ちで試合に臨むことです。それに今日は球児や江草を休ませることもできましたし、現在甲子園で7連勝中ですし、大応援団をバックに明日は打撃陣に張り切って貰いたいですね。

2005年05月22日

■vsソフバン 3回戦
中継ぎ陣に最敬礼

まぁーしかし、今週を4勝2敗で乗り切れるとは正直思ってなかったですね。楽天に3連勝してきたとはいえ、あんまりいい試合してなかったですし。あのチーム状態で西武・ソフバン6連戦迎えたんですから、まぁ2勝4敗がいいとこだと思ってました。


さて今日の試合を振り返ると、頼りになる兄貴デスワ。2試合連続の11号ツーラン含む2安打。
疲労から下半身に張りが出てきてるなんて記事がありましたが、そこはさすが鉄人。ちょっとどこか痛い方が逆に力抜けていいんじゃないかと思えるようなコンパクトなスイングがいいようです。

あとはやっぱり浜ちゃんですね!岡田監督も使う場所がすごく難しかったと思うんですが、浜ちゃんがものの見事に期待に応えました。ソフバンの右のリリーフエース吉武からセンターオーバーの3ベースヒット!いやーしびれました。さすが千両役者!
次はまた甲子園に戻りますが、DHが使える試合は相手投手の右左に関係なく是非浜ちゃんで行って欲しいです。


投げる方はといいますと、先発・能見がピリっとしなかったですね。初回はなんとかスライダーを厳しいところにコントロールして恐い松中を討ち取ってましたが、2回以降は自滅と言っていい内容。自分でカウントを悪くして、痛打されてちゃどうにもならないですよ。

そして能見が2回0/3で降りてしまった影響で、今日も中継ぎフル回転です。
ホントにね・・・最近はこれが一番イヤなパターンですね。こんなペースでいったら絶対に球児潰れますよ。だって球児は元々体力ある方じゃないし、今すんごい頑張ってるけどこのペースじゃそろそろ限界。去年肩ケガしてることもありますし、球児には来年も再来年もある。江草だって今日3イニングスも投げてますし、ハシケンは軽く壊れかけましたしね・・・・ホントに先発は最低6回まで投げてもらわないと困ります。

それと今日は審判団が酷かったですね。見てて本当に疲れました。
特にパ所属の佐藤主審。もうストライクゾーンめっちゃくちゃ。あんなにゾーンが不安定な主審久しぶりに見ましたよ。あの温厚な球児が両手を大きく広げて怒りを露わにしてたくらいですから。
それにセリーグとは違って、パリーグの審判って公式な紹介ページがないんですね。「佐藤って一体何者だろう・・・?」と思って調べようとしたんですが、セみたいな審判・記録員紹介が見つかりませんでした。パはサイト自体も貧相だし、もうちょっとちゃんとしてもらいたいですねぇ。


初3割突破記念(スポーツニッポン05/5/22付)

toritani.JPG
打撃10傑入りました。記念に掲載!

2005年05月21日

■vsソフバン 2回戦
猛虎打線が鷹を飲み込む

今日はまず鳥谷ですねー。
なんと4安打猛打賞で打率.311に!!!
ちょっとまだ確認できないんですけど、打撃10傑に入ったかもしれません。
遅かったのか早かったのか、ついに鳥谷がここまで昇ってきました・・・・去年などは阪神ファンにも阪神ファン以外にも言われたい放題言われて、鳥谷自身悔しかったでしょうし苦しかったでしょう。藤本や関本という素晴らしいライバルが控えに回る中で、鳥谷が打てない時・エラーする時、鳥谷の成長に期待し応援してきたファンもなんとも苦しい思いをしてきました。
それを思うと、まさにヒナが巣立ちしていくのを見守る親鳥の心境ですよw しみじみ、よくやったなぁ、と。明日の新聞は保存しておこうと思います。


さて試合の方に戻ると、昨日書いたようにシモさんと矢野さんの熟年バッテリーがうまいことソフトバンク打線を封じ込めましたね!やはりイケイケ配球より、狙い球を外していくキャッチャー矢野の配球の方がソフトバンク打線に有効なようです。明日もノラリクラリ型の若旦那・能見が先発するので、同じようなリードでSB強力打線に対抗していって欲しいですね。
少し心配なのは球児のストレートのキレが落ちてきてることです。相変わらず152㌔とか出てましたが、空振り取るのにいつもより苦労していました。今日の継投を見るとですね・・・6回松中から始まること考えても、ちょっと交代が早かったように思えます。下柳はまだ66球しか投げてなかった上に点差もありましたし、今後のことを考えたら球児はなるべく1回限定にした方がいいんじゃないですかね。


ちなみに9回ベンチが映った時、浜ちゃんと健太郎が並んで座って何事かしゃべってましたね!ちょっとうれしかった。


健太郎Tシャツ

最近やや不調気味で復帰したフジモンにあっさりスタメンを奪われてしまったセッキーこと関本健太郎ですが、自身のHPでオリジナルTシャツの販売を始めたようです。
ご存じのように、以前からオフィシャルサイトを持ってる選手はオリジナルグッズを販売していて、自分も浜ちゃん・ふじもっさん・イガーのTシャツを買っちゃいました。
なかなかデザインに凝っていて、選手のこだわりを感じさせるモノが多いですねー。ちょっと紹介していくと、




fujimon red T.JPG
           藤本敦士                    赤星憲広

imaokafukuharaT.GIF
          今岡誠                        福原忍

hamachanT.JPG
         濱中おさむ1                   濱中おさむ2


ねっ?なかなか凝ってるでしょ?自分でデザインしたのか、嫁さんにデザインしてもらったのか、知り合いのデザイナーに頼んだのか分かりませんけど、まあなかなかのもんです。
この他にも藤本や赤星の別バージョンや現在は取り扱いしていない井川や下柳のグッズがあります。


そんな中我らが関本健太郎ですよ。
このTシャツは昨日販売になったようなんですが・・・・








kentaroT.jpg







(;・∀・)エッ?






そりゃー斬新すぎるよ健太郎・・・・・(つД`)

2005年05月20日

■vsソフバン 1回戦
今日は完敗

いやー、ソフバン強いですね。投手陣は大したことないなと思いましたが、打撃陣のソツのなさと破壊力はさすがというか・・・
特に去年の三冠王・松中信彦は凄すぎる。1本目のホームランとか、ありゃ普通切れるでしょ。画面が切り替わる前にファールと分かるような打球しか飛ばない厳しいところに安藤も放ったし、あのボールをライナーで叩き込まれちゃグゥの音も出ない。
そして低めに鋭く落ちたスライダーを泳ぎながらすくいあげた2本目。なんで片手1本であそこまで飛ぶのかと。ライトスタンド中段まで飛ばされるとか・・・・軸がよっぽどしっかりしてるんでしょうけど、ホントに松中はハンパないです。それで今度は8回みたいに恐い松中を歩かせると、途端に5番城島健司がドカンですよ。

さてこの打線をどうやって抑えましょう・・・
まずはキャッチャーを正捕手・矢野に代えますね。というのは今日の安藤と野口の組み合わせって、かなりイケイケですよね。ちょっとリードが強気すぎるというか、もちろんそれが悪いとは言いませんが、ソフトバンク打線には分が良くありませんでした。それに今日ボコボコに打たれて、野口は相当混乱してしまったはずです。明日はシモさんと矢野さんのコンビに今日とは違った配球でソフトバンク打線に相対して欲しいですね。

ちなみにハシケンが右背筋痛で登録抹消。勝ちパターンでも使える貴重な中継ぎなので、早めに戻ってきてもらわないと困りますよ。代わりに登録された佐久本はメタメタでしたし、中村泰は怪我しちゃったし、吉野上げるしかないかな。

2005年05月19日

■vs西武ライオンズ 3回戦
首位奪取

落ちてゆく俺竜を尻目に徐々に差を詰めた結果、ようやく肩を並べました。
表にするとこんなカンジ↓

5月5日(木) 交流戦前

1 中日 20  9 0 .690  -  
2 阪神 15 14 1 .517 5.0
3 広島 13 13 1 .500 0.5
4 横浜 12 13 2 .480 0.5
5 ヤク. 12 14 0 .462 0.5
6 巨人 10 19 0 .345 3.5


5月19日(木) 現在

                  交流戦
1 中日 23 18 0 .561  -  -6
1 阪神 23 18 1 .561  -  +4
3 ヤク. 21 17 0 .553 0.5 +6
4 横浜 17 19 2 .472 3.0 -1
5 広島 16 21 2 .432 1.5 -5
6 巨人 17 23 1 .425 0.5 +3

