つれづれなるままに
Other

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年08月01日

■ウエストサイドストーリー
先週末の「ウエストサイドストーリー」@シアターオーブ。


もちろん名作ですが、夫婦でもう一つ作品に引き込まれなかった。
なぜだか考えてみたところ、S席で観たのにも関わらず、ライブ感をあまり感じなかったのです。

まずNYやロンドンで観たミュージカルと比べて、まず箱(シアターオーブ)が全然大きいということ。
演者との距離だけでなく、隣席との距離ももちろんゆったりで、なにか一体感に欠ける。
音響も良すぎて(?)、ちゃんとオーケストラがいたのにライブ音源じゃないと思ってしまった。

例えて言えば、甲子園のライトスタンドと東京ドームのレフトスタンドでの観戦くらい違いました。
スポンサーサイト

2016年07月19日

■カラオケと宿泊施設の日本式課金システムについての苦情申立。
日本のカラオケやホテル・旅館の課金システムに納得がいかない。

海外では通常1部屋につきいくらになってるけど、日本だと1名につきいくら。
これって合理性ないと思うんだけど。


カラオケで考えると、例えば2人で1時間歌いに来たとする。
2人で歌えるのは10曲程度。1人5曲だ。
1時間400円の料金設定なら、それぞれ400円を払って、合計800円。

じゃあ4人で来たとしよう。
4人で歌えるのも同じく10曲。1人2~3曲しか歌えない。
だけど、料金は1人1時間400円だから、半分の曲数しか歌えなくても同料金。


ホテルだとどうなるか。
海外なら2人で宿泊しても3人で宿泊しても、1部屋1晩いくら。
だから1泊6万円の高級ホテルに3人で泊まっても、1人2万円で済む。

だけど日本だと、1人いくらで課金されるから、高級旅館に3人で泊まろうと思ったら、多少のお値引きがあったとしても、X3の料金を取られることがほとんどだ。
カラオケと同様に、例えば旅館の部屋で占められる面積は2人より3人の方が狭くなるし、室内に露天風呂が付いていても、1人あたり入れる時間は3人の方が短くなるのに、高い料金が取られる。

確かに日本の旅館は食事代が料金に含まれていることが多い。1泊2食のように。
これだと、1部屋で課金するのは旅館側からしたら確かに具合が悪い。

ならば、多少の手間はあるにせよ、宿泊客の立場からしたら、宿泊代と食事代を分けて計算してもらうのが合理的だと思う。


カラオケは分からないけど、旅館やホテルに関しては、これだけインバウンドが増えているので、変わる可能性があるかもしれない。
希望的観測だけど、変わってほしいなぁ。

2016年07月11日

■インデペンデンス・デイ リサージェンス
なんでもいいから映画を観に行こうという気運が高まり、109シネマズに「インデペンデンス・デイ リサージェンス」を観に行った。

苦渋の選択。

3Gのが観たい、という要望もあり、じゃあこれしかないな・・・と。
一応ネットでチケットと席を押さえてから行ったわけですが、映画館は8割ほどの入り。なかなかの人気ですな。みなさん選挙は行ったのですか?


さて、ここからはネタバレの感想。 

これは、CGを観に行く映画です、やっぱり。
なので、2Gとかで観たらあんまり意味ない。観るなら3Gとか4GのIMAXがオススメ。
だって、ストーリーはもう何もないんですもん。B級以下のストーリー展開。


もっと言えば中身がないどころか、最後の締め台詞が相当ひどい。

エイリアンとの交流の結果、この先数千年も人類の進化を可能にする情報をもらった博士。
嬉々として、こう叫ぶ。
「ワープを開発して宇宙空間の長躯移動を可能にし、エイリアン達をやっつけに行こうぜ!」と。
 