ヤクルトがひっついてなかなか離れませんが、しばらくはこのペースでいきたいですね。


RETURN OF THE MONKEYRIDER

まずは藤本敦士が思いの外早く1軍復帰ということでおかえりフジモン!
当初の話では1ヶ月以上かかると言われていて、怪我したのが先月の26日だからホントに大分早く復帰できたことになりますね。今日のウエスタン中日戦で2番セカンドで出てきたばかりだったので、逆に心配になってしまったぐらいです。
ですが藤本に代わってセカンドを守ってきた関本の調子が今最悪ですし、藤本の早期復帰はすごく頼もしいです。ちなみにモンキーと入れ替わりで久慈さんが抹消。


先発・井川慶

初回、3球見ただけで今日は厳しい試合になると覚悟しましたが、西武打線の拙攻にも助けられ、なんとか試合を作りました。
もう、でも今日の序盤はかなり酷かったですよ!ストレートは勢いなくベルトの高さにくるし、変化球はことごとく抜けてしまう。初回のフッサフサ和田さんの犠牲フライは仕方ないにしても、続く石井義にツーナッシングからタイムリー打たれたり・・・その後もおかわり君に2打席連続ストレートのフォアボール与えたり、正直今日はかなり危なかったと思います。
ただ中盤から数字以上に高めのストレートが伸びてたみたいですね。カブレラなんかもガンでは140㌔のストレートに振り遅れてました。
こんな状態のピッチャーをリードした矢野さんはさぞかし疲れたでしょうが、いずれにせよエースが試合を壊さずチームを勝利に導いたの大きいです。このあたりが現状の井川と福原の違いでしょうか。次もがんばって欲しいですね。


代打・濱中おさむ

今日の試合で岡田監督の采配がキラリと光ったのが、4回ツーアウト満塁でスパッと不調の関本を諦め、代打の切り札・濱中を早々と送り出したところ。
この采配にはかなりビックリしましたね。浜ちゃん本人もお立ち台でそう言ってましたし。
勝負所と見るや、大胆に最強カードを切ってくる岡田監督の采配に今日は拍手です。
浜ちゃんも監督の期待に応えられて良かったし(^o^)、次は福岡ドームなのでDHスタメン復帰です!大いに暴れてくれ、我らがプリンス!!!

2005年05月18日

■vs西武ライオンズ 2回戦
松坂大輔 back in KOSHIEN

最後はちょっとドキドキしましたが、久保田がなんとか締めて昨日のお返し。自分の誕生日に白星だとちょっと嬉しくなりますね^^

怪物・松坂の甲子園凱旋でいつもよりだいぶテンション高めの観戦でしたが、やっぱり松坂はすごいなぁ。
150㌔超のストレートは球児や久保田で見慣れてるけど、あのカットボールとスライダーのキレには愕然です。それになんでしょうね、あの威圧感は・・・・さすが日本野球史に確実に名を残す選手だなぁと。

がしかーし、ウチの1980年生まれの杉山直久も今日は負けてなかった。
ストレートはキレ・威力ともに十分で両外国人なんか振り遅れてたし、なにより一番良かったのはスライダー・フォークの変化球が良く低めにコントロールされてたことでした。
あれだけいいところから変化してたらそうそう打てるものではないし、杉山特有のポカもなく、矢野の構えてる所にちゃんとコントロールされてましたね。

それにしても松坂世代ってホントにすごいですよね・・・阪神にも6人(杉山・江草・藤川・久保田・橋本・伊代野)いるんですけど、伊代野除いて全て一線級の活躍をしてるし、彼ら抜きではチームが成り立たない程大きな戦力になっています。他球団にも同世代の才能溢れた選手がたくさんいるし、何十年に一度こういう年ってあるんですね。

少し話が逸れましたが今日の試合の話をもう少しだけすると、鳥谷敬がここのところ上り調子です。
交流戦での好調から打率も.293まで上昇していて、チーム内でも赤星、今岡、金本に次ぐ数字。いつの間にか矢野さんや両外国人を抜き去っています。
もともと流し打つのは天才的にうまいし、以前は手が出てた外角に沈みながら逃げていくボール球も見逃せるようになってきました。苦手と言われていた内角球も右に引っ張れるようになって大きな成長を見せてますが、まだ膝元に落ちる球と高めに来るボールには課題が残りますね。このあたりを打てるようになってくると、3割という数字も現実的なものになってくると思います。

明日は↓のエントリーに書いたように、安藤が先発予定
(訂正:今日の試合後の岡田監督インタビューによると、明日は「うちの『ちょっと調子の上がってきた』ピッチャーが投げますから・・・」と井川の先発をにおわせたそうです)
相手が大沼なので、早めに援護したいですね。スペンサーの怪我が癒えてないようだし、引き続き速球に強いひーやんスタメン希望!


ローテ組み換え

虎ローテ再編、左腕でソフトバンク斬り(大阪ニッカンスポーツ)
http://osaka.nikkansports.com/otr/p-ot-tp1-050518-0006.html


井川と安藤の順番を入れ替えて、安藤を西武の3戦目、井川をソフバン初戦にぶつけるようです。
ということでソフバン相手には 井川→下柳→能見 の順番。
下柳は古巣相手に投げるっていう思い入れみたいなのはあるかな?多分ないですねw


マトカン部分復帰


的場 2軍戦で復帰(デイリースポーツ)
http://www.daily.co.jp/baseball/2005/05/18/173001.shtml


2年続けて開幕1軍を目の前にしながら、チーム内に大流行した悪夢の「右肩関節唇損傷」に見舞われた的場寛一。
3月9日の楽天とのオープン戦以来の試合出場を果たしました。
結果は空振り三振と振るいませんでしたが、まずはおかえり!と言ってあげたいですね。
がしかし大変シビアなようですが、1軍でマトカンが自分の居場所を確保するには打撃だけでは足りません。確かに近年、打撃面で目を見張る成長を見せていますが、守備が出来ないことにはちょっと厳しい。ただでさえ阪神は守備力の高くない外野手ばかりいますから。
焦りは禁物ですが、しっかり外野を守れるように故障を治して、なるべく早く1軍に復帰してもらいたいですね。私の切実な願いです。

2005年05月17日

■vs西武ライオンズ 1回戦
4年ぶりの西京極

先発はここまで1勝5敗と黒星が大きく先行している福原忍。
防御率3.19(試合前)が示すように悪いピッチングはしてないんですけど、打線の援護に恵まれず、あたかも去年までの藪恵壹を連想させる成績・・・

今日の福原は前回よりはボールが来てなかったんですけど、まずまずだったんではないでしょうか。確かに時折ボールが浮く場面も見受けられましたが、失点シーンも記録にならない失策がらみでしたし、平均的な福原の力は出せたように思えます。


ただねぇ・・・・今日はなんていうか、漂う「空気」が良くなかったといいますか・・・
久しぶりに西京極で試合が出来ましたが阪神は西京極で11年間勝ってないとか、相手は初見ではなかなか打てない変則左腕の帆足だとか、一昨日の試合でお立ち台に登ってる京都出身の桧山がベンチスタートとか・・・なんか空気が悪かったように感じられませんでしたか? あっさり先制されるし、ヒットでランナーが出てもゲッツーになって結局3人で攻撃終了になるし。
なんだろ、今日は雰囲気悪いなぁなんかダメっぽいなぁと思ってたんですけど、そんな空気を代打・濱中おさむが一瞬だけですが変えてみせました。
ふくもっさんも言ってましたが、やっぱり浜ちゃんはなにか華々しいものを持っていますよね。打ちそうな雰囲気とか、みんなの視線を集中させる何かを。
残念ながら結果はセンターフライに終わりましたが、あわやレフトポールを巻いたかと思わせた大飛球も飛ばしたし、あの時間だけ、今日西京極にかかってた薄もやが晴れた気がしました。


さて明日は雨予想のようですが、甲子園に帰って怪物・松坂大輔を迎え撃たなければなりません。
甲子園でなければ、松坂は帆足より打ちやすいんじゃないかと思うんですけどね・・・なんせ松坂in甲子園だから、そりゃやっぱちょっと違うわけで・・・
今日最後に作った勢いを大事に、初回からランナーを出していきたいですね!