呆然とするわ。
その知識をPeace buildingに使わないんかい。


時間もったいなかったけど、涼しかったし、何でもいいから映画を観たいという嫁の希望も叶えられたから、とりあえず良かったです。

2015年09月12日

■研究集会「安保保障関連法案はなにが問題か」
2015年9月9日に早稲田大学で行われた研究集会「安保保障関連法案はなにが問題か」での、辻元清美議員の講演の文字起こしになります。
----------------------------------------------------------------------------
「いま国会で何が起きているかー安保法制議論の前線」
みなさま、こんにちは、早稲田出身の辻元です。
大学に通っている時は、まさか自分が国会議員になるとは全然思ってなくて、ピースボートの活動を一生懸命やっていました。で、お二人の先生方(注: 笹田栄司、長谷部恭男両氏)のお話しを前半継いで話を進めていきたいと思います。
安倍さんと私は当選年次は安倍さんは1期上なだけなんですね。で、昨日立候補潰された野田聖子さんと安倍さんは同期なんです。私は菅官房長官とその当選年次1期下で、1996年に初当選で今年の10月過ぎたら20年目に入る訳です。で、橋本総理の時代から各総理大臣と議論してきて、私が初当選した時には中曽根さんとか竹下さんとか昔の総理大臣もいらっしゃって。私は初当選した時は自社さ政権で1年生いきなり自民党との連立政権の政権与党の議員だったんです。不思議でしょ(笑)総理!総理!のずいぶん前ですね。当時の自民党の人たちから多くのことを学びました。土井たか子さんからもたくさん学びました。
それで、まず中曽根さんっていったら改憲の親分だというように私は警戒していたんですが、中曽根さんはですね、自分の考えや政策、実現したい思いや考えで憲法を変えたらダメだと、いうことですね。そういうことをすると、ひとつの政治の安定性がなくなってしまう、ということをおっしゃっていました。
また私が初当選の前の村山総理がですね、社会党時代は自衛隊は違憲だ!と言ってきた。しかし最初の所信表明の時に、合憲だというように発言をして、社会堂が凋落して行く原因を作ったといわれて、かなり批判をされたわけですが、のちに村山さんから話を聞きますと、立憲主義の国で憲法解釈の長年の積み重ねがあるので、自分が総理大臣になったからといって、いきなり「憲法違反で自衛隊は解散じゃー!」って、それは法的安定性、それから社会の安定をそれこそ根底から覆すということで、彼はあの発言に至ったというようなことを聞いたりですね。自民党も含めて、この立憲主義に則った政治をしていこうという、そういうルールは与野党とも持っていたと思うんですね。
安倍晋三さんと私は若手の時から対立してきました。「天敵」と言われてきて、、、だから彼も私のことが大嫌い。多分国会の中で一番嫌いと、思いますね。
今、自民党はネトウヨ政権化してきていると思っていて、官邸翼賛会になってきているという中で、野田聖子さんが立候補しようとして、なにかネトウヨの世界では野田聖子は「自民党の辻元清美」だと書いてるらしいんだけど(笑)。こういう時ははっきり物を言って、自分の立場とか将来性とか言わずに立ちはだかろうとするのは実は女だったりするんですよね。みな、もう男ヘナチョコ多いよ議員(笑)。まぁ私も岡田さんに「あっちフラフラ、こっちフラフラ行ったらあかんぞ」と、「ここは腹据えて行けよ」と言うんだけど、言葉に力がなくて、志位さんに負けてしまうと(笑)。あのー、実態を今さっき長谷部先生の発言で垣間みたような気がしますが。。
安倍さんは結構憎んでるんだと思います、立憲主義というか。それだから、もう無視しているというよりも、憲法をズタズタに傷つけてやるんだということに快感を覚えているんじゃないかと思う時があります。彼の発言、今回の憲法解釈の変更だけではなくて、自民党の中で百田氏を呼んで会合して、あれが文化芸術懇談会ですって(笑)、どこが文化芸術なんだと思うんですが。その時にマスコミ懲らしめ発言とか沖縄の2紙の新聞を潰してしまえというような発言が出た。その翌日に私がそのことについて質問をしたら、「自民党の議員たちには言論の自由があるんだ!」って言ったんですね。で彼は自分の発言を問われた時にも「私には言論の自由があります」って言うんですよ。お前はき違えてるんちゃうか、という発言をまあ平気ですると、言論擁護するんであってですね、「自分の言論の自由があるから、自分は何しても何言ってもいいんだ」みたいなことを平気で言うんですね。
それからヤジについても「早く質問しろよ」ってご覧になったと思いますが、憲法63条で三権分立でのもとでの立法府と行政府の役割、どういう時に行政の長が立法府に来て、説明答弁しなければならないという時に自分の立場を弁えていなくて、立法府の国民の代表たる議員が発言をしている時にそれを封じるとか妨害するとかいうようなことを自分が出来る立場にないはずなんですが、もう全く規範意識とか立憲主義ということを弁えてないだけじゃなくて、出来る限り自分の任期中にこの憎たらしい日本国憲法をなんとか変えることができないんだったら、もうこれを骨抜きにしたり、傷つけてやれと思ってるように私は見えるんです。
さてそんな中で、6月4日の憲法審査会の現場に私もおりました。実はですね、あまり言ってないんだけど、お二人(注: 笹田・長谷部両氏)座ってらっしゃるので、、、質問者が私の隣の三重県選出の中川正春議員だったんですね。
私は安保関連法案の特別委員会のことで頭がいっぱいで、「こんな時に憲法審査会なんて開きやがって!」とか思ってたわけですよ。というのは、安保のあの法案で憲法9条をなんとか骨抜きにしようとしていて、かつそのあとに憲法改正をしたいということで、両輪で回していこうという、自民党が憲法審査会を開こう開こうって言って開いたわけなんですね。で、私は中川さんに「中川さん、悪いけどなぁ、今回の安保法案のこと、三人の先生に聞いてくれへん?」って言ったんですよ。立憲主義がテーマで中川さんはかなりレベルの高い質問を用意されてたんだけど、「今日のニュースは安保法案についてしかニュースになれへんから、、、それも最初の方に聞いてよ」って。「あの法案についてどう思うか、最初の方に聞かないと、みなさんお答えになった後の方やったら時間なくなるかもしれんから、最初の方に聞いてくれへん?」って小さい声で言ったんです。そしたら中川さんが「一問目に聞くのはちょっとだから、二問目に聞いてみる」っておっしゃったんですよ。それで二問目に中川さん聞いてくれたんです。聞き方が上手だったんですね。「あなたが最高裁判所の長官だったら」とかなんかそんな前フリして「違憲だと思いますか?」ってお聞きになった。それで三人がご意見を述べられて。その時ですね、私の斜め前に公明党の今回の高村さんのカウンターパート、この人弁護士なわけですけど、北側議員がいて、みるみる能面のような顔になった。船田さんとか自民党席を見たら、微動だにせずって感じ(笑)。まあそんな状況だったんですね。
あの後から局面がずいぶん変わりました。そしてですね、翌日かな、菅官房長官が記者会見で、「合憲、憲法違反ではないと言っている憲法学者はいらっしゃるんですかね?」っていう質問を受けて、「いっぱいいます」って言ったんですよね。ですから私は「じゃあ次の委員会で菅さんを呼んで、いっぱいってどれくらい、どんな人か答えてもらおう」って思って、委員会に菅さんを呼びました。そしたら菅さんが来たので、「菅さんはいっぱいいるとおっしゃったので、いっぱい名前を挙げてください」って言ったら、3人しか挙がらなかったんですよね。それで、これは前日に私は官邸に連絡して、「明日いっぱいを何人言うてもいい、時間目一杯使って名前挙げてもいいから、合憲だと言っている憲法学者の名前を菅さんに聞くから、ちゃんと言いなさいね」っていう風に官邸に連絡してあったわけです。その晩官邸はね、憲法学者に電話かけまくったんですよ(会場笑い)。ほいで3人だったんですよ。あ、今もまだ3人ちゃいます?多分今も3人やと思いますよ。
それでですね、「え、3人ですか?昨日言うてあったやろ、調べてこいって。3人なの?」って言ったら、「数じゃないんです」って言ったわけよね。で、数じゃないって言ったあとに「最高裁判所なんですよ」って言ったわけです。それで先週ですね、最高裁判所元長官までもが、憲法違反だって言って。まあ詰め将棋で言えば、もう詰め切ってるわけですよね。ところが本人たちだけが、認めていないというような状況です。
さきほどの砂川判決と1972年の昭和47年見解というものを根拠にして言っているわけですが、私はさきほどから出てきている今の法制局長官・横畠長官に「あなたは急に突然砂川判決が根拠になるって言い出した。実は前から砂川が(根拠に)なるんだけどなー、言わんとこ言わんとこと思って、ずっと前からそう思ってたけど言わなかったのか、急に今回なんとか合憲にしなくちゃいけないから砂川判決を取り出したのか、どっちだ?」って言ったわけです。そしたら「いや、砂川判決はなんとかで・・・」って何言うてるか分からない答弁するわけですよね。それで「歴代の法制局長官および法制局の内部で今まで集団的自衛権の行使については第1次安倍政権の時も、安保法制懇を立ち上げて検討しろという話があって、法制局の歴代の議論および法制局長官の見解で砂川判決が限定であろうが限定でなかろうが、集団的自衛権の行使容認の根拠になるという議論を今までの法制局で一回でもしたことがあるか?そしてこういう見解を出した法制局長官はいるか?」ってやったら、「承知いたしておりません」って言ったんですよ。後付けでこれ言ってるわけですよね。
今度は「1972年見解というのは、今までそういうような解釈をしてきた法制局内部での議論や法制局長官はいましたか?」と、最後の論理と当てはめっていうんですけども、前半を論理とみて、安全保障環境が変わったからそれをあてはめたら、ガチャガチャと出来るって言うんだけど、「そんな解釈の仕方をした法制局内部での議論または長官はいますか?」って聞いたら、「今までは承知しておりません」って言う訳ですよ。そしたら「あんたがやってんやろと。あんたが編み出した議論やろ」と。「あんたが編み出した議論を歴代の法制局長官は間違ってると言ってるじゃないか。じゃあ歴代の法制局長官の間違っていると言ってることが間違いで、俺が正しいんだってここで言ってみろ」ってむちゃくちゃ意地悪なことをやってるんだけど(笑)。そしたら最初ですね、またわぁーと見解を言うんですよ。で、私が違うと、「今まで阪田長官も宮崎長官も大森長官もみんな先輩の長官が間違うてると、私が編み出したこの論理が正しいんだとここで言いきれー」って言ったら、「見解の相違でございます」って言うのね。「じゃあ法制局というのは、次の法制局長官がまた横畠さんが作った論理を「見解の相違」だと言って変えていいんだな?」って聞いたら「これ以上は絶対変えられないと思います」って言うわけなんです(笑)。もうね、呆れて物が言えないというか、そういう議論をまだ繰り返しているわけですよ。