2005年05月16日

■アマ野球のあれこれ
ワセダ

早大・越智3季ぶり復活勝利/東京6大学(ニッカンスポーツ)
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/amateur/f-bb-tp5-050515-0044.html


ドラフトの目玉と目されながら、去年の春から極度のスランプにあえいでいた越智大祐がついに復活。
この1勝を皮切りにどこまで評価を取り戻せるのか注目ですが、今日のニッカン紙面に出ているように巨人が上位で狙っているようです。他にも高評価を与えてる球団ありますし、今年も現状のドラフト制度のままなら、越智は自由枠の2つ目での争いになってきそうです。


早大・松本代打3ラン/東京6大学(ニッカンスポーツ)
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/amateur/p-bb-tp5-050516-0012.html


こっちは早稲田の1年生、千葉経大付出身の左腕・松本啓二朗。
明治のトライアウトに落ちたってところまでは聞いてたんですけど、早稲田に行ってたんですね。
早大野球部のホームページがいまだ更新されていないので、1年生に誰が入ったのかよく分かりませんよ・・・
知ってる限りだと、生島大輔(大阪桐蔭)、上本博紀(広陵)、甘井謙吾(済美)、日野頼人(早実)、細山田武史(鹿児島城西)くらいですね・・・・平安の服部大輔も早稲田ですか?なんかそんな話チラッと聞いたんですけど、どうも確かじゃない・・・

それと早稲田とは関係ありませんが、日大三のAAA日本代表にも入ってた浅香明生ってどこ行ったんでしょう?日大行ったって話聞かないし、ご存知な方いたら教えてください。


大阪桐蔭

大阪桐蔭・辻内16K!7球団スカウト絶賛(大阪ニッカンスポーツ)
http://osaka.nikkansports.com/obb/p-ot-tp2-050516-0016.html


辻内が相変わらずの絶好調ぶりで・・・
大阪桐蔭の辻内崇伸と平田良介、今の調子で夏の甲子園に出てくれば、二人ともドラフト1位になってもおかしくありません。まず辻内の1位は確定と言って間違いないでしょう。一方平田は2位以下の可能性がありますけど、間違いなく4位までには消えると思います。っていうか4位まで残ってたら絶対獲れ!ってカンジw
阪神はどっちにも行ってることは行ってるんですけど、イチオシってほどの熱意は今のとこ感じられないですよね。どちらかっていうと早大の武内やトヨタの吉見に目が向いてるように思えます。
辻内・平田・岡田・鶴の大阪四天王のうち、地元として誰かひとりは獲ってほしいんですけどねぇ・・・微妙かな。

2005年05月16日

■濱中おさむ公式サイト
濱中おさむ公式サイト始動!

プレコレで示唆していたハマちゃん公式サイトがついにオープン。
なかなか充実してますねー。ブログも始まったし、今までとは違い双方向なのが(o^ー')bグッド。更新も頻繁にするって約束(!)してくれてるし。
っていうかやっぱりハマちゃん感極まってたんですね・・・・ハマちゃんが涙を懸命に堪えてた時、私は鼻水垂らして号泣してましたw

好きなタレントがハセキョーって初めて知りましたw ハセキョーも同い年だし!
あとは「HAMA T」ですね。瞬間的に申し込みました・・・・えぇ、買い物は勢いです。
今年の夏はハマTで乗り切るぞ!!

2005年05月15日

■vs楽天イーグルス 3回戦
vs東北楽天ゴールデンイーグルス 3回戦 阪神甲子園球場

終わってみれば、楽天3連戦を3タテ。最低限のノルマ達成バンザ~イ!と景気よくいきたいところですが、6回表終わったところで雷を伴う大雨+超デッカイ雹!
えぇ・・・・スカパーが受信できなくなって、今岡のタイムリーもひーやんの2ラン見逃しましたよ・・・orz
さて気を取り直して、試合のレビューを・・・

-能見篤史
今日は初回からストレート・変化球ともキレキレで、4回に一番恐れていた浜風ランを磯部に被弾するまで、絶好調時の井川並に良かったと思います。特に1回から2回にかけての4者連続三振はまさに圧巻で手のつけられない状態でした。
が、磯部に一発くらってからは、投球テンポが悪くなって、コントロールが定まらなくなってしまいましたね。ホントもったいないですよねー、あの調子で行ってたら完封だって狙えただろうに・・・
次回登板はソフバン戦になりそうです。今日の序盤のようなピッチングを再度見せて欲しいですね。

-鳥谷敬
交流戦の楽しみのひとつに数えていた岩隈久志との同世代対決がついに実現。
高校からプロ入りしてすでにリーグを代表する投手に成長した岩隈と、大学野球で2年時に三冠王を獲るなど最強早稲田の中心で大活躍した鳥谷の対戦。これは見ない手はないだろうっていうんで楽しみにしてたわけですが、対決の結果は・・・



3打数2安打で鳥谷の勝ち!ヽ('∀`)ノ



現状、岩隈とはまだ差がありますが、今回はうまいこと打ちました。ライバル宣言!で岩隈を指名しただけあって、かなり意識してたようです。
個人的に、岩隈の他に鳥谷との対戦で楽しみな投手が、桐生一の甲子園優勝投手・正田樹。この対戦も交流戦でしか見ることができないので、6月のvs日ハム4回戦以降で是非見てみたいですね。


ルーキー投手

-那須野巧
今年度大卒新人でNo.1の呼び声が高い那須野がプロ初登板。
左ヒジの故障でやや出遅れていていましたが、ようやく真打ち登場です。
192cmと背は高いし、その分腕も長いし、かなり打ちにくそうな雰囲気ありましたね。特にカーブがかなりいい。あれはかなり手こずる。
ストレートにしても球速こそ140㌔前後と若干物足りなさを感じましたが、腕が遅れて出てくるからでしょうか、バッターがずいぶん振り遅れてました。ただ制球はまだまだですね。これは改善点にあげられると思います。
それとちょっと球種が少ないですよね。ストレートにカーブとスライダーだけ。大学ではこれで良かったかもしれませんけど、プロじゃそうは行きません。あれだけ背が高いんだから、フォークかチェンジアップを覚えたら相当イヤなピッチャーになると思うんですが・・・阪神ファンから言ったら「覚えないでくれ!」となりますねw

-涌井秀章
こちらはしばらくぶりですが、プロ3戦目の登板になりました。
最後はスタミナ切れで同点に追いつかれてしまいましたが、このピッチャーが持ってる本来のボールのキレが戻ってて安心しました。
警告試合なのに内角をストレートでえぐれる気持ちの強さ、左バッターの外角へスライダーをコントロールできる投球術。これで高校卒業したばかりの18歳とは驚きですよね。
次の登板も非常に楽しみです。

2005年05月14日

■vs楽天イーグルス 2回戦
vs東北楽天ゴールデンイーグルス 2回戦 阪神甲子園球場

ハマちゃんのタイムリーが今日のハイライトです。
嬉しかったなぁ~、ホント。もうね、他になにが起こったとか覚えてないくらい。あのタイムリーとヒーローインタビューで全部吹っ飛んじゃったw
ヒーローインタビューで浜ちゃんちょっとグッと来てたじゃないですか。それ見たらこっちもなんか感極まっちゃって・・・ひとりで見てたらもっと号泣してたかもw 最近涙腺弱くって困りますw

ヒーローインタビューと言えば、シモさんが珍しく上がりましたねー。いっつも断るのに。
なんかネット裏かなんかに知人が来ていたようですが、以下シモさんのコメント全文を掲載しておきます。


ぼちぼちです。
たまたまです。
はい。
恥ずかしいです。
自分の誕生日なんかどうでもいいです。
今日はご声援ありがとうございました。



4勝目おめでとう!w
さて明日は岩隈だ。


Monkey9

ふじもっさんが順調に回復してるみたいで一安心。早くモンキーライダーin復刻版ユニが見たいですもんね。
でもあれですね、怪我した選手ってみんな「外でボールを打つのって気持ちいい」って言いますよね。
ネットがないところで打つって気持ちいいんだろうなぁ~。自分もよくバッティングセンターに行くんですけど、たまにいつもと違う奥行きの広い(?)バッティングセンターに行くと、ずいぶん違ったカンジがしますもんね、変な例えですけどw


泡様vs古巣読売

阪神戦と試合時間が少し重なったので序盤の失点シーンは見逃しましたが、なんとか試合を作ることに成功しました。
一体どんな思いで投げてたんでしょう・・・・・見返してやりたいっていう気持ちが強かったでしょうね。
河原を応援する日が来るとは思ってもみませんでしたが、今日は精一杯応援しました。これからも応援してるぞ河原純一!