で、浜田さんという人が、元防衛庁長官ですけども、彼が委員長だったわけですよ。この人、ハマコーさんの息子やねん。私はわりあい仲良しなんです。なんでか言うと、私は初当選の20年前から安保委員会で、周辺事態法の時も特別委員会のメンバーで議論し、イラク特措法も議論し、安保防衛族なわけです。それで逆の立場からの、ずっと議論してきて、同じ宿舎に住んでますんでバッタリ浜田委員長に会った時に「あんた、砂川根拠って信じてんのか?砂川、根拠根拠って言えば言うほど、国民は、あっ嘘言うてる、嘘くさい、こんなことしか根拠ないんやったら、やっぱり憲法違反やって思うねんで。あんた、ホンマはそう思てないやろ?」って言ったら、「そうなんだよなぁ・・・」って言うんですね。「高村さんが砂川が根拠だと言い出したから、もう止めれなくなったんでしょ?一応高村さんは自民党の大物だし、総理が答弁で砂川が根拠でございますと言ったから、もう打ち消せなくなったんでしょ?」って言うたら、「うーん。。。苦しいんだよねぇ」とか言うわけですよ。こんな状況なんですよ。それで突き進めていこうとしている。欺瞞っていうか、もう本当に欺きですね、法的安定性を崩すどころか、欺瞞に満ちた内閣であり、与党だと思っています。
それでヤジもさることながら、ヤジの次に出てきたのが、中谷さんと私が議論している時に・・・中谷さん、わりと正直な人なんですよ、顔に出てるでしょ?すぐ顔に出る、正直。彼がですね、私がばぁーと「砂川いつ知ったんだ?なんで今まで言わなかったんだ、砂川のこと?」とかさんざん言ってたらですね、「この法案に憲法をいかに当てはめるかということを考え抜いたんです」ってことを言ったんです、答弁でね。「へ?」ってなって、それでまた大騒ぎになって。ところが彼はこの問題を指摘しても「なにが問題なの?」っていう反応だったわけです。それでその次の委員会がほぼ止まるような状態になって、この発言を撤回しないと議論は続けられないという話になって。その発言を中谷さんがした日の夜かな、山崎拓さんが中谷さんを呼び出して「お前むちゃくちゃなこと言うてんぞ」っていうことで、さんざん教えたのに。で、山崎さんから私のところに電話かかってきて「中谷に教えといたから」って。攻守入り乱れて電話がかってきた私が質問したのにも関わらず、また中谷大臣はちゃんと答えれないんですよ。で、撤回するのかしないのか、どっちなんだはっきりしろって言って、まあしぶしぶ撤回をしたんだけれども、実は磯崎補佐官とか中谷さんのこれが本音なわけですね。
私たちももうこんな審議には応じられないということで、一切審議に応じないという態度に出て、それで国会を止めてしまえという議論も何回もあったんです。昔やったら止まるやろってことで。ところが維新が出て行くんです。そうすると一党でも出て行ったら、野党も来てるから、民主党は質問を放棄してるって言われるんです。そうするとですね、どんどん時間だけ、私たちが質問しない時間はカウントされていくわけですね。私とかが質問を放棄しているんだとなりますんで、それだったら出て行って徹底審議をしなければいけないということで、本当であればこんな答弁一つで内閣が吹っ飛ぶという事態が、今までの野党と違うんですよ。もう、安倍官邸の回し者みたいな野党もいてるわけで、そこが今の政治状況をややこしくしてる。
そしてメディアもそうですね。産経新聞や讀賣新聞は賛成ですから、私たちの質問をバッシングするというようなメディアもあるということで、メディアもそういう状況の中での委員会の進行が進んでおります。
もうひとつですね、さきほど長谷部先生の話の中に、6月9日に見解が出てきたという、見解を出した日にですね、あれは民主党が文書で出せと要求したので。19時か20時ころかな、横畠長官が説明に来たいと。民主党の私たち委員が集まって、横畠長官以下ですね、ぞろぞろと法制局のメンバーが来て、説明させてくれと夜説明を受けたんです。その時に、限定的な集団的自衛権の行使なら認められるんだって一生懸命言うわけですよ。ところが、集団的自衛権は一切ダメだと言ってきたじゃないかと。個別的自衛権と集団的自衛権しか国際的にも概念がないし、ここでの線引きしかないっていうのが今までの、いくら我が国に影響が及ぶことでもあきません、って当時の秋山法制局長官とかが言っている。これは当時の安倍晋三議員の質問に対して、ぴしっと「だめだー」って言ってるわけですよ。だからこの集団的自衛権なのか個別的自衛権なのかしかないじゃないかと。あんたが言うてるみたいに、ちょっとならいいのよ、ちょっとだけはみ出してあるんですー言うから、「それはなんて言う名前だ?」って私が聞いたわけですよ。集団的自衛権とは違うんでしょ?個別的自衛権でもないんでしょ?じゃあなんなんだ?って聞いたら、「名前はまだないんです」(笑)。法制局長官ですよ、これ。もうね、あの時は愕然としましたね。