2005年05月13日

■vs楽天イーグルス 1回戦
vs東北楽天ゴールデンイーグルス 1回戦 阪神甲子園球場

-打撃陣
相変わらずの打線のつながりの悪さですねぇ。
栄養費・一場靖弘が7安打8四死球と処刑台に首を差し出してるのに、とどめの1本が出ず、押し出しを含むたった3点しか取れない。
特に一場は去年ウチから栄養費をもらって久万俊一郎オーナーと野崎勝義球団社長(いずれも当時)を引責辞任に追い込み、野球生命を絶たれそうなところを救おうとした星野仙一の手を振り払った男。もちろん裏金は駄目ですけど、阪神と阪神ファンにとっては因縁がありますね。
楽天に入ったからまだ良かったですけど、あれで横浜なんかに行ってたらファンのブーイングはもっと厳しいものになっていたはずです。


そんな一場を攻略できない「あと1本が出ない」重苦しい雰囲気を払ってくれたのが、



谷チュンこと谷中真二投手



ナイス恩返し。濱中へのラストボールは外れてたと思うけど。
これからもがんばってくださいね。


-投手陣
安藤はちょっと球がバラついててリズムが悪かったですね。
結果6回107球ですか・・・・やっぱりちょっと多い。矢野のリードにも問題ありですけど。
相変わらず球威があったことと相手が楽天だったことで痛打はされませんでした。
次回登板はもっとリズム良く、ストライク先行の投球を見せて欲しいですね。


ジェフはあんまり良くなかったですけど、休養たっぷりの救援陣が活力を取り戻しているように見えました。
特に藤川球児ですね。うーん、ホント球児のストレートは惚れ惚れする・・・
久保田みたいな唸りを上げる豪速球っていうわけじゃないんですけど、なんていうんですか、あのストレートのキレはね・・・・異常ですよ、スゴすぎです。名刀の切れ味みたいな。


ワールド・ベースボール・クラシック

野球W杯開催発表に 日本側困惑(スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2005/05/13/08.html


最高の力と力がぶつかるっていう勝負はもちろん見てみたいんですけど、なんかキナ臭いですね・・・


メジャー側はどの程度本気なんでしょう?NPBが不信感を抱いている大会の運営形態を見ると、「野球のグローバル化」という錦の御旗にメジャーはどれくらい忠誠的なのかと訝ってしまいますよねぇ・・・
結局は自分んとこさえカネが入ってくればいいんじゃないかと。利益分配の比率をなんの相談もなく変更するなど、アメリカ特有の傲慢さが透けて見えます。
それに選手個人個人もこの大会への思い入れはないと言ってもいいでしょう。バスケットのドリームチームも結局報酬次第みたいになっちゃって、スター選手がほとんど出てこないで弱体化しちゃったように、メジャーも同じ穴の狢になってしまうんじゃないですか。


それに時期も問題ですよね。なぜ3月なんていうシーズン直前の大事な時期にやる必要があるのかと。キャンプもオープン戦もあるし、各々のチーム作りが空洞化する恐れがあります。代表チームにしたって、チーム合宿などするでしょうから、代表選手は最低1ヶ月くらいは拘束されることになるでしょう。
それにもし選手が怪我でもしたら、どうするつもりなんでしょうね。日本の場合はあまりあーだこーだ言わないかもしれませんが、メジャーの場合は故障した場合の補償などで間違いなく揉めるでしょうし。
もしやるならやはりシリーズが終わった11月がベストになるでしょう。


私はこういったインターナショナルな大会の開催を頭ごなしに否定するつもりは毛頭ありません。が、もしベースボールを世界的にメジャーなスポーツにしようとするなら、参加各国が共通した強いビジョンのもとで団結し、共同で母体を運営していく必要があると思います。ただでさえグローバルな意味ではサッカーに圧倒されているのに、MLB単独でそれを覆すことなどできやしないでしょう。
それに今のMLBと選手会主催の運営では、利益が出なかったら即撤退、ギャラが折り合わなかったら有名選手は出てこない、テレビ等の放映権料のために選手やファンを二の次にする、等のこともサジ加減ひとつでどうにでもなってしまいます。
やるなら各国共同で。これじゃないとお付き合いできませんよ。

2005年05月12日

■トラキチvsマリサポ 3回戦!
vs千葉ロッテマリーンズ 3回戦 千葉マリンスタジアム

-井川慶
雨の中激しく乙!今季の阪神投手陣の中で完封勝利一番乗りになりました。
とにかく今日はストライク先行なのが良かったですね。リズムも非常に良かったですし。
結果、無四球ということで、防御率も4.69から3.83に大幅良化。まだまだエースとしては物足りない数字ですけど・・・


個々のボールを見ていくと、今日はチェンジアップが効いてましたねー。時折置きに行くようなフォームも見られましたが、全体的に自分の思い通りにコントロールできてたんじゃないでしょうか。ですので、ストレートは132~142㌔くらいでもロッテのバッターが振り遅れてました。
さらにカウントを整える時にカーブとスライダーを有効利用する野口のリードが光ってました。これからは井川が投げる時、毎回野口がマスクをかぶってもいいんじゃないですか。去年のノーノーの時もキャッチャーは野口でしたし、矢野より井川との相性がいいように思えます。それに矢野に休養を与えることもできますしね。


-打撃陣
3点は取ったものの相変わらずですねぇ・・・あと1本がなかなか出ない。もう少しで「スミ2」になるところでした。
1安打ずつ放ちましたがシーツとスペンサーはまだ少しかかりそうですね。打率もいつの間にか鳥谷に逆転されています。うーん、打順もイジりましたが、これがベストかというと・・・微妙ですねぇ。正直すごく難しい。
次の楽天戦は星を落とすわけにいかないので、なんとか点を線にしないといけないのですが・・・


打順組み換え

最近数試合の打撃陣の体たらくで、岡田監督も打順組み換えを示唆したようです。

浜中2年ぶりの猛打賞!岡田監督が打順の変更を決断(サンスポ)
阪神・岡田監督、打線テコ入れ「3番今岡」示唆(スポニチ大阪)
浜中3番!虎連敗、岡田監督ついに動いた(大阪日刊スポーツ)


不振の3番シーツを降格させるところは共通認識ですが、代わりに誰を3番に上げるかで各紙の見解が異なってます。
私個人の意見を言わせてもらうと、今岡は5番のまま動かさず、濱中を3番に上げて欲しい。


1 8 赤星憲広
2 4 関本健太郎
3 D 濱中おさむ
4 7 金本知憲
5 5 今岡誠
6 9 スペンサー
7 2 矢野輝弘
8 3 シーツ
9 6 鳥谷敬


こうやって改めて見ると、右バッター多いっすね。ちょっと左右のバランスが良くない。
今岡を5番に固定したのは、5番が今岡の適正打順だと思っているからです。去年、兄貴の打点王をアシストする役目の3番バッター今岡を見て、その思いを強くしました。
やはり今岡は縛りを失くして気楽に打たせた方がいいな、と。3番のように色々制約がついて回る打順だと今岡本来の思い切りの良さが失われてしまうように思えます。という理由で、あまり得点圏打率の高くない金本の直後を打たせるのがベストという結論。もしくは以前のような制約のほとんどない核弾頭的1番バッターという手もありますが、今年は赤星の足を最大限にいかそうというのがチームのスタンスなので、これは封じ手になります。


ただ正直言うとですね、私は3番金本・4番濱中・5番今岡が見たいです。
兄貴は去年4番らしくというか、バットを振り回して打点王獲ったり、自己最高のホームラン数を記録したりしましたが、今年を見るとむしろそれが逆効果になっているような気がしてなりません。今年はバットを振り回してポップフライってシーン、なんか多くないですか?もう少し、後ろへ「つなぐ」意識を大切にする意味で3番に戻すのもアリかなと思っています。


古田敦也会長のブログ

前回更新の前フリで爆笑を取ってしまった古田さん。
オチをどうつけるのかと思ったら、タ○キンのエコー写真から石井一久がっ!w


プロ野球選手を10年続けるとどの球場にもタダで入れるなんて全然知らなかったなぁ・・・なんか特別なパスでも貰えるんですかね?古田さんみたいに有名な方なら球場の係員も分かるでしょうけど、10年やっても顔が知られてないパ出身の選手もいるでしょうし(失礼!)。


それにサインの押し売りってw  まあファンからしたら、めちゃめちゃ嬉しいですよね。自分の幸運がにわかに信じられないほど嬉しいハズ。
自分の場合、自分の席の回りに選手が座ってたなんてことは当然ありませんw っていうかそんなこと普通ある?!ってなカンジですよねw
前に一度、神宮で品川庄司の庄司智春(同じ大田区出身!)が今岡のジャージ来て応援してたので、試合終了後に応援バットにサインもらったことあるくらいですねw

2005年05月11日

■トラキチvsマリサポ 2回戦!
vs千葉ロッテマリーンズ 2回戦 千葉マリンスタジアム

初めて観戦に来ましたマリスタこと千葉マリンスタジアム。
3時半くらいに到着したんですけど、球場に隣接してる駐車場はすでに満車状態。
近くの幕張メッセの駐車場に停めたんですけど、便良くないですねぇー、球場まで15分ほど歩きました。


さっそく入場して(内野指定B)腹ごしらえしてたら、三塁側ファールゾーンでタイガース選手たちがキャッチボールを始めました。ハマスタとか神宮だといつも外野なので、こういう時に前に行って写真を撮ったりってことをしたことがなかったんですが、私マリスタでデビューですw


050511TvsM8.JPG
鳥谷敬と国道43号線のスピードスター



さて試合の方は、海風に晒されてブルブル震えてた観客席並にお寒い内容で・・・
っていうか最近毎度おなじみのゲーム展開ですね。


拙守に足を引っ張られながらもなんとかゲームを作る先発投手
             ↓
序盤から中盤にかけて全く繋がらず線にならない打撃陣
             ↓
終盤踏ん張りきれずに崩れる先発投手
             ↓
終盤、打線が初めて繋がって好機を作るがあと1本が出ずゲームセット



みたいなゲーム内容。
確かにロッテは好調なんでしょうけど、昨日今日の試合はウチが酷かった。淡泊すぎ。勝利への執着心が感じられない。初回から相手を圧倒してやるくらいの気概を見せて欲しい。そろそろ起きろよタイガース。


個々の選手を見ていくと、先発の杉山直久はずいぶんがんばって粘ったと思います。
いつもは打たれ出すと止まらないというか、粘りっ気ゼロなんですが、今日は合格点。
ボールひとつひとつよりも、その試合を壊さない粘りを高く評価してあげたいです。


野手の方は、もうね、完全に濱中おさむ。
今日は私は当然濱中ユニを着て行ったわけですよ。ハマちゃん見るの、調べてみたら去年の4/7横浜戦@ハマスタ以来で、テンションはとっくに東MAX。それで1打席目からセンター前ヒットでしょ。もうね、涙腺かなりヤヴァ目で・・・
横から見てたんで、打ったコースがよく分からなかったんですけど、濱中自身だいぶボールが見えてきてるみたいですね。濱中に当たりが出てくると、今の貧ラインアップを組み替える際のオプションがグッと増えるので、これからも(焦らず)がんばっていって欲しいです。


余談ですが、マリスタの売り子さんレベル高いですねぇ。いやー噂はかねがね聞いてましたが、なかなかの粒ぞろいで。自分はハマスタが一番いいと思ってたんですけど、平均点はマリスタの方が上ですね。最高得点はやはりハマスタの方が上のような気がします。


それともうひとつ、今日初めて見たマリサポの応援にちょっと感動すら覚えました。
なんといっても、応援が完璧に揃ってるのがスゴイ!w
ありゃーどういう仕組みになってるんですかね? 
阪神の場合は応援団がまんべんなく配置されてて、そのうちのリーダーが指示だして引っ張っていくじゃないですか。それでも同じ外野でもズレることあるのに、マリサポは一体どうやって・・・?
遠目ですが、応援団らしき人はいなかったようですけどね・・・太鼓はあったみたいですけど、笛の音は聞こえなかったし・・・・誰か詳しい方秘密を教えてください。


週刊ベースボール


早くも今週の週ベにドラフト特集が組まれています。
今年のドラフトは熱いですよ。個人的には去年より熱い。なぜなら今年は有望高校生がものすごく多い!
ちなみに去年からドラフト注目選手リストを作っています。まだ激しく未完成ですが、もしよかったらどうぞ。


今年のドラフトは一般に言われてるように、高校生上位に行くチームが勝ち組だと思います。
まだどのようなドラフト制度になるのかすら議論の途中ですけれども、今年は上位指名される高校生の数が多くなることだけは間違いないでしょうね。
ここにも何度も書いてますが、今年はとりわけ関西に将来有望な素材が多。一部あげてみると、


投手=辻内崇伸・大前佑輔・鶴直人・若竹竜士・大西正樹・片山博視
野手=平田良介・岡田貴弘・川端慎吾・松井佑介・溝端忠・正木修平


ザッとこれぐらいは。
野手だと個人的には平田に行って欲しいんですよねぇ・・・・ウチの外野陣の守備力は目も当てられないし。岡田の打棒は間違いなく魅力ですが、総合的に見たら、俊足かつ強肩で守備もうまい平田の方が上だと判断したいですね。
投手では 辻内=鶴≧大前>若竹 の順で評価しています。夏に実物をはるばる見に行く予定なので、見たら変わるかもしれませんけど・・・


去年からサンスポがしきりに「阪神は武内晋一」みたいに伝えてますけど、縁故主義の岡田監督だけに現実味がないとは言えません。武内行くなら岡田貴弘獲りに行った方が絶対いいですし、そのへんがちょっと心配です・・・

2005年05月10日

■トラキチvsマリサポ 初戦!
vs千葉ロッテマリーンズ 1回戦 千葉マリンスタジアム

福原忍が8回を155球完投。早くも5敗目を喫しましたが、今日の福原はそれほど悪かったでしょうか。
コントロールこそ時折アバウトになって逆球もありましたが、ボールの球威とキレは今シーズンでもトップクラスだったように思えます。3失点も失策絡みでしたし、次回登板こそは勝ち星を期待できるでしょう。

それよりも情けないのは野手陣ですね。
守れないのは今に始まったことではありませんが、打つ方がかなり酷い状況。
4、5番が猛打賞の活躍をしながら、零封負けとはどういうことでしょう。
1番赤星が徹底マークにあって出塁できなかったのも大きいですが、それよりも金本・今岡の前後の外国人2人の不調が大きいように思えます。
シーツ先生は不調の波が長いですねぇ・・・かれこれ3週間くらいパッとしないんじゃないですか。低めのボール球に手出しちゃうし、高めのボール球は打ち上げる。スペンサーもちょっと最近ボールが見えてないカンジで、ストライク・ボールの見極めができていない。
やっぱり03年の時みたいに、オマリーを特命コーチなりなんなりにして外国人選手のサポート役に回ってもらった方がいいんじゃないですかね。あれはあれで成功してましたし。

もうひとつ気になってるのが、町田公二郎の代打成功率ですね。
活躍のインパクトの強さもあってか、「代打・町田」コールがあるとスタンドが湧きますが、その成功率は決して誉められたものではありません。今日の試合のも含めて、代打だと17打数3安打 打点1 本塁打0 打率.176
今まで町田が築いてきた輝かしい代打成績をないがしろにするつもりは全くありませんが、打率.176では去年の立川や葛城と変わりません。最後に打ったヒットが4月27日とかですし、そろそろ岡田監督も代打の順番を考え直す時期かもしれません。


挑発ポスター第2弾

昨日に引き続きマリーンズ営業部の悪ノリ暴走を・・・w
まずはこちら、



挑発ポスター第2弾ですね。


Web Hochiによると、海浜幕張駅などに6種類、計60枚貼ってあるそうです。楽天に向けられた第1弾に比べるとややインパクトに欠けますが、チーム状況を反映するかのごとく明らかに調子に乗っています
それもそのはず、マリスタはどこから湧いたか連日たくさんのファンが詰め掛けていて大盛況だし、ナント2軍まで大人気で将来的には2軍球場を浦和から千葉に移転させて、千葉に一大ボールパークを作る計画まであるそうです。
さらにさらに暴走した地元商店街関係者は早くも優勝パレードの準備に奔走

チームのあまりの勢いに春の珍事として脳内処理できない弱小チームファンの悲哀、分かるぞぉ・・・・・(つД`)
阪神と対戦する時はご遠慮願いたいもんですが、ロッテにはこのまま走って欲しいですね。長年弱いチームを応援してきた熱いファンという共通項がありますので・・・


04年ドラフト組~金の卵たちが続々

辻本、26日にも1イニング限定で実戦デビュー(スポニチ大阪)
ダル 6・14に1軍デビューへ(スポニチ)
L涌井、15日雪辱先発も(hochi)


話題性の高い辻本賢人とダルビッシュ有がいよいよベールを脱ぎそうです。
辻本の場合はまだまだ時間がかかると思いますが、ダルビッシュの方は交流戦での1軍登板へステップアップの意味合いを持ってきそうです。下で佐藤義則コーチに鍛えられてるようですし、どれくらいのピッチングを見せてくれるのか今からワクワクします。

また、すでに2戦先発し、プロの壁に跳ね返された格好の涌井秀章にもリベンジの場が早めに与えられそうです。涌井の場合は、キャンプ時の好調が開幕後に維持できなかったカンジですし、イースタンで好投しているようなのでかなり楽しみですね。

一方、こちらは03年ドラフトになりますが、日本ハムの糸井嘉男投手に野手転向へ含みを持たせた打撃テストが課されたようです。もし本気ならまだ2年目なのに、ずいぶん見切りが早いですねぇ。それに糸井は自由枠でしょ。2年目で打者転向なんてことになったら、スカウトや編成の責任問題になりかねないんじゃないですか。

2005年05月09日

■マリーンズ営業部
インターリーグの楽しみ方・・・

阪神に9割方目を向けているので気づきませんでしたが、昨日別の試合でも早大対決がありました。
ソフトバンク・和田毅とヤクルト・青木宣親&ルーキー田中浩康が思い出の地・神宮球場で実現。
時系列的に並べると

江尻慎太郎→和田毅→鳥谷敬・青木宣親(他2名)→田中浩康

とキレイに数珠繋ぎ。こういう対決が見られるのも交流戦の魅力のひとつですね。
田中浩の恨み節がサンスポに出ていましたので抜粋しておきますw

◆早大の2学年先輩・和田に三振のヤクルト・田中浩
「まさかプロ初三振が和田さんからだとは…。でも後輩に変化球勝負なんて…」


それにしても名門ワセダはいい選手を輩出し続けますよね。今オフドラフトにも武内晋一・越智大祐が引っかかってくるでしょうし、その次は報徳学園の大谷智久もいますしスゴイですね。


マリーンズ営業部

阪神戦の交流戦イベント・記念グッズについて(マリーンズ公式HP)
http://www.so-net.ne.jp/marines/topics/event_info.html#1115342188


明日から目下絶好調のロッテとの3連戦となりますが、マリーンズ営業部の方々も張り切って色々企画を練ってらっしゃるようで・・・



企画その1

打ち上げ花火
全試合5回終了後花火が300発上がるそうで、いいじゃないですかー!セの球場じゃなかなか見られませんし!