でね、「横畠さん、お気の毒ねあんた、こんなことホンマはしたくないのやろ?」って言ったけれども、もうここまで来たら自負を持ってはるんです。私が限定をかけたと思ってるんです。「もっとひどかったのに、私たち法制局がここまでがんばって押し返したんだ」って。もう薄皮一枚まで押し返したんだーっていうね、そういうカンジで「私たちは身を捨てて、歴代の法制局長官からもボロカスに言われ、世の中からもものすごく批判されているけれども、ここまで私たちはもっとひどいものを押し返したんだ」っていう、なんかもうすごい使命感になっちゃってるところがあるんです。もうそういう変に使命感に凝り固まった人たちの集団になってしまっていて、それが日本を誤った方向に持って行こうとしている。
私は大阪で3万人こないだ集まりましてね、集会したりしていて。うちの大阪府高槻市という選挙区の市長がですね、弁護士なんですよね。でこの市長さん、政治的なことは一切言わない、自民公明の支持も受けてるから。それでこの市長さんが、私にですね、「辻元さん、あれは絶対ダメよね、ダメだ」って言ったんですね、市長がね。それ盆踊り一緒に行った時に言うわけです。「なんで?」って言ったら「あんなことをしたら中国から攻められて日本が滅ぶ前に、立憲主義が滅びてしまったら社会の基盤が根底から覆されて日本が滅びるんだ」って言ったんです。そういうことなんですよ。その盆踊りで市長さん、そういう話をしている折も、こんな浴衣着たね、オシャレして盆踊り来てはるおっちゃんが私を見つけて、ババッとこう紙を持ってくるわけですよ。「廃案にしてくれ」って書いてあるわけですよ、握りしめて。ほんで、盆踊り踊りにきた訳だから、紙とペンなんか絶対持ってないから誰かに借りて、「あっ、辻元がおる」って言って、誰かに借りて持ってきてるわけですよね。それだけじゃなくて、その日は子どもを抱いた若い女性が半泣きになりながら「廃案にしてくれ」とか。それから大阪で私よく立ち飲みやに行くんですけど、立ち飲みやで飲んでたら、隣の隣の女性が「自衛隊員と結婚する」と。「私の彼氏を説得して自衛隊を辞めさせてくれ」っていうですね、航空自衛隊。もうね、「絶対嫌、死ぬかもしれんやん!」ってこうなってるわけです。「そういう声は自衛隊の中で広がってるって聞きますか、彼氏から?」って聞いたら、「むちゃくちゃ広がってます」と。まだ20代だから今なら転職できるからという話とか。
だから安倍さん自身、憲法憎むから始まって立憲主義を壊していくことと同時に「我が国の国民の生命と財産を守るんだ」ってあんたの存在が危険にしてるやろって風に。それを立憲主義を壊すっていうことが日本の社会の根底を崩すっていうことだけではなく、これは委員会でも議論になってきた他の国の戦争なんかも、アメリカの下請けするっちゅうことですから。弾薬とか運んで。チョロチョロ下請けに行ってたら、日本にテロを誘発することになるし、国内に。それから日本人がこれから海外旅行なんか行かれへん。アメリカ人、海外旅行行くの怖がってますからね。あちこちで戦争してるから。で、結局国民の命を危険にさらすんじゃないですかと。そして自衛隊員も死ぬ率高くなるやろということを私が意見で言うてた時に、「そんなことどうでもええから、早く質問しろ」って言って、発言を封じたわけですね。ですから、まあ「亡国の宰相」というか、私は見てて、そんな感じがします。
国会のこれからは来週15日に中央公聴会を昨日強硬に決めて、16日にも採決と言われていますけれども、ここはやっぱり声を上げていく。そして声を上げていくにも政治で効く声というのは国会前に集まることも大きな力になりますが、みなさんお住まいの選挙区の国会議員、市会議員、都道府県議会議員の事務所に電話をかける、ファックスをして自分の意見を言うっていうことが一番効きます。みんなビクビクしてるもん。「地元に帰ったら大変やろ?」「大変やで」って。特に公明党の議員が、恐れおののいてるわけですよ。来年参議院選挙がありますんで、来年改選の議員、これはもうものすごく効くんですね。ですから「あんた、そんなこととしててね、次の選挙通りませんよ、私は反対です」とか。これさきほど、民主主義、カウンターって話があって、民主主義が憲法が根付いて、成熟して行くという話がありましたが、自分の地域、選挙区に有権者が責任を持つ。小選挙区300あるわけですよ。よく政治集会には来るけれども、自分の選挙区から選ばれてる国会議員が誰かな?とか、いや私あんな人に入れてへんからとか。市会議員の市議会とか区議会とかの構成がどうなっているか、第一会派はどこでってこと、全く知らない。それで夜になったら報道ステーションとか見て、「なんやの、もう安倍はー」とか言うてるだけ、これがもう政治を悪くしているというか、私も議員になって思うようになったんですね。私自身も怖いもん、自分の選挙区の有権者に言われるのが、一番効くんですよ。ですから、みなさん是非、あと1週間というか、今週いっぱいが勝負ですから、少なくとも議員はホームページがありますんで。自分が住んでる町はどんな議員がいるのか。電話番号書いてありますから、そこに「私こう思うんですよ」って「あなたのところの議員はどういう意見ですか?」っていうことを是非意見を伝えるということをやって欲しいなというように私はいつも言っております。自分の住んでる地域からどんな議員を選出しているかの総体が今の国会なんですね。ですから是非最後にそういうことを行動提起をして、話を終わりたいと思います。
ありがとうございました。