企画その2

記念Tシャツ
交流戦記念グッズでしかも限定モノ!こりゃファン垂涎のアイテムですねー!






企画その3

交流戦弁当







・・・








べ、弁当っ!?






マリスタの弁当といえば、いわずと知れた呪いの弁当
それの相手チームバージョンって・・・・・どんだけ挑発してんねん。面白いよマリーンズ営業部!!w
2戦目に現地観戦する予定なので、ゲットして食べてみたいです。
まあしかし楽天がマリスタに来た時の駅の挑発的ポスターといい、ファンサービスにすごい力を入れてますね。タイガース営業部にもこのあたりは見習って欲しいですね。

2005年05月08日

■早稲田対決実現
vs北海道日本ハムファイターズ 3回戦 札幌ドーム

-能見篤史
初回から不安定でどうなることかと思いましたが、その後はストライク先行のピッチングで低めを丁寧に付いていました。ストレートにもスライダーにもキレがあり、初めて見る日ハム打撃陣はことごとくタイミングが合ってませんでしたね。
9回先頭のオバンドーにソロを被弾して完封こそ逃しましたが、プロ初の完投勝利。しかも33試合目にして、チーム初の完投。
昨日など救援陣を総動員していましたし、とりわけ球児・ジェフ・ハシケンは完全に登板過多でしたから、能見の完投はチームにとってものすごく大きいと思います。
ちょっとだらしない他の先発陣には、ルーキーに先越されたことを発奮材料にしてもらいたいですね。

-江尻慎太郎と鳥谷敬
交流戦でしか見られない先輩・後輩対決のひとつが実現。
調べてみたら、江尻と鳥谷はドラフトで指名されたのが2年差ですか。ホントは5年差があるはずですよね・・・江尻が77年生まれで鳥谷が81年生まれですから。江尻って浪人とか留年とかしたんですかね、よく分かりませんが。
まあそれはいいとして、例のライバル宣言!で江尻と鳥谷はお互いを指名していたので個人的にかなり楽しみにしてました。特に江尻はコメント欄に「絶対打たせない」と書いていましたが、結局鳥谷が3打数2安打。1打席目もライナー性の物凄い打球飛ばされてましたし、3打席目のツーベースヒットを打たれたところでマウンドを降りることになりました。今回は完全に鳥谷の勝ちでしたね(^o^)

-アンディ・シーツ
昨日の2つのエラーを今日の試合で取り返せず・・・凡退してヘルメットを投げ捨てるなど、かなりストレスが溜まってる様子でした。
次カードのロッテ戦(目下絶好調)で絶対取り返して欲しいですね。


a designated hitter

桧山故障、先制口火も暗転…左太もも裏に違和感(スポニチ大阪)
http://www.sponichi.co.jp/osaka/base/200505/08/base180185.html


桧山進次郎が昨日の試合で足を傷めたようです。
タイミングが悪いというか、濱中がまだまだ本調子から程遠いことが判明して、ひーやんにはDHで試合出場するチャンスが増えた矢先だったんですけどね。
交流戦前はDH候補がたくさんいて困ってたんですけど、ここにきて逆の展開になってきました。[[桜井広大]]も怪我してしまいましたし、ここはやはり濱中おさむの底力に期待するしかなさそうですね。


かぶり物エンターテイナー
TBSのJスポーツを見てたら、我らがMr.カラスコ登場!
相変わらずの暴れっぷりに仙台の楽天ファンも大興奮w
彼のような人材は日本全国探しても、きっと見つからないでしょうね。
ホント阪神はバカですよ・・・(つД`)


河原純一

河原 新天地で生まれ変わった(デイリースポーツ)
http://www.daily.co.jp/baseball/2005/05/08/171779.shtml


泡様とかあわわとか、読売時代は散々虚仮にされてた河原が新天地でいいピッチングを見せています。勝敗こそ1勝2敗ですが、防御率3.23と先発投手として試合をしっかり作れています。ちなみに去年の防御率が6.46ですから、ちょうど半分ということになりますw
私だけではないと思いますが、阪神ファンの心理として、巨人から出ていった(出された)選手は通常の3倍応援しますよw 
次回登板はどうやら出されたその読売相手に投げるようになりそうなので、現地に行って応援してあげたいくらいですw

2005年05月07日

■一夜明け
vs北海道日本ハムファイターズ 2回戦 札幌ドーム



長いよ。


5時間は長い。グッタリ・・・
救援陣大盤振る舞いした末のサヨナラ負けだから余計ですね。最後だって記録上はヒットですけど、ありゃ普通にエラーでしょう。シーツ先生が2つもやらかしちゃって・・・・明日しっかり取り返して欲しいですね。

我らが濱中おさむはやっぱり変化球に目が付いていってないですね。それが自分でも分かってるから、追い込まれる前に打とうとして打席の中で焦っている。それがバッテリーにも伝わっちゃってますね。結果、残念ながら途中交代。明日はスタメンから外れそうです。
うーん、こればっかりは特効薬はないですから、徐々に目を慣らしていってもらうしかないですね。あまり時間がないのが問題ですが、とにかく焦らないことです。もともと1年かかるって言われてたところを7ヶ月で出てこれたんですから、焦らずに行きましょう・・・

他に気になってるのが、腕を上げた吉野誠ですね。
前もここで言ったと思うんですけど、今の吉野はボールの出所が見えすぎちゃって何も恐くないみたいな。去年、蓄積疲労からか全然球威がなくなって、「このままじゃジリ貧」と思ったのか思わなかったのか知りませんが、今年からは腕の位置を上げて球速を取り戻そうとしているようです。
ただその球速にしても140㌔を越えたくらいのところなので、相手バッターからしたらそれほど恐くない。そういうこともあって阪神首脳陣も吉野を大事なところで使っていないのではないかと思います。
大変厳しいことを言うようですが、一昔前の阪神タイガースならいざしらず、救援陣が充実した今のタイガースだと敗戦処理くらいのポジションしかないのが現状だと思います。なんとか03年の頃のボールのキレ(球速じゃなく)を取り戻してもらいたいです。


濱中おさむ

-浜ちゃん泣けた!交流戦初戦で復活V打(大阪日刊スポーツ)
-歴史的1勝 浜ちゃん決めた(デイリースポーツ)
-渾身のガッツポーズ…虎・浜中が完全復活の二塁打!(サンスポ)
-故障から2年、阪神浜中が復活の決勝打(日刊スポーツ)
-阪神・浜ちゃん決勝打「交流戦」歴史的1勝だ(スポニチ大阪)
-帰って来た浜中がV打!(hochi)
-浜中に回せ!猛虎一丸、関本「感動した」(大阪日刊スポーツ)
-「同期浜中復帰祝い」関本&今岡快打で勝利呼ぶ(スポニチ大阪)
-【八木裕】阪神OBとして浜中を心から祝福したいと思う(サンスポ)


昨日は気が張ってたからか比較的冷静なエントリーでしたが、今朝スポーツ各紙読みながら涙がウルウル・・・・
良かったなぁ浜ちゃん・・・長くつらい時期が続いたもんなぁ。
なんかオレも同年代として、がんばろうってすごい勇気づけられた気がする。ありがとう浜ちゃん。


交流戦の魅力
昨日から始まった史上初の交流戦ですが、ここでメディアには取り上げられていない地味な楽しみにしているポイントを挙げておきたいと思います。
-本来の力(?)を発揮し始めた泡様こと河原純一投手vs読売巨人軍(←次回登板に実現か!)
-一場靖弘vs野間口貴彦のライバル心剥き出し対決(←今日実現予定)
-岩隈久志v[鳥谷敬vs正田樹の81年生まれ頂上対決(プロ・大学・高校)
などなど。
また気付いたことあったら書き足していきたいと思いますw


セリーグ入場者数

     今年    去年
阪神 43,966人 52,929人
読売 41,145人 55,000人
中日 32,500人 32,692人
神宮 20,949人 26,071人
横浜 14,777人 21,923人
広島 13,123人 13,929人


実数に近い観客数発表で6球団すべてが前年を下回りました。
が、なんとなく中日の数字に違和感を覚えますね。実数のカウントの仕方に違いがあって把握できていない部分が中日にはあるようですが、ちょっとこの数字は多すぎやしませんか。ぶっちゃけこんなに人数入っていないでしょう。
というか、やはりリーグで統一した実数発表の基準みたいなものを定めた方がいいですね。コミッショナーは一体なにをされてるんでしょう・・・・辞任するって話はどこ行っちゃったんですかね。

2005年05月06日

■甦るプリンス
インターリーグ開幕

日本プロ野球史上初の交流戦がついに今日からスタート。
全国的に雨模様ということで若干出鼻をくじかれた感がありますが、それでも初の交流戦というワクワク感は高まるばかりです。

阪神タイガースvs北海道日本ハムファイターズ(札幌ドーム)
ロッテマリーンズvs横浜ベイスターズ(横浜スタジアム)
西武ライオンズvs広島東洋カープ(広島市民球場)
読売ジャイアンツvs東北楽天ゴールデンイーグルス(フルキャストスタジアム宮城)
ソフトバンクホークスvsヤクルトスワローズ(神宮球場)
中日ドラゴンズvsオリックスバッファローズ(スカイマークスタジアム)


全6試合。
今日から1ヶ月あまり続く交流戦。目一杯楽しみましょう。


vs北海道日本ハムファイターズ 1回戦 札幌ドーム
~試合後~

-濱中おさむ
虎のプリンスこと濱中おさむが1年ぶりにDHスタメンで出場。
2点タイムリー打った時はグッときましたね・・・・今書いててもかなり目頭が危ないw
ヒーローインタビューでも泣けるコメント出してたし、ハマちゃんも大変な苦労した分嬉しかったろうけど、こっちもすごい嬉しかった。
がしかし急転、現実をlook closerすると、ハマちゃんまだ変化球に目が付いていってないですね。タイムリー打った球も甘い逆球のストレートでしたし。
だけどハマちゃん復帰してまだファームで5試合くらい出ただけですからね。そりゃいきなり打つのは至難の業ですよ。本人がインタビューで言ってたように「たまたま当たった」というのが本当だと思います。
ですが打席を重ねるごとに良くなっていくと思いますので、あまり猶予があるわけではありませんが少し長い目で見てあげてくださいm(_ _)m

-投手陣
今日の[[安藤優也]]は球数こそ多めでしたが、今シーズンの中では一番安心して見てられました。まず球威がありましたね。中継ぎをやっていた時のような勢いのまま、先発でロングイニング投げてるようなカンジがしました。毎回あれくらい自信満々で、リズム良く効率的な投球が出来れば相当心強い存在になりますね。

江草仁貴が1/3回の救援でプロ初勝利。ここまで連投を含め、辛抱強く投げてきた結果だと思います。おめでとう江草!


ウッズ・ドクトリン?


中日・[[ウッズ]]が藤井に暴行!ヤクルト激怒「計画的だ」(サンスポ)
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200505/bt2005050601.html


アメリカ人の先制攻撃論ですか・・・デッドボールだったわけでもないのに、相手を殴りつけるなんて。当てられる可能性がある場合は毎度毎度殴りつけるんですかね。

それにしても、「帽子を取って謝れば、問題はなかった」はないでしょう。当たったなら別ですよ。最近当てても帽子取らない選手増えてますし、それはそれで由々しき問題ですけど、藤井のボールは当たってない
連盟はこういう蛮行には厳しい態度で臨まなければなりません。


ダルビッシュ有

ダルビッシュが147キロデビュー/イースタン・インボイス戦(北海道ニッカン)
http://www.kita-nikkan.co.jp/fighters/nh05050601.htm


だいぶ紆余曲折ありましたが、今年の高卒新人の大将格・ダルビッシュが初登板。
シーズン開始当初は西武の涌井秀章が1軍で登板していましたが、今現在高卒新人は誰も1軍にいないんじゃないですかね。
そういった意味でもダルビッシュにはがんばってもらいたいと思うし、昨日の映像見ましたけど、やっぱりダルビッシュはすごくいいピッチャーだと思い直しました。早く1軍で見てみたいですね。

2005年05月05日

■ライバル宣言!
vs広島東洋カープ 6回戦 阪神甲子園球場

-井川慶
井川慶が7回0/3を5安打3失点。92球という球数で下ろされたのは、首脳陣の今の井川への信頼度の低さが表れています。
ただ今日の井川は悪くなかったですよ。デーゲームということで試合前はかなり心配していたのですが、ボールはよく低めにコントロールされてたし、チェンジアップが高めに抜けることもなかった。ストレートも以前のように「置きに行く」カンジでもなく、よく腕が振れていたと思います。
ラロッカに打たれたホームランは、確かに甘いボールではありましたが、浜風によるところが大きかったんではないでしょうか。点差が詰まってしまったのでスイッチは仕方ありませんけど、次こそは絶対に完投してもらいたいですね。

-赤星憲広
ヒーローインタビューでのコメントにちょっと泣けた。
エライなぁ、赤星は。足相当痛いでしょう、ずっと引きずってましたし・・・
それなのに・・・エライよ赤星は。日本野球界の誇りです。

-濱中おさむ
昨日先発したブラウンと沖原佳典が落ちて、久慈照嘉とともに我らが濱中おさむが今日1軍登録。
出番はありませんでしたが、ベンチに座る浜中に何度も何度もテレビカメラが向けられていました。
いよいよですね・・・・・高鳴る鼓動、復活の時。

ちなみにプレコレによると、どうもハマちゃん、ブログ開設を目論んでるように読めます。もしそうなら楽しみですね。


「ライバル宣言!」

選手会・交流戦特別企画「ライバル宣言!」がすごく面白い。
セパ各チームの選手が、交流戦で対決するチーム別に気になるライバルや、対戦して見たい選手を指名しています。

阪神に限らず、同郷や同年または先輩・後輩で指名してる選手が非常に多いですね。中には「また釣りに行こうね」(楽天・カツノリ→阪神・福原忍)みたいな普通のメッセージもあって面白いです。ちなみに福原もカツノリを指名していて、そのコメントは


「打ち取れる予感がする」


さらに阪神を眺めていると、杉山直久のコメントが「打ちそうやから」もしくは「打ちそうやし」。さすがO型、すごい適当w なんとなくコントロールが悪い理由が見えたみたいなw
驚いたのは辻本賢人君の日本ハムの欄。






対戦してみたい選手:山田勝彦

山田選手にあこがれて野球選手になりました Σ(゜Д゜;)エッ、ソウナノ!?






山田オマエ野球やってて良かったな・・・オマエごときに憧れてプロに入った少年がいるぞ(つД`)


他の球団の阪神へのコメントを見ていると、西武の平尾博嗣がかっこいい。




すべての投手・・・見返してやりたいから




いいじゃん、この心意気。ちょっと鳥肌が立っちゃったくらいカコイイ。

2005年05月04日

■不死鳥が舞い降りたら・・・
vs広島東洋カープ 5回戦 阪神甲子園球場

なにげに録画失敗して、23時からGAORAで見ました。


が、眠い・・・・


かなりの眠気まなこでブラウンを観察していたんですけど、みなさんはどういう評価されているんでしょうか?正直サンスポのように「救世主」とまでは捉えてないんじゃないでしょうか。
というのも、ブラウンはすごいボール投げるわけではないし(ストレートがほとんど140㌔未満)、ホントにコントロールが生命線のピッチャー。がしかし、今までキャンプからオープン戦通して、何度もそのコントロールが乱れ、力のないボールを痛打されているシーンを見てきちゃってますから、公式戦で1度好投されてもオイソレトハ救世主扱いなんてできません。
それにブラウンというピッチャーにまだ各チームが慣れていないのもプラスに働いているでしょう。そういえば、ボールは決して速くないコントロール主体の、ストレートがナチュラルで変化する外国人ピッチャー、去年もいませんでしたか?確か彼も初先発の時に好投しましたが、その後サッパリだったような・・・w
というカンジで外国人ピッチャーに関しては今まで散々裏切られてきてますから、ハナから信じないことにしてるんですorz 激しくネガティブなディフェンスメカニズムってとこですね。


濱中おさむ

浜中140メートル場外弾!一軍合流へ文句なしの一発(サンスポ)
http://www.sanspo.com/tigers/top/tig200505/tig2005050408.html


ハマちゃん復活まで、いよいよカウントダウンですね。1軍クラスのピッチャー相手にどこまでやれるのかまだ不安はありますが、ここまで「打撃の方では」順調です。
交流戦では右左によってDHを使い分けると岡田監督が言っていますが、桧山進次郎は絶不調。左右関係なく打てる濱中を固定してみても面白いかなと思うんですがどうでしょう。
っていうかひーやんは大丈夫ですかね?彼ほど腐りやすいというか、足が早いというか、「弱り目に祟り目」の状況に嵌るとどこまでも落ちていく人も珍しいと思うのですが・・・
スペンサーも濱中もいますし、現状どこかのポジションに桧山を固定することはできないので、なんとか腐らず状態を上げていって欲しいです。

ちなみに昨日のソフトバンクとのウエスタンの試合で、ルーキー高橋勇丞がプロ初ヒット(多分w)。守備力の高い右の外野手として、また去年のセンバツで真壁賢守から逆転サヨナラホームランを放ったように「ここぞの運」を持った選手として、個人的にものすごく期待をしているので、水谷コーチの指導の元どんどん力をつけていって欲しいですね。