2015年08月08日

■使用中の財布について。
なんとなしにテレビ見てたら、ぐるナイのゴチに岡田准一が出てた。
冒頭の所持金を見せる場面で、使っている財布を紹介してたのだが、自分が使ってる財布と色も形も全く一緒でびっくり。
古びた感もそっくりだったので、なんだか親近感が湧いてしまった。

ちなみにHERZというブランドの↓の財布のグリーン
http://www.herz-bag.jp/webshop/products/detail524.html

2013年08月27日

■寺泊に立ち寄りました
先日、ひょんなことから新潟の寺泊に立ち寄った。

ここ寺泊は通称「魚のアメ横」と呼ばれてるそうです。
確かに15店舗ほどが軒を並べている。その前を多くの観光客がウロウロ。大型バスも時々着くようだ。

期待をしながら、色々物色し、浜焼きをいただく。

イカ。
サザエ。
ホタテ。



全て、観光地クオリティでした。
江ノ島の入口のよう。

売ってる魚も地魚以外は寺泊のものじゃないですしね。
この時代にここで買うべき、食べるべきものはありませんでした。


だけど、寺泊の水族館は大人700円のわりに、なかなか楽しめます。
こちらはオススメですね。

2013年07月22日

■ラッド政権、庇護申請者に対し強硬路線へ
オーストラリア労働党が庇護申請者に対して強硬路線へ。
近年では最も厳しい姿勢と言える。
選挙対策だろうが、これは大きな変更です。

Kevin Rudd to send asylum seekers who arrive by boat to Papua New Guinea
http://www.theage.com.au/federal-politics/federal-election-2013/kevin-rudd-to-send-asylum-seekers-who-arrive-by-boat-to-papua-new-guinea-20130719-2q9fa.html

Rudd's hard-line approach will be disastrous
http://www.theage.com.au/federal-politics/political-opinion/rudds-hardline-approach-will-be-disastrous-20130721-2qccy.html

It's crunch time for Rudd
http://www.theage.com.au/federal-politics/federal-election-2013/its-crunch-time-for-rudd-20130721-2qcqo.html