さらにちなみに言うと、ソフトバンクの江川智晃がホームラン打ってましたね。中日に顔にスナイポされて出遅れてましたが、秋山幸二二軍監督から英才教育受けてるようです。是非触れ込みのように「秋山二世」と呼ばれるくらいの選手を目指して欲しいです。


和田豊

よく事情が分からないんですが、和田さんの野球日記がしばらく休止するとのこと。「皆さんに真意が伝わらず、非常に残念です」と書かれていますが、これはどういう意味なんでしょうか?4月27日分の絶句している日記にイチャモンつけた人でもいたんでしょうかね。
それともうひとつよく分からないのが、同じサイトにある「今日のひとりごと」というコーナー。
これって「野球日記」とどう棲み分けられているんでしょうか?前々から気になっていたんですが、文章の分量はほとんど変わらないし、趣向が違うわけでもない・・・
5/2の野球日記でしばらく更新休止すると書かれていますが、同じ5/2のひとりごとコーナーでは「ただ今、帰りました!」とw
う~ん、謎めいてるよ和田さん。でも更新は毎回楽しみにしていますw


赤星憲弘ブログ

ご本人も書いてますけど、結構久しぶりの更新。久しぶりすぎて「K、A、Tは誰でしょうクイズ」の自分の答え忘れちゃったよ!みたいなw

今戻って見てみたら、全然外れてますねw トリしか当たってない・・・・・
でもイクローは正直意外ですね。頭文字Kの選手っていっぱいいるし、兄貴とか太一郎とか。赤星と葛城が絡んでる画って見たことないような・・・w でもそういえばトリーとイクローって仲良かったですね。そういうつながりもあるんでしょうか・・・分かりませんがw


平田良介

大阪桐蔭・平田が56号!/高校野球(大阪ニッカン)
http://osaka.nikkansports.com/obb/p-ot-tp2-050504-0008.html


西谷監督のこのコメントが大変いいですね。


「本塁打が出ても、大振りしなくなった」



まさにこれこそが平田良介に求められたものでしょう。
このあたりが改善されてきたとなると、評価がさらに高まるのは間違いないと思います。

2005年05月03日

■誰が見てもお前・・・
vs広島東洋カープ 4回戦 阪神甲子園球場

~試合前~
今日デーゲームなんですね・・・ってゴールデンウィークだし当たり前と言えば当たり前か。
ええそうです、私にゴールデンウィークなどありませんよ・・・orz
アメリカのカレンダーで働いてまして・・・大型連休なんて年末年始にしかないんですorz
酷い試合じゃなきゃ18時からGAORAの録画放送見ます・・・

~試合後~
代打・町田のコールがかかったあたりで帰宅。うーん、我ながらナイスタイミング。結局ここが今日のハイライトでしたしね。
それでどうです、この打球・・・・・




まずひとつ間違いなく言えるのは、打球はポールのを通過しているということ。
上本孝一三塁塁審は「こちらが見たままでジャッジしてファウルにしました。岡田監督は“ボールが切れたのはポールの上だ”と言っていましたが、切れたのはポールの下の方、わずかに外れていた。しっかり見えてました。監督は “ポールの上だった”というのが異なる見解だったが、ジャッジについては当然、自信を持っています」と説明していたようですが、これは明らかな間違いで、完全にボールを見失っていたのではないかと疑いたくなるほど的が外れています。
あとはボールがポールの右なのか左なのかということ。私には入ってるようにしか見えませんが・・・


濱中おさむ

虎に救世主!浜ちゃん交流戦DH先発復帰(大阪ニッカン)
http://osaka.nikkansports.com/otr/p-ot-tp1-050503-0010.html


今まで散々心配だー、不安だーと書いてきましたが、そりゃやっぱり心配だし不安ですよ。
もちろん久しぶりにハマが試合に出れるっていうのはめちゃめちゃ嬉しいし、すごい楽しみでもあるんですけど、心配や不安の方がどうしても上回ってしまいますね。だって何度でも言いますけど、もう1回やったら今度こそ終わりなんですよ・・・・・それにまだ守りにつけないということは、それだけの回復具合だということですし・・・
ただハマちゃんの復帰が、貧打にあえぐ阪神打線の起爆剤になりえるのは事実。中日戦の逆転負けをいまだに引きづってるチームへの活力になって欲しいですね。


マトカン

浜中だけじゃない!的場は復活へ焦らずじっくり(サンスポ)
http://www.sanspo.com/tigers/top/tig200505/tig2005050306.html


一方のマトカンこと的場寛一はまだ時間がかかりそうですね。
故障した当初は「右肩関節唇損傷」という阪神ファンにとって悪魔の使いが来たみたいな響きの診断で「これはまた1年とかかかるなorz」と思っていたんですが、3月16日の段階でフリー打撃を再開したと出ていたのでホッとしていたのですが・・・
守備力のある外野手は相変わらず手薄なので、焦りは禁物ですがなるべく早く帰ってきて欲しいです。


ハムのドラフト

日本ハム 柳ケ浦・山口俊獲りへ(スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2005/05/03/06.html


まだこの時期だからなんとも言えませんけど、松橋拓也はスルーなんですか?
確かに今センバツでの松橋はヒドかったですけど、素材としては山口に勝るとも劣らないはずです。
日ハムがリアルに山口獲りに乗り出すとは考えにくいけど、松橋が夏もダメならあり得る話でしょうね。その上で地元に配慮するなら、松橋を下位で抑えるかもしくは社会人に氷結して、来年1つ下の田中将大を獲ったらいいですし。



古田敦也ブログ


巨人戦でよもやの撃チン退場を余儀なくされた古田選手会長がその模様をご自身のブログに綴ってます。
いやー・・・・あの痛みはね・・・・・それに私自身、右と左が1:3になる程したたかに打ち付けたことはありませんが・・・・相当な痛みであったろうと推察されます・・・w
次回更新が楽しみな締め方ですねw 女医!

2005年05月02日

■交流戦へ
消沈の猛虎
情けなく4連敗。。。。中日戦のまさかの逆転負けを思いっきり引きずってますね。
百戦錬磨の島野育夫でもチームが精神的に下向きになると軌道修正というか、活を入れるというか、そういうことはなかなか難しいんですね・・・
そろそろ仙さんにご登場願って、チームに猛ゲキを飛ばしていただきたいなぁなんて思ってしまいます。交流戦まであと1カードしかないし、下降線で交流戦には入りたくないですからね。

交流戦のチケットですが、5/11のロッテ戦(千葉マリンスタジアム)と6/15の西武戦(インボイスSEIBUドーム)抑えました。西武ドームはもう20年くらい行ってないですし(当時は西武ライオンズ球場)、千葉は行ったことすらないので、今からすごく楽しみです。


鶴直人

近大付・鶴に日米8球団集結(デイリースポーツ)
近大付鶴、初登板1失点完投/高校野球(大阪ニッカン)


今ドラフト大注目の鶴直人(近大付)。
実物見たことないんですが、評判すごくいいですねぇ。自分の中のイメージじゃ(これはいつだってアテにならないw)、同じ右腕の山口俊やら小泉圭市やら若竹竜士より野球センスが良さそうなイメージ。
鶴は現地で見ないとダメですね。絶対見ておきたい選手の一人です。


福原愛より大橋未歩

どうでもいいんですが、今日のテレ東すごいですね・・・20時から卓球!?
愛ちゃん人気に当て込んでるんでしょうが、ずいぶん思い切った番組編成ですねw

2005年05月01日

■新球団、前途多難の船出
楽天イーグルスの抱える問題点

楽天・山下ヘッドらの2軍降格発表(スポニチ)
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2005/05/01/05.html


うーん、どうなんでしょうね。まだ開幕して1ヶ月しか経ってないのにこれでは我慢が足りないと言われても仕方ないような気がしますね。
確かに選手の尻を叩くと言うか、負け犬根性に活を入れる的な効果はあるかもしれませんが、その選手があのメンツでは・・・・・厳しいこと言いますけど、あれでは日本のプロ野球の1軍では戦えません。
明らかな戦力不足です。コーチ陣の組閣を見直すよりも、新しい戦力の獲得に動くべきです。交換トレードは成立しようがありませんから、三木谷オーナーのポケットマネーとやらで金銭トレードになりますね。

それともうひとつ。三木谷オーナーは表に出過ぎだと思いますね。
本来、監督やコーチの組閣などのチーム編成責任者はGMのはずです。ですからGMの肩越しにオーナーが直接、コーチの組閣や選手の起用方法についてあれこれ言うべきではありません。
GMの権限を尊重するためにも、オーナーがクビを飛ばせるのはGMまでであるべきだと思います。
もしどうしても選手の起用法やらに口を挟みたいんであったら、自分の代弁者になってくれるGMを起用すればいいのです。まあいちいちあれこれ言うオーナーがいるチームは批判の矢面に立つことが多くなるでしょうが。

 | Blog TOP | 

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。