2013年04月24日

■いま読むべき本
樋口陽一先生の「個人と国家」(集英社新書)を読み始めた。
改憲論議が起こっている今こそ、憲法学者の声を聞くのが重要。
冒頭の本は10年以上前の本だけど、傾聴すべき言葉に溢れてると思う。
是非一読をオススメします。

http://www.amazon.co.jp/個人と国家-―今なぜ立憲主義か-集英社新書-樋口-陽一/dp/4087200671/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1366808200&sr=8-1&keywords=個人と国家
higuchi.jpg

2012年12月30日

■備忘録〜死刑制度
米国死刑存続州の7割執行なし


 米国で死刑制度がある33州のうち、ことし実際に死刑を執行したのは9州にとどまるとの調査結果を米調査団体「死刑情報センター」が27日までに発表した。死刑判決の数も78件で、死刑制度が復活した1976年以降最低だった昨年の76件に次ぐ少なさとなった。死刑執行数は計43だった。

 米国ではことし4月コネティカット州が死刑を廃止し廃止州が17となった。同センターによると死刑制度はあるが5年以上執行していない州が12州あり、うち10年以上執行なしは7州に上る。

 一方で、カリフォルニア州で死刑廃止を問う住民投票が11月に実施されたが、廃止賛成は47%にとどまり死刑存続が決まった。執行された計43人のうち、15人がテキサス州に集中していた。

 死刑情報センターのリチャード・ディーター専務理事は「米国の世論調査では61%が死刑制度を支持している。だが多くの冤罪(えんざい)を経て、陪審員や裁判官が慎重になってきた。制度としては支持されているが、実際には使われなくなっている」と分析。「市民の支持もかつての80%から下がった」とし、米国は死刑廃止への過渡期にあるとの見方を示した。(共同) 2012/12/28
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20121228-1065228.html

2012年12月29日

■12/24 プリプリ千秋楽@東京ドーム
プリプリ1

2012年08月21日

■今週末の予定
修論指導が今週金曜日に待ち受けている中、私的に参加してる「移住勉強会」が急遽早稲田で土曜日に開催されることに。
しかも発表も頼まれてしまったので、日程的になかなか厳しい。
準備する時間がないので、内容はおそらく「日本の第三国定住に関するまとめ」みたいなものになりそう。
その後、なにか映像でも流そうかな。

2012年07月06日

■白川俊介
読んでます。
99168.jpg

2012年01月01日

■謹賀新年
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2011年08月08日

■うーん。。。
自分の興味、難民についてだけど、ここからどっちに向かえばいいのか、よく分からなくなってる。
壁かな。

もっと人権とか、正義とか、公共性とか、そういう方に舵を切った方がいいのか。
あるいは法律面とか、政策の整備の方により力を入れていくべきなのか。

だいたい国際政治という切り口から難民問題にどのように関われるのか、正直なかなか難しいところ。

興味はいろいろあるんだけど・・・。
現場も見たいし。
うーん。

2011年01月15日

■フラ語5
Je me suis tenu la tête.
Elles se sont dit au revoir et se sont quittées.
Elle s'est blessée aux doigts.
Il s'est fait beaucoup d'amis en France.
Elle se fait toujours des illusions.
Avec elle, je me sens du courage.
Il s'est présenté un probléme.
Je m'explique mal ses idées.
Sur le point, il se trouve pas mal de preuves.
Figurez-vous une femme comme Madame Bovary.

2011年01月14日

■フラ語4
Elle s'est cassé la jambe.
Il s'est cassé la voix.
Ils se dissent bonjour tous les matins.
Elle se fait les ongles tous les soirs.
Un jour, il se fera un nom.
Soudain, il se fit un grand bruit.
Il s'impose toujours à cent pour cent.
Il se sont vendu beaucoup de disques aujourd'hui.
Il s'est vu un peu de changement en un instant.
Il ne s'est pas vu de changement en si peu de temps.
Que se passe-t-il?
Je me figure bien sa joie.
Il se tient le vendre.
Elle s'est blessé la tête.
Elle s'est blessée à la tête.
Ils se sont salués sur le chemin.
Je me suis changé les ideés.
Ils se sont montré la note.
Il se suppose la capacité.
Je me suis fait un costume.
Il se gratte souvent la nez.

2011年01月13日

■フラ語3
Elle se débrouille bien en philo.

2011年01月13日

■フラ語2
Hâtez-vous lentement.

2011年01月13日

■フラ語1
Je me réveille tôt le matin.

2010年11月20日

■レイレイの言葉
「もし自分がもっと背が高かったら、もっといいプレーヤーだったと思うか?」

「もし自分がもっと背が高かったら、それに甘えて、(ここに辿り着くほどの)努力はしなかったかもしれない」

確かに。
ないものねだりをしたい気持ちはあるけど、結局今あるリソースで最大限努力して、自分を伸ばしていくしか方法はないんだよね。

レイ・アレンのインタビューを聞いて、改めて気付かされました。

2010年01月01日

■謹賀新年
21世紀も早いもので10年目ですね。

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

2009年12月05日

■Allen Iverson's crossover on MJ
ついでにNBAをもうひとつ。
鳥肌立ちました。

2009年12月05日

■スーパースターの業

2009年11月16日

■Australian PM Rudd says: We are sorry

養護施設の虐待問題で謝罪=30~70年代に子供50万人被害-豪首相

 【シドニー時事】オーストラリアのラッド首相は16日、1930~70年代に国内の孤児院など養護施設で、国内や英国から連れて来られた子供たちに対して精神的、肉体的、性的な虐待が行われていた事実を認め、「忘れられたオーストラリア人」とされる当時入所していた50万人もの国民に正式に謝罪した。
 首相は、被害者らを前にした議会演説で「幼少時代を失った悲劇に対し、申し訳なく思う」と陳謝。また、英国の施設から移民として豪州に渡った子供たちが、実際には強制労働に従事させられていたと述べた。
 議会の調査報告などによると、離婚や貧困などが原因で預けられたり、英国から送られたりした子供たちに対し、施設では虐待が頻繁に行われ、食事や教育も十分に与えられなかった。子供の多くは成人後も不遇を強いられたという。(2009/11/16-10:58)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009111600177



子供を豪州に棄民=英首相が謝罪へ

 英スカイ・テレビ(電子版)は15日、白人移民の増加を望んでいたかつてのオーストラリアに対し1940~50年代、英政府が児童施設の子供を選抜しては国策として送り込んでいたとして、ブラウン首相が近く公式に謝罪すると伝えた。
 当時の英政府は、児童施設の予算確保に苦しんでおり、豪州の要望は「渡りに船」だった。総勢1万人近い子供がだまされて送り込まれたとみられている。(2009/11/16-07:10)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009111600027

2009年10月31日

■図書館の静寂
IMG_07794.jpg

2009年10月23日

■TIFF
東京国際映画祭のコンペ部門に出てる『ロード、ムービー』を見てきました。
特に映画好きというわけでもないので、インド映画はそんなに見たことがないのですが、期待を大きく上回る出来にブラヴォーです!
素晴らしい映像美を大スクリーンで堪能しました。
road_m.jpg

2009年10月03日

■市川真人がブランチに!
今朝王様のブランチをなにげなしに見てたら、見知った顔がいきなり出てきた。
市川真人先生が出てるじゃないですか。
しかも登場シーンはド緊張してましたね。ガッチガチでしたw

しっかり川上未映子とカープファンであること(あれじゃなかなか伝わらないと思うがw)をアピールして、本日の出番は終了。
これ毎週やるのかな?

2009年08月19日

■スタバのフラプチーノ
IMG_0673i.jpg
超甘かった。。。

2009年08月13日

■Massive Attack "Mezzanine"
MassiveAttackMezzanine.jpg

Massive AttackのMezzanine。
98年リリースのこの作品。後年いろんな"Best of" Listにランクインしました。
もう11年も前なんだなぁ。自分が当時留学していたオーストラリアでもすごく売れてました。
CD整理をしていたら出てきたので、久しぶりに聞いてみました。

いいねぇ。懐かしいな。今でもめちゃくちゃカッコイイです。

2009年07月09日

■棚がないTSUTAYA
なんとなく木曜日が一番疲れてる気がする・・・。
ふーむ、がんばらないと。

全然関係ないですけど、最近のTSUTAYAってスゴイですね。
最近よく行く所は、いわゆる展示棚がありません。
壁に沿ってズラリと10台くらいのタッチパネル機が置いてあって、そこから検索して自分の借りたい映画なりCDなりを選んで、レシート発券。
あとはカウンター上に設置されてる大型モニターに自分の番号が出たら、カウンターでお金払っておしまい。

「なに見ようかなー?」って棚の間をフラフラしたい人には全く向かないシステムだけど、もう借りるものが決まってる人にとってはウロウロ探す手間が省けて楽。
ネット上でも予約できるようですが、こっちは検索機能が恐ろしくショボい。見栄えも洗練されてないし、こちらはまだ実験段階なんですかね。

ま、いろんなのがでてきますなー。

 | Blog TOP | Next >>

No HOME Yes HOPE

wrd2009_1_160.jpg

お知らせ

月別アーカイブ

Profile

Residence: 東京
Age: 濱中・関本世代

codename31

Author:codename31
FC2ブログへようこそ!

以前のブログはこちら
HPはこちらです。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